転職マガジン

TypeScript(タイプスクリプト)のメリットは?特徴や必要性を解説

目次

近年、TypeScriptが注目されており、プログラミングに利用するケースが増えています。しかし注目されていることは知っていても、そもそも使う必要があるのか気になっているエンジニアもいるのではないでしょうか。TypeScriptは大規模な開発が可能で、Google社の開発にも採用されているプログラミング言語です。

本記事では、TypeScriptのメリットや特徴について解説します。最後まで読むことで、TypeScriptを利用すべき理由がわかるので、習得に迷っている人はぜひ参考にしてください。

TypeScript(タイプスクリプト)とは

TypeScriptとは、Microsoftによって開発されたJavaScriptをベースにしたプログラミング言語で、大規模なアプリケーションを開発しやすくすることを目的に作られています。

JavaScriptはバグの発生が多いため、TypeScriptは不具合を起こりにくくした進化版だと言ってもよいでしょう。

TypeScriptは複数のプログラマーが開発に関わる場合でもエラーが起こりにくい設計となっていることが高評価です。

そのため、国内外問わずTypeScriptを採用する企業は増加傾向で、Google社ではすでに社内の開発言語をTypeScriptとしています。

年々、Webアプリケーションやゲーム開発の需要は高まっていることもあり、上記のような理由から、JavaScriptに代わる開発言語として注目されています。

今後はTypeScriptを使用した案件が増えていくことが予想されるため、プログラマーは身につけておくべき言語です。

TypeScriptの特徴 

TypeScriptは以下の特徴があることから、将来性が注目されています。

  • JavaScriptとの互換性が高い
  • 型の定義ができる
  • 基本構文はJavaScriptと同じ

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

JavaScriptとの互換性が高い

JavaScriptがベースとなっているため、JavaScriptで書かれたプログラムをそのまま読み込めるように設計されていることがTypeScriptの魅力です。

古いスマホから新しいスマホに機種変更したとき、機能が新しくなっても今までのアプリは引き続き利用できるのをイメージするとわかりやすいでしょう。

機能が新しくなった分、若干使い方が異なる部分はありますがベースが同じなので、すぐに使いこなせるようになります。

このように、JavaScriptを使って書かれたプログラムをTypeScriptで実行できる互換性の高さは、大きな特徴です。

型の定義ができる

TypeScriptは、C、C++、などと同じように、型の定義が可能な「静的言語」です。

「静的言語」とは、コンパイル時(プログラミング言語をコンピューターで読み取れる形式に変換すること)に、データに数値や文字であることを事前に指定可能です。事前に型を定義することで、指定した型と異なる場合はエラーが発生するため、バグチェックがしやすくなります。

また、TypeScriptは型を定義しなくても動かせることが特徴です。一方、JavaScriptはプログラム実行時に数値なのか文字なのかを自動で判断する「動的型付け」言語である点が大きく異なります。

プログラミングでよく使われる、PythonやRubyなども動的言語です。

基本構文はJavaScriptと同じ

TypeScriptではJavaScriptの文法や単語などはもちろん、ライブラリやフレームワークなども利用できます。

JavaScriptと基本構造が同じであることから、ほとんどを流用できることが特徴で、ライブラリやフレームワークの種類もJavaScriptよりも豊富です。

現在、JavaScriptで開発をしているのであれば移行がスムーズなため、JavaScriptの知識がある人はTypeScriptのメリットを十分感じられるでしょう。

TypeScriptのメリット 

メリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • コードが短く読みやすい
  • 動作が早い
  • エラーを防げる
  • JavaScriptの知識があれば理解しやすい

順番に解説します。

コードが短く読みやすい

JavaScriptでは使用できなかった「クラス」(処理がわかりやすくて使いやすい仕組み)を作れるため、TypeScriptではどこにどのような処理があるかわかりやすくなります。

そのため、JavaScriptでは長くなってしまうコードを短くすることが可能です。コードが短くなることで読みやすくなるだけでなく、メンテナンスもしやすくなります。

また、作成したクラス単位で管理ができるため、複数人で開発する際も管理がしやすくなり作業効率が上がることもメリットのひとつです。

動作が早い

TypeScriptは型を定義できる静的言語のため、動作がスピーディーなことも特徴です。

一方、動的言語であるJavaScriptは型の検証や変換がプログラム実行時に行われるため、時間がかかることがあります。

また、TypeScriptは定期的に改良されており、そのたびに処理速度が上がっているため、今後はさらにスピードアップするでしょう。

エラーを防げる

TypeScriptはデータ型を事前に指定できる静的言語であることは前章で解説しましたが、指定した型と割り当てた値が一致しないときはエラーが検出されます。

これにより、型の不一致や誤変換を未然に防止できることは大きなメリットでしょう。

さらに、JavaScriptの欠点としてエラーが発生しやすいことがありますが、TypeScriptは「undefined」や「null」エラーの可能性がある変数をチェックできます。

確認できることでコードの問題点を見つけやすいのもTypeScriptの特徴です。

JavaScriptの知識があれば理解しやすい

TypeScriptを使うにはJavaScriptの知識があったほうが理解しやすくなります。たとえば、JavaScriptのライブラリやフレームワークを使う場合、JavaScriptの知識が不可欠です。

TypeScriptはJavaScriptがベースとなっているため、JavaScriptの知識がある人でなければ使いこなすのはむずかしいでしょう。

逆に、JavaScriptの知識がある人にとっては理解しやすく、比較的容易にスキルを身につけられるメリットがあります。

TypeScriptのデメリット

将来性も高く多くのメリットがあるTypeScriptですが、メリットばかりではありません。

  • 情報量が少ない
  • 学習コストがかかる
  • 利用人口が少ない

以上、3つのデメリットがあることは知っておきましょう。

情報が少ない

TypeScriptは新しい言語のため、ネットなどでも情報は少ないのが現状です。情報が少なければ、問題解決に時間がかかってしまいます。

また、見つけられたとしても、日本語で書かれた情報が少ないのもデメリットです。わからないことを調べたいと思っても、見つけた情報を日本語に翻訳するなどの手間がかかります。

しかし、AngularやReactなど人気のフレームワークではTypeScriptの使用を推奨しています。さらに、Google社が採用したこともあり、人気が高まっている言語であるため、今後は技術的な情報も増えていくでしょう。

学習コストがかかる

メリットが多い言語であることはおわかりいただけたと思いますが、TypeScriptはJavaScriptを理解している人でなければ使いこなすのはむずかしいでしょう。

JavaScriptがベースとなっているため、JavaScriptの知識がなければ、まずJavaScriptから学習する必要があります。

人気言語のため、TypeScriptに関する本などは多くありますが、JavaScriptの知識があることを前提とした内容になっていることが多く、理解しづらいでしょう。

上記のような理由から、JavaScriptの知識を身につけた上でTypeScriptを学習するのがベストです。その分、知識を身につけるまでの学習コストがかかってしまう点はデメリットといえるでしょう。

利用人口が少ない

TypeScriptは新しい言語のため、利用している人はまだ少ないのが現状です。Qiita株式会社が発表した「エンジニア白書2022」によると、JavaScriptはエンジニアが開発に使う言語として3年連続で1位になっています。

このようにWeb開発ではJavaScriptが主流になっているため、このままTypeScriptを使う人が増えなければ普及しないでしょう。

しかしJavaScriptを利用している人にとって多くのメリットがあるので、TypeScriptを使用したいと思っている人は増えています。

先ほどの「エンジニア白書2022」では、これから学習したい言語として4位にランクしており、習得する人が増えれば普及するでしょう。

今のうちにTypeScriptを習得しておくと、今後の強みになる可能性があります。

なぜTypeScriptは必要? 

TypeScriptは新しい言語のため利用者が少ないなどのデメリットもありますが、将来性が高く今後はJavaScriptに代わる言語として注目されています。なぜ、そこまで必要とされているのでしょうか。

理由は3つあります。

  • JavaScriptからの移行が簡単
  • JavaScriptのライブラリやフレームワークに対応している
  • Googleで検索される回数が年々増えている

ひとつずつ見ていきましょう。

JavaScriptからの移行が簡単

もともとJavaScriptの拡張版で、新たな機能を搭載してアップグレードした言語で互換性があるため、TypeScriptへの移行が簡単です。

比較的容易に習得や移行が可能で、高機能化されて使いやすくなったとなれば、JavaScriptからTypeScript移行への流れは進むでしょう。実際にTypeScriptを採用する企業は増えており、今後はさらに普及していくことが予想されます。

現在はJavaScriptがWeb開発の主流言語となっていますが、普及が進めばTypeScriptが主流言語となる可能性も否定できません。

JavaScriptのライブラリやフレームワークに対応している

プログラミング言語のライブラリやフレームワークの使いやすさによっても、言語の人気度は左右されます。JavaScriptの人気が高い理由のひとつは、フレームワークの使いやすさです。

TypeScriptは、JavaScriptでよく使われる「Angular」「Vue.js」「React」などのライブラリに対応しているため、使い慣れたフレームワークを使い続けることができます。

JavaScriptのライブラリやフレームワークをそのまま使えることで、移行コストを抑えることが可能です。

プログラマーにとって移行コストは重要な要素になるため、移行コストを抑えられるのは大きな魅力でと言えるでしょう。

Googleで検索される回数が年々増えている

TypeScriptはここ数年で人気が出てきており、Googleでの検索回数が増加傾向です。

Google上での検索回数をもとにプログラミング言語をランク付けする「PopularitY of Programming Language」によれば、2023年9月現在で検索順位が8位となっています。ちなみに、2020年は10位、2021年は9位でした。

以前から使用されている言語がランキング上位を占めている中、歴史の浅いTypeScriptの8位は、いかに注目されているかの証です。

プログラマーの仕事を探すならシーカーズポートへ相談を

TypeScriptは、JavaScriptに代わる言語として注目されています。JavaScriptをもとに作られているため、互換性が高く移行コストも抑えられるなど、JavaScriptを使っているエンジニアにとってメリットの多い言語です。

企業が開発言語として採用するケースも増えてきており、将来性が高く転職市場においてもTypeScriptを使えるエンジニアの求人は増えるでしょう。TypeScriptが学べるプログラマーの仕事探しは、シーカーズポートの無料転職相談をご利用ください。

シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職サービスを展開しているため、TypeScriptを導入している企業やプログラマーとして活躍できる仕事を探せます。

まずは、下記から無料で相談しましょう。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います