転職マガジン

【例文付き】転職理由を質問されたときの答え方のコツ!伝えるときの注意点も解説

目次

「転職理由をうまく伝えるコツはあるのか?」

「転職理由を伝えるときの注意点はあるのか?」

このような疑問をお持ちではありませんか。

転職理由をうまく伝えるコツは、ネガティブなことをポジティブに答えることです。たとえば、人間関係が悪くて辞めたと話してしまうと、応募先企業にとって懸念材料となります。また面接時は自信を持って回答することが重要です。

本記事では転職理由を伝えて好印象になるコツや伝える時の注意点について解説します。最後まで読み終えることで、転職理由で言うべきことと話してはいけないことの整理がついて、話すべき要点を面接官に伝えられます。

なぜ企業は転職理由を面接で聞くのか?

転職理由を聞かれる3つの理由を解説します。

  • 前職と同じ理由で退職しないかを知りたい
  • 入社意欲を知りたい
  • 自社との相性を知りたい

前職と同じ理由で退職しないかは面接官としては気になる要素です。退職理由と今回入社の動機を明確にしておくことが必要になります。

前職と同じ理由で退職しないかを知りたい

面接官は前職と同じ理由で辞められることを懸念しているため、前職と応募先企業との違いを明確にしておく必要です。

退職理由を伝えるときに、「人間関係がうまくいかなかった」、「好きな仕事ではなかった」などネガティブな発言をしてしまうと、採用されにくくなります。

嘘をついてはいけませんが、ネガティブな要素はポジティブに変えて、入社後に貢献できる姿勢を伝えていくことが大事です。

入社意欲を知りたい

応募者の入社意欲があるかは、面接官が知りたい要素のひとつです。

入社の熱意がある人は、社内の空気を作ることができ学ぶ意欲が高いことが多いため、早い段階で成果をあげることが期待できるからです。

面接官が見るポイントの事例を紹介します。

  • 応募先企業を念入りに調べているか
  • 自分が入社したら何ができるかをアピールできるか。

応募先の社風や仕事場の雰囲気についてはOB訪問など、現場で働いている人と直接話せる機会があれば、時間を作って意見交換すると良いでしょう。

自社との相性を知りたい

採用する側は、長期的に働いてもらうことを想定して採用します。 社内のメンバーとうまく仕事ができるか、社風が面接者と合うのかなど自社との相性が良いかを見ています。

チームで仕事を遂行するならば、いくら能力が高くても周りの人との相性が悪ければうまくいきません。関係性が悪くなれば当然退職のリスクが高くなります。

面接側は長期的に働いてくれる人材を求めているため、面接で自社との相性を見極めているのです。

転職理由を答えるときに好印象を与えるコツ

転職理由を答えるときに好印象を与えるコツを5つ紹介します。

  • ネガティブなことをポジティブに答える
  • 嘘はつかずに本音で伝える
  • 不満や愚痴を伝えない
  • 言わないことを決める
  • キャリアプランが転職と一貫している

ネガティブな表現で伝えると、マイナスの印象につながってしまうためポジティブな内容に置き換えることが重要です。

それでは各項目をみていきましょう。

ネガティブなことをポジティブに答える

ネガティブなことをポジティブに答えることが大事です。仮に転職理由でネガティブな内容をそのまま伝えると、「またこの人は同じ理由で辞めてしまうのではないか」とマイナスの印象を持たれてしまいます。

では実際どのように表現すれば良いのか、事例を出しながら解説します。

【1つ目の事例】
ネガティブな理由:給料が上がっていかなかった
ポジティブな理由:自分の成果が反映される場所でチャレンジしたい
【2つ目の事例】
ネガティブな理由:仕事の幅が広がらなかった
ポジティブな理由:自分のスキルを生かして仕事の幅を広げていきたい

ポジティブに伝えるだけで好印象に変わります。ネガティブな表現は控え、好印象につなげるためにポジティブな内容に置き換えていきましょう。

嘘はつかずに本音で伝える

転職理由は嘘をつかずに本音で話すことが大事です。

面接官は理由があって応募者が転職していることは理解しています。長期的に応募者が嘘をついてしまったことで職場での居心地が悪くなり、退職することがあるので嘘はつかないようにしましょう。

また、嘘をつくと正当化するためにいつまでも事実と異なる話をしなければいけないのは、ストレスです。本音で伝えつつ、ポジティブに伝えることを意識してください。

不満や愚痴は伝えない

不満や愚痴はマイナスの印象にしかならないので控えましょう。客観的な事実を持って説明してみると面接官も理解してくれます。

たとえば、「休みが少なかった」ならば「1ヶ月で4日しか休みがなかった」と話をしてみると確かに少ないなと面接官は理解しやすくなります。

また事実に対して自分がどのように対処したかは見られるポイントです。何も実行していなければ課題があっても自身でクリアできない人と判断される可能性があります。

課題を見つけて行動につなげたエピソードがあれば、面接時に伝えていくとよいでしょう。

言わないことを決める

嘘は言わないと言いつつも、すべてを打ち明ける必要はありません。そのためには言わないことを決めることが大事です。

特に人間関係でうまくいかなかったことを伝えるのは避けましょう。そう言うことが起きるとやめるのではと思われてしまいやすい部分ですので、伝えない方が無難です。

キャリアプランが転職と一貫している

キャリアプランと転職理由が一致していることで、面接官の納得度が高くなります。

前職の仕事が嫌いで辞めたのではなく、自分が描いているプランから落とし込まれて志望しているならば、好印象になります。

たとえば、前職で営業を希望して入社したものの、人員が間に合っている理由で営業職につくことができず年齢のことも考えて転職した。

このように納得のいく理由が説明できれば、面接官の懸念を和らげることが可能です。辞めた理由と、応募した動機を一致させることが重要になります。

転職理由を質問されたときの回答例5つ

転職理由を質問された時の解答例を5つ紹介します。

  • 給与が低い
  • 労働時間が長い
  • 人間関係が合わない
  • スキルアップや昇進がない
  • 社風が合わない

それぞれ事例を交えながら解説していきます。

理由①給与が低い

給与が高いところへ転職したいことと合わせて、応募先で働きたい理由を伝えることが大事です。給与が高いだけで転職しただけでは、別で給与が高いところから誘いがあった場合、面接官は辞められてしまうリスクを感じてしまうからです。

【例文】

前職では営業成績で上位におり、常に目標達成をしてきましたが、成果が給与面に反映されない状況でした。貴社では成果を給与に反映させていることを知り、自身の能力やスキルが成果につながると考えたため応募しました。

理由②労働時間が長い

労働時間が長かったので転職したと、ストレートに伝えてしまうとマイナスの印象を与えます。労働時間を削減したい理由と、応募先企業では生産性の上がる取り組みを行う意欲を伝えていくとよいでしょう。

【例文】

前職では一定の成果を作っていましたが、労働時間が長く家族との時間をうまく作ることができませんでした。こちらでは残業がない体制であることを知り家族との時間を作りつつ、成果をあげると一定の報酬もあるとのことで応募しました。

理由③人間関係が合わない

人間関係が合わなかったことを理由に転職したことを伝えてはいけません。人間関係が合わないことはどの会社でも起こる可能性があるからです。

方向性や考え方にギャップができたなど、好転的に置き換えて進めることが重要でしょう。

【例文】

前職では営業でKPIを使って顧客管理をしていました。売上達成に向けて自身の考えを上司とすり合わせしましたが、理解してもらえませんでした。成果を出すためにすり合わせの場を積極的に作りつつ、認識の相違が起きないように努めていきたいと考えています。

理由④スキルアップや昇進がない

転職履修で、どういうスキルアップやキャリアアップを目指しているのかを具体的に伝えることが大事です。それでは例文を見てみましょう。

【例文】

DXが主流になっている中自身で必要な資格を取得して、会社への落とし込みを図ろうとしていました。ただ会社自体は積極的にDXを採用することはなく、今まで通りの業務を遂行することを大事にしていました。これからの時代はDXを採用した企業が伸びていくと感じており、貴社では特に力を入れていることを知ったので応募しました。

理由⑤社風が合わない

共感した社風の具体的な点と自身がどのような考えでいるのかを伝えることが大事です。

それでは例文を見てみましょう。

【例文】

前職では個人の売上で成果を求める風土が強く、あまり他と連携して助け合うことが少ないように感じました。貴社ではチーム一丸となって目標に向かって達成させる風土を大事にされており、自分が考える方向性と一致したので志望しました。

転職理由を伝えるときの注意点

転職理由を伝えるときに注意することを3つ紹介します。

  • 志望動機と一貫させる
  • 自信を持って回答する
  • 伝わりやすいよう簡潔にまとめる

志望動機が転職理由と相違があると、面接官は不信を感じます。転職理由を伝える時は注意点を押さえて進めるようにしましょう。

志望動機と一貫させる

転職理由が志望動機と一致していることが大事です。なぜならば不一致だと、面接官からすると不信につながるからです。

たとえばチームで一丸となって仕事をするために転職したと話していても、志望動機が自分で判断して業務を遂行できる環境で働きたかったと伝えたら面接官は違和感を覚えるでしょう。

転職した理由と応募先の志望動機を一貫させることは重要なのです。

自信を持って回答する

自分の意見を堂々と伝えることが重要です。たとえネガティブな理由であっても、自信がないように見えると頼りなさや意志の弱さを印象付けてしまいます。

面接では姿勢を正して声のボリュームやトーンに気をつけながら、アピールするようにしましょう。

伝わりやすいよう簡潔にまとめる

転職理由は簡潔にまとめることが必要です。冗長表現は要約力がないと判断されてしまうため、要点をコンパクトに伝えることを大事にしましょう。

たとえば、履歴書に書いている内容は1分程度で説明できるようにしておくとよいです。また履歴書内で書ききれなかったアピールポイントも要点を絞って話せるように準備しておきましょう。

アピールする内容は、応募先企業にメリットがある内容にすることが重要です。

転職理由が思いつかないときの対処法

転職理由が思いつかないときの対処法を紹介します。

  • 転職のきっかけを書き出す
  • ネガティブなことをポジティブに変換する
  • 転職後の働くビジョンを伝える

転職のきっかけを書き出す

まずは転職したいと思ったきっかけを書き出してみましょう。書き出してみることで、新しいことに挑戦しようと思った動機を思い出すきっかけになります。

ネガティブなことをポジティブに変換する

ネガティブな理由で転職になったとしても、得られた気づきをポジティブに表現することが大事です。

転職理由を「人間関係がよくなかったので」とストレートに伝えてしまうと、面接官にマイナスの印象を与えます。

「成果を作るために自身の考えを上司とすり合わせたが、考えの違いがあって」など前向きに示したがうまくいかないことがあったようにすると、歩み寄りを見せている姿勢が見えて印象が変わります。

転職後の働くビジョンを伝える

最後のステップで、前職で学んだことや自身の特徴が応募先に貢献できると伝えてください。面接官は、応募者が入社して自社との相性が合うのかを見ています。

 ただ転職理由がなかなか思いつかず行動できないこともありますので、そのときは実績があるプロのアドバイザーに相談してみるとよいです。過去のノウハウをもとに解決策を提案してくれるでしょう。

転職活動で悩んだらシーカーポーズへ相談を!

転職理由をうまく伝えるコツや、転職理由を伝えるときの注意点を紹介してきました。ネガティブなことをポジティブに伝えるなどコツを押さえた上で面接すると、面接官に好印象を与えることができます。

とは言っても転職理由が思いつかないこともありますので、そんなときは転職サイトシーカーズポートに相談してみましょう。

シーカーズポートはIT業界に特に強く、希少価値やノウハウを理解しているため企業にささりやすいメッセージやアドバイスが可能です。企業側と求職者担当が同じ人が対応するため、入社後に起こりやすいミスマッチを防ぐことができます。

転職相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います