転職マガジン

Scalaとは?言語の特徴や難易度、Javaとの違いをわかりやすく解説

目次

「Scalaに将来性はあるの?」

「習得するにはどうすればいいの?」

「ScalaとJavaの違いは何?」

プログラミング言語に関心のある方の中には、上記のような疑問を持ったことのある人もいるでしょう。IT・ゲーム業界の経験者で転職を検討している方にとって、Scalaの習得はキャリアアップのチャンスです。しかし、Scalaの特徴や難易度、Javaとの違いについて理解することは難しいかもしれません。

本記事では、Scalaの特徴や習得するメリット・デメリット、習得方法などを解説していきます。プログラミング言語の知識の幅を広げたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Scalaとは

Scalaとは、2001年にスイス連邦工科大学のマーティン・オーダスキー教授によって開発されたプログラミング言語です。

Scalaのリリースは、オーダスキー教授が新しい言語を作成したいという目標を持って始まりました。

オーダスキー教授は、Javaの開発に携わった経験を持ちながらも、表現力豊かで柔軟性の高い言語が必要だと考えていました。そこで、Scalaはオブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングを組み合わせ、既存の言語にはない特性を提供することを目指して開発されたのです。

また、Scalaのリリース以降、多くの開発者に支持されています。特に、Javaのコードとの互換性が高く、コードの再利用や既存プロジェクトへの導入が容易なことから、Javaエンジニアにとっての自然な進化の一つとなっています。Scalaの魅力を知ることで、プログラミング言語の選択肢が広がり、キャリアの可能性も拡大できるでしょう。

他の稼げるプログラミング言語についても知りたい方は、関連記事をご覧ください。

関連記事:【2023年最新】稼げるプログラミング言語11選!身につけておきたいスキルも紹介

ScalaとJavaの違い

Javaは、オブジェクト指向プログラミング言語の代表的な一つであり、有名な言語です。

ScalaとJavaの最も大きな違いは、コードの記述量にあります。Scalaは簡潔なシンタックスを持っており、同じ処理をするには必要なコード行数がJavaに比べて少なくて済む傾向にあります。そのため、Scalaでは効率的な開発が可能であり、生産性が向上します。

また、ScalaはJavaとの互換性が高いです。既存のJavaのコードやライブラリをScalaで利用できますし、Scalaで書かれたコードもJavaのコードから呼び出せます。この互換性により、既存のJavaプロジェクトへのScalaの導入がスムーズに行えます。

つまり、ScalaはJavaよりもコードの記述量が少なく、関数型プログラミングの特性を持っている点が違いです。Scalaの習得は、Java開発者にとって新たな可能性を広げられる存在と言えます。

Scalaの特徴 

Scalaには、以下の3つの特徴があります。

  • 2つの特性を持つハイブリッド言語
  • コード量が少ない
  • Javaと互換性が高い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2つの特性を持つハイブリッド言語である

Scalaは、オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの2つの特性を併せ持つハイブリッド言語で、柔軟なスタイルプログラムを記述できます。

まず、オブジェクト指向プログラミングの特性は、データとそのデータに対する操作を組み合わせるものです。Scalaではクラスやオブジェクトの概念を活用して、データとその振る舞い(メソッド)を結びつけられます。これにより、コードの再利用性や保守性が向上し、大規模なプログラムの開発に適しています。

一方、関数型プログラミングの特性は、関数を中心にプログラムを構築するスタイルです。Scalaでは関数をファーストクラスオブジェクトとして扱い、高階関数や無名関数(ラムダ式)を利用できます。関数型プログラミングの特性を活用すれば、コードの抽象化や再利用性の向上、並列処理のサポートなどが可能です。

Scalaのハイブリッドな性質は、コードの短縮化や可読性の向上、パフォーマンスの最適化などのメリットをもたらします。その特徴から、プログラミングの世界で高い評価を受け、開発者に広く支持されているのです。

コード量が少ない

Scalaのコード量の少なさは、開発効率と品質向上に寄与する特徴と言えます。

Scalaでは、シンタックスの簡潔さと表現力の高さがコード量の削減につながります。例えば、Javaで同じ機能を実現するために多くの行数が必要な場合でも、Scalaでは短いコードで同じ結果を得られます。豊富な組み込み機能やシンプルなシンタックスを提供しているためです。

また、Scalaは関数型プログラミングの特性を持っています。関数型プログラミングはコードの再利用性と抽象化を重視するスタイルであり、Scalaでは高階関数やパターンマッチングなどの機能を利用すれば、短くて簡潔なコードを書けます。これにより、同じ機能を実現するために無駄なコードを書く必要がなくなります。

コード量の少なさは、開発の生産性向上やメンテナンスの容易さにつながります。短くてわかりやすいコードは、バグの発生リスクを減らし、効率的にプログラムを作成できる環境を提供できるでしょう。見やすくて表現力豊かなコードを書けるScalaは、プログラマーにとって魅力的な選択肢なのです。

Javaと互換性が高い

ScalaのJavaとの互換性の高さは、既存のJavaエコシステムを活用しながら、Scalaの魅力を最大限に引き出せる点が特徴です。

Scalaは、Javaの仮想マシン(JVM)上で実行されることを前提としています。そのため、Scalaで書かれたコードはJavaバイトコードに変換され、既存のJavaのライブラリやフレームワークとの連携が容易になります。また、Javaで書かれたコードやライブラリをScalaから呼び出せるのです。

この高い互換性により、既存のJavaプロジェクトにScalaを導入する際にもスムーズに移行できます。既存のJavaコードを再利用しながら、Scalaの特性やパフォーマンスの向上を享受できます。

さらに、ScalaはJavaと同じくオブジェクト指向プログラミングをサポートしています。JavaのクラスやインターフェースをScalaで拡張したり実装も可能。これにより、Javaエンジニアにとっては自然な進化の一つとなり、既存のJavaスキルを活かしながら新たな言語の特性を取り入れられます。

このような互換性は、開発の生産性を向上させるだけでなく、既存のコードベースを有効活用しながら新たな言語の特性を取り入れられる開発者から、関心が寄せられております。

Scalaでできること

Scalaの多様な用途と柔軟性により、開発者はさまざまな領域で効果的に活用できます。

主な活用例を以下に紹介します。

  • 大規模なプロジェクトの開発: Scalaはスケーラビリティに優れた言語です。そのため、大規模なプロジェクトの開発において、高いパフォーマンスや生産性を発揮します。また、Scalaのオブジェクト指向プログラミングの特性により、コードの再利用性や保守性が向上します。
  • 分散処理:Scalaは分散処理フレームワークであるApache Sparkとの親和性が高く、分散環境での処理を効率的に行えます。Scalaの関数型プログラミングの特性や並列処理のサポートにより、ビッグデータ処理やクラウドコンピューティングにおいて威力を発揮します。
  • Webアプリケーション開発:ScalaはScala.jsと組み合わせれば、Webフロントエンドの開発にも利用できます。また、ScalaのフレームワークであるPlayFrameworkを使用すれば、堅牢でスケーラブルなWebアプリケーションも構築可能です。
  • データ処理と解析:Scalaは豊富なデータ処理ライブラリを備えており、データの取得、変換、解析などの処理に利用できます。また、Scalaの関数型プログラミングの特性を活かして、データのパイプライン処理や処理の合成も可能です。
  • マイクロサービスアーキテクチャ:Scalaは軽量なコンテナやマイクロサービスアーキテクチャの実装に適しています。非同期処理や並列処理のサポートにより、スケーラブルなマイクロサービスの開発が可能です。

大規模プロジェクトの開発からデータ処理、Webアプリケーション開発、分散処理、そしてマイクロサービスアーキテクチャまで、Scalaは幅広い場面での使用が可能であることから、頼れる言語と言えます。

Scalaを習得するメリット

Scalaの習得は、開発者のスキルセットの拡充やキャリアの発展につながるでしょう。以下のメリットにより、Scalaを習得することで開発効率の向上、既存コードの再利用、スケーラビリティの向上などの効果が得られます。高い表現力と生産性、Javaとの互換性、スケーラビリティと分散処理の特性により、Scalaは幅広いプロジェクトや領域での利用価値がある言語と言えます。

習得すれば、以下のようなメリットが得られます。

高い表現力と生産性

コードの記述量が少なくて済むため、開発者はより効率的にプログラムを作成できます。また、Scalaのオブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの特性を活用すれば、柔軟なコードの構築や再利用が可能となります。これにより、開発効率が向上し、生産性が高まるでしょう。

Javaとの高い互換性

既存のJavaコードの再利用や既存プロジェクトへの導入が容易なため、aエコシステムを活用しながら新たな言語の特性を取り入れられます。これにより、開発の効率化や既存プロジェクトの拡張がスムーズに活用できます。

スケーラビリティと分散処理

分散処理フレームワークであるApache Sparkとの親和性が高く、ビッグデータ処理やクラウドコンピューティングにおいても威力を発揮します。また、Scalaの非同期処理や並列処理のサポートにより、高パフォーマンスなアプリケーションの構築が可能となります。

Scalaを習得するデメリット

Scalaを習得する際には、以下のようなデメリットも存在します。以下のデメリットに対処するためには、適切な学習プランを立てて徐々に理解を深めるのが大切です。

学習コストと難易度:

関数型プログラミングの概念や記法に慣れるまでに時間がかかります。しかし、このデメリットを克服するためには、継続的な学習と実践を通じて徐々に理解を深めることが重要です。また、オンラインリソースやコミュニティのサポートを活用すれば、学習もスムーズに行えるでしょう。

コミュニティの規模と成熟度:

ScalaはJavaに比べてコミュニティの規模が小さく、成熟度もやや低いと言われています。これは、Scalaが比較的新しい言語であるためです。規模が小さいと、情報の提供やライブラリの充実度に制限がある場合があります。しかし、Scalaの人気は着実に増えており、コミュニティは成長しています。これにより、将来的にはより大きなサポートとリソースが利用可能になるでしょう。

インターフェースの不統一性

ScalaはJavaとの互換性が高い一方で、独自の機能や記法も持っています。これにより、既存のコードベースとの統合や、他の開発者との協力がやや困難になるかもしれません。対策としては、Scalaの特性を理解し、プロジェクトのニーズに合わせて適切なツールやライブラリを選択してみましょう。また、チーム内でのコードスタイルの統一やドキュメンテーションの充実も重要です。

Scalaの将来性

Scalaは現代のソフトウェア開発に適した言語であり、需要と市場価値が高まっています。

現代のソフトウェア開発の要件に合致し、大規模なプロジェクトやデータ処理、分散処理などの領域での活用が期待されています。関数型プログラミングの特性やオブジェクト指向プログラミングの概念を組み合されば、効率的な開発と高い生産性を実現できるため、多くの企業や開発者から需要が増えているのです。

また、Scalaのコミュニティは着実に成長しており、開発者コミュニティやライブラリの提供が充実しています。これにより、サポートやリソースの充実度が高まり、さらなる発展が期待されています。

Scalaの需要の高まりに伴い、習得した開発者の市場価値も上昇しています。待遇の良い給与やキャリアアップの機会に恵まれる可能性も高いでしょう。

Scalaの難易度

Scalaの難易度は、他の言語と比較して高めの難易度と言えます。

豊富な機能や柔軟性を持つ言語であり、学習には時間と努力が必要です。特に、関数型プログラミングの概念や記法に慣れるまでには学習コストがかかります。さらに、Scalaの独自の機能や記法もあり、他の言語とは異なるパラダイムを持っています。これにより、Scalaの学習者は新しいコンセプトやアプローチに慣れる必要があるでしょう。

ただし、Scalaの難易度は個人の経験や背景によって異なります。例えば、Javaや他のオブジェクト指向言語の経験を持つ開発者にとっては、Scalaの学習は比較的スムーズに進むでしょう。また、関数型プログラミングの概念に慣れ親しんでいる場合も、Scalaの理解が容易に感じるかもしれません。

Scalaを習得するには?

以下のロードマップを参考に、効果的なScalaの習得への学習に取り組んでみてください。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ:Scalaの学習には、プログラミングの基礎が必要です。まずは、基本的なプログラミングの概念や制御構造、データ型などを理解しましょう。この段階では、他の言語でも構いません。
  • Scalaの基本構文を学ぶ:Scalaの基本構文やデータ型、変数、関数、制御構造などについて学びます。わからない場合は、Scalaの公式ドキュメントやオンラインのチュートリアルを活用すると良いでしょう。また、実際のコードの記述や実行を通じて、概念を実践的に理解するのも重要です。
  • オブジェクト指向プログラミングを学ぶ:Scalaはオブジェクト指向プログラミングの特性を持っています。クラス、オブジェクト、継承、ポリモーフィズムなどの概念を理解し、Scalaでのオブジェクト指向プログラミングを実践してみましょう。
  • 関数型プログラミングを学ぶ:Scalaは関数型プログラミングの特性も持っています。高階関数、イミュータビリティ、パターンマッチングなどの概念を学び、関数型プログラミングのスタイルを身につけましょう。関数型プログラミングに慣れるためには、実践的な演習やサンプルコードの読解も必要です。
  • 実践的なプロジェクトに取り組む:学んだ知識を実践的なプロジェクトに適用してみましょう。個人のプロジェクトやオープンソースのプロジェクトに参加すれば、実際の問題に取り組む経験を積めます。また、既存のScalaプロジェクトのソースコードを読んだり、コードレビューに参加したりするのも学習の一環として有効です。

このロードマップを参考に、自分のペースに合わせて学習を進めてみてください。実践と経験を重ねれば、Scalaの理解が深まります。また、オンラインの学習リソースやコミュニティのサポートを活用するのもおすすめです。

プログラミング言語で稼げる仕事を探すならシーカーズポートに相談!

Scalaは、ハイブリッド言語としてオブジェクト指向と関数型プログラミングの特性を組み合わせた言語です。コードの記述量が少なく、Javaとの互換性も高いため、効率的な開発が可能です。Scalaを習得すれば、IT・ゲーム業界でのキャリアアップの可能性が広がります。

とはいえ、Scalaの学習には一定の難易度があるのも事実です。しかし、すでにプログラミングの基礎を持つ経験者であれば、簡単に学習できるでしょう。Scalaの将来性も明るく、市場での需要も増加しているため、学ぶ価値は十分にあります。

なお、プログラミング言語で稼げる仕事に興味のある方は、シーカーズポートの転職相談サービスを利用してみましょう。IT業界に特化した転職支援サービスを展開しており、プログラミング言語関連の求人情報を探している人や、キャリアアップを目指して転職を考えている人にとって、心強い味方となるでしょう。

>>【簡単1分で】シーカーズポートに相談を申し込む

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います