転職マガジン

転職の最終面接で逆質問は必須!受かるための秘訣や失敗例も紹介

目次

「転職での最終面接では逆質問は何を聞けば良いの?」

「最終面接の逆質問で起こりうる失敗例は何がある?」

上記のような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

最終面接は、転職活動の山場であるのと同時に、求職者の油断が最も生まれやすい面接とも言えます。最終面接は役員をはじめとする重役が担当することが多いため、顔合わせのようなイメージを持っている方が多いのが現状です。

実際は、最終面接で落とされるケースも多々見受けられるため、逆質問をはじめとする準備を怠ってはいけません。

そこで本記事では、最終面接における逆質問の重要性や逆質問の例、失敗例とその対策まで解説します。最終面接の対策を最後まで詰めたい方は、最後までお読みください。

転職の最終面接で逆質問はするべき!

本章では以下の3つの項目を通して、逆質問について説明いたします。

  • 逆質問とは?
  • 逆質問の効果
  • 逆質問が転職の最終面接において大切な理由

逆質問は、面接官に自身の企業理解の度合いと熱意を伝える貴重な機会です。対策が不十分だと面接官に悪印象を与えてしまう場合もあるため、きちんと対策しましょう。

逆質問とは?

逆質問とは、一般的な面接が面接官から質問を受ける形で進行するのに対して、応募者から面接官に質問を投げかけるスタイルのことを言います。

逆質問の内容は、仕事の内容や職場環境、社風、企業のビジョンや目標など幅広いです。面接官の好意的な反応を引き出すためには、逆質問の内容を具体的かつ的確に設定することが求められます。

そのために必要なのが事前の会社研究や業界分析であり、逆質問はその研究の成果を面接官に示す手段となります。

逆質問の効果

逆質問は面接官に対して、求職者がその企業やポジションに真剣に関心を持っていることを示せる場です。また、逆質問は自身の知識、研究、分析能力をアピールする絶好の機会です。

逆質問を通じて、自身は企業の文化、チームの構成、将来の展望、仕事の詳細など、公式な情報源では得られない貴重な情報を収集できます。

これにより、その企業があなたのキャリア目標に合っているかを確認できます。

逆質問が転職の最終面接において大切な理由

逆質問が最終面接において大切な理由は、面接官からの評価や印象だけでなく、自分自身が応募先企業で働きたいと思うかどうかの判断材料にもなるためです。面接官が積極的には言わないことも突っ込んで質問することができます。

質問の内容は雑談の延長ではなく、自分の職務に直結するものや、会社のビジョンにつながるようなものが良いでしょう。

転職の最終面接前に準備すべきこと

本章では、転職の最終面接前に準備すべきことを3つ紹介します。

  • 志望動機を再確認する
  • 企業情報を改めて整理する
  • 自身の想定しているキャリアプランを見直す

最終面接だからこそ油断をせず、細かい部分まで内容を詰めてから最終面接に望みましょう。

志望動機を再確認する

面接官は求職者の入社に対する熱意と理解を確かめたいため、「なぜこの企業に入りたいのか?」という点について慎重に確認しましょう。

選考過程を経て、自身の志望動機がどのように変化したかについても、準備をしておくことが重要です。

面接の過程で得た情報や、採用担当者や現場担当者からの話をもとに、自身の入社意欲が高まったのか、または新しい視点を得たのかを明確にし、それを表現できるようにしておくことが求められます。

企業情報を改めて整理する

転職の最終面接を控えた際には、企業研究を再度行い、情報を最新の状態に整理することが非常に重要です。志望動機と企業の現状との整合性を確認することが必要です。

また、入社後に取り組むであろうプロジェクトや業務に関する知識も更新し、面接での逆質問に備えましょう。

さらに、最終面接に臨む前には、志望企業に関連する書籍やインターネット記事のリサーチも大切です。これらの資料から得られる情報は、面接で深い企業理解を示す貴重な材料となります。

自身の想定しているキャリアプランを見直す

転職の最終面接では、面接官が求職者のキャリアプランや将来の展望について質問することが一般的です。

求職者が企業に対してどのような期待を持ち、入社後どのような貢献ができるかを理解するために重要です。

入社後の就業意欲やキャリアの方向性は、企業が求める人材像との適合性を判断するための基準となります。

面接前には、自身のキャリアプランを再度見直し、その企業で実現可能なキャリアの道筋を具体的にイメージしましょう。

逆質問で何を聞く?よくある逆質問7選

本章では、最終面接においてよくある逆質問を7つ紹介します。

  • 中途入社の社員にもっとも期待していることは何でしょうか?
  • 入社までに準備しておくべきものや心構えはありますでしょうか?
  • 御社の〇〇という理念に共感したのですが、△△様は何を大切にして仕事をなさっていますか?
  • 御社の経営理念やビジョンを達成するために、◯◯を意識して仕事しようと考えておりますが、理解は合っていますでしょうか?
  • 前職ではチーム一丸となって業務を進めていたため、コミュニケーションを大切にしていました。御社での業務進行はどのような雰囲気でされるのでしょうか?
  • 御社の〇〇(志望する職種)の方の1日の動きを教えてください
  • 面接官の〇〇様から見た、御社の強みと課題を教えていただけませんか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

中途入社の社員にもっとも期待していることは何でしょうか?

転職面接の逆質問で重要なのは、企業が中途入社の社員に対して何を期待しているのかを把握することです。

この質問を通して、企業の経営理念や将来のビジョンに自身の職業観が適合しているかを確認できます。

また、企業側の期待を理解することで、企業が新たに加わる社員にどのような貢献や成果を期待しているのか、その期待が自分のスキルセットやキャリアプランとどのように連携しているのかを理解できます。

入社までに準備しておくべきものや心構えはありますでしょうか?

転職面接の逆質問では、内定前でも入社に向けた準備や心構えについて尋ねることが有効です。この質問を通して、面接官に対してあなたの入社に向けた意欲や積極性を間接的に示せます。

また、面接の内容を踏まえながら入社後の仕事を具体的にイメージすることで、面接官に求職者と一緒に働いている姿を想像させることが可能です。

この逆質問を通じて、面接官から入社前に必要なスキルや知識、企業文化への適応に関する具体的なアドバイスを受け取れます。

御社の〇〇という理念に共感したのですが、△△様は何を大切にして仕事をなさっていますか?

転職面接において、企業の理念に共感を示し、その理念を大切にしている面接官自身の価値観を尋ねることは、有効な逆質問です。

この逆質問は、応募者が自身のキャリアビジョンが企業の方向性とどのように結びつけているかを探るために使われます。自分の価値観と企業の理念がどのように一致しているかを伝えることで、面接官にポジティブな印象を与えられるでしょう。

また、面接官の回答からは、実際の職場環境やチームの文化を理解する手がかりを得られます。

御社の経営理念やビジョンを達成するために、◯◯を意識して仕事しようと考えておりますが、理解は合っていますでしょうか?

転職面接における逆質問の中で特に効果的なのが、企業の経営理念やビジョンに基づいて自分が仕事をするうえで、意識すべき点を確認する質問です。

この逆質問は、応募者が企業の核心的な価値観や目標にどの程度理解を示しているか、またそれに基づいた実際の職務遂行について正しく捉えているかを明らかにするために重要です。

この質問を通じて、応募者は自身の職業的なアプローチが企業の方針と一致しているかどうかを確認し、面接官から具体的なフィードバックを得られます。

前職ではチーム一丸となって業務を進めていたため、コミュニケーションを大切にしていました。御社での業務進行はどのような雰囲気でされるのでしょうか?

面接における逆質問として効果的なのが、企業内でのコミュニケーションスタイルやチームワークの雰囲気に関する質問です。

この逆質問は、前職での経験をもとに応募者が協調性を重視し、チームでの業務遂行能力を持っていることをアピールするのに適しています。あなたがチームでの仕事を重視し、責任感を持って業務に取り組めることを示せます。

またこの質問を通じて、応募者は自身がその企業の文化やチーム環境に適合するかどうかを評価できます。企業の職場環境やチームの雰囲気を理解することで、自身がその環境に合致しているかどうかの見極めが可能です。

御社の〇〇(志望する職種)の方の1日の動きを教えてください

転職面接における効果的な逆質問の1つは、志望する職種での1日の仕事の流れについて尋ねることです。

この逆質問を通しては、面接官に対して、応募者がその職種に対して深い興味と意欲を持っていることを示せます。

また、具体的な職務内容の理解を深めることで、自身がその職種で働く場面を具体的にイメージできるようになるでしょう。

面接官の〇〇様から見た、御社の強みと課題を教えていただけませんか?

転職面接で効果的な逆質問の1つは、面接官自身の視点から見たその企業の強みと課題について尋ねることです。

この逆質問は、応募者が企業に対して真剣に理解を深めようとしているという姿勢を明確に示せます。

また、企業の内部からの考えを知ることで、企業文化や経営方針についての理解を深められます。

面接官から企業の強みと課題に関する意見を聞く前に、まず自分の視点からの分析を述べたうえで面接官の意見を求めれば、自身が事前にしっかりとリサーチを行っていることを示し、面接官との対話をより有意義なものにできるでしょう。

逆質問で起こりうる失敗例と対策

本章では、逆質問で起こりうる失敗例と対策を紹介します。

  • 逆質問のタイミングを見誤る
  • 逆質問をする際のマナーに反する

最終面接で逆質問をする際には、タイミングとマナーに気を配らなくてはなりません。面接を練習する際には、特に意識して対策しましょう。

逆質問のタイミングを見誤る

逆質問のタイミングは、面接全体の流れを考慮しながら最適な時を見極める必要があります。

一般的には、面接官からの質問が一通り終わってから「何か質問はありますか?」というタイミングが最も適していますが、面接官の説明中に自然な流れで逆質問が挟める場合もあります。

具体的な事業内容や業績についての質問は、面接官が企業の概要を説明している最中にするのが良いでしょう。

また、自身の役割や成長についての質問は、自己PRの後や職務経歴について説明した後が適切です。

逆質問をする際のマナーに反する

逆質問におけるマナーとは、面接官を尊重しつつ、自己の意図を適切に伝えることです。

逆質問は、自分のスキルや能力をアピールできるチャンスであると同時に、企業への理解や意欲を示す大切な機会でもあります。

無関心な質問や攻撃的な質問を避け、企業のビジョンや具体的な事業内容、自分の可能性について具体的に質問することが重要です。

また、質問の内容だけでなく、表現方法も重要です。尊敬の念を込めて誠実に質問を行うことが求められます。

転職の面接が不安ならシーカーズポートへ相談を!

本記事では、最終面接における逆質問の重要性や逆質問の例、失敗例とその対策まで解説しました。最終面接は、企業が求職者の適性を判断する最後の場であるのと同時に、求職者にとっては、自身が企業で働きたい理由を再確認する機会になっています。

適切な逆質問をすることで、求職者のイメージしている企業像と現実のものの乖離がないか判断できます。ただし、本記事で紹介した逆質問の例はどの業界にも通ずる質問であるため、専門性に特化した逆質問もいくつか用意する必要があるでしょう。

IT企業への転職を希望しているなら、シーカーズポートの転職相談サービスがおすすめです。シーカーズポートはIT企業への転職に特化した転職エージェントなので、求職者が適切な逆質問を考えられているか確認できます。

仮に転職エージェントがIT特化でないと年収が下がったり、やりたい仕事でなかったりなど転職に失敗する可能性があるため、以下のリンクから気軽にご相談ください。

>>転職相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います