転職マガジン

転職エージェントのメリット・デメリット|おすすめの人の特徴を解説

目次

「転職エージェントを利用するメリットってあるの?」

「使うな・やめとけって言われるのはなぜ?」

「転職エージェントの種類を知りたい」

転職を検討するにあたって、上記のように転職エージェントについて気になる方もいるでしょう。

転職エージェントについて調べていると「使うな」「やめとけ」という声を耳にすることもありますが、利用するメリットもあります。

本記事では、転職エージェントのメリット、使わない方がいいと言われる理由、種類などを詳しく解説します。転職エージェントの活用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

「転職エージェントを使うな・やめとけ」と言われる理由

転職エージェントを「使うな」「やめとけ」などと言われる理由は、以下のデメリットがあるからです。

  • 希望とは異なる求人を紹介されるから
  • 自分のペースで転職活動をできないから
  • 応募するまでに時間がかかるから
  • サービスによってサポートの質が異なるから

転職エージェントを活用するときは、デメリットを把握しておくことで事前対策ができます。

希望とは異なる求人を紹介されるから

転職エージェントを使うなと言われる理由の一つは、希望とは異なる求人を紹介される可能性があるからです。

これには、以下のような理由が考えられます。

  • 求職者の希望を理解していないため
  • ノルマを達成するため
  • 希望に合った求人がないため

転職エージェントが求職者の求める条件を理解していないと、希望に沿った求人を紹介できない傾向があります。一方で、条件を把握していても合う求人が出ていない場合もあるでしょう。

また転職エージェントは、求職者を提携企業に紹介し、入社が決まることで利益を得ています。転職エージェントは売上の数字を追う営業職でもあるので、ノルマを達成するために多くの求人を紹介することもあります。

こういった状況を事前に回避するには、希望条件を明確に伝えることが重要です。希望とは異なる求人の紹介を受けた場合は、正直に「この求人は違います」と伝えるようにしましょう。

自分のペースで転職活動をできないから

自分のペースで転職活動ができないのも、「転職エージェントはやめとけ」と言われる理由の一つです。求人の紹介・選定は転職エージェント側がコントロールしているため、求職者のタイミングで探せません。

転職エージェントを活用しつつ、自分のペースで転職活動をする場合は、いつまでに終わらせるか希望日を伝える必要があります。たとえば、半年後に転職活動を終了させたい場合は、その期間を事前に申し出ることが大切です。

転職エージェントは求職者からの情報をもとにサポートを進めるので、明確な転職希望日を伝えるようにしましょう。

応募するまでに時間がかかるから

転職エージェントを利用して応募するまでに時間がかかる理由は、企業に応募するまでに面談が行われるからです。転職エージェントは、求職者が求める条件を理解したうえで求人を紹介するために、数回の面談を実施します。

転職エージェントとの面談では、希望条件・過去の経験・現状などについて深掘りします。この求職者からの情報をもとに求人を探すので、応募するまでに時間がかかってしまうのです。

転職エージェントと求人サイトを併用すれば、自分のペースで活動できるようになるでしょう。

サービスによってサポートの質が異なるから

サービスによってサポートの質が異なることも、転職エージェントにネガティブな声がある理由の一つです。転職エージェントは研修を実施してから実際のサポートにあたるものですが、会社によってサポート範囲が異なったり、個人の経験によってサポートの質に差があったりします。

転職エージェントのサポートの質を担保したい場合は、複数併用することをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリット

デメリットがある一方で、転職エージェントには便利なメリットもあります。

以下のメリットを考慮して、総合的に判断しましょう。

  • 企業の内部情報を知ることができる
  • 推薦状を書いてもらえる
  • 日程調整を代行してもらえる
  • 非公開求人に応募できる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 提出書類を添削してもらえる
  • 面接結果のフィードバックをもらえる

企業の内部情報を知ることができる

企業の内部情報を知れる理由は、転職エージェントが企業と深く関わっているからです。企業を紹介する転職エージェントは、求職者へ推薦するためにその会社の内部事情まで理解する必要があります。

転職エージェントが企業について理解できていれば、求職者も安心して応募・就職できるはずです。求人サイトなど外部から把握できる内容だけでは、転職後ミスマッチになるかもしれません。

転職エージェントから外部・内部情報の共有を受ければ、転職後ミスマッチも回避できるでしょう。

推薦状を書いてもらえる

推薦状を書いてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットです。推薦状とは、転職エージェントから企業に「〇〇さんはこんな魅力があります」と伝える書類です。

企業に推薦状を送ると、志望先が好印象の状態で選考をスタートできたり、求職者の情報を理解したうえで面接を行ったりするため、内定をもらえる可能性が高まります。

日程調整を代行してもらえる

転職エージェントは求職者と企業の仲介役となるため、日程調整も代行してくれます。現職が忙しい場合、企業との日程調整をするのは困難でしょう。

転職エージェントを利用すれば、求職者に合わせて日程調整してくれます。日程調整の時間を削減できれば、選考対策などに注力できるでしょう。

非公開求人に応募できる

非公開求人とは、一般的に公開されていない、特別なルートでしか紹介を受けられない求人です。転職エージェントは企業と特別な提携をしているため、非公開求人として紹介できます。

非公開求人に応募できるメリットは、有名大手企業や優良企業に直接挑戦できる点です。

面接対策を行なってくれる

面接対策を行ってくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。これまでの実績や市場動向の調査、企業との関わりなどから、面接に通過しやすい傾向を網羅しています。

転職エージェントの面接対策を受ければ、本選考で通過できる可能性が高まるでしょう。

提出書類を添削してもらえる

転職エージェントを利用すると、提出が必要な履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえます。提出書類を添削してもらうメリットは、面接選考に通過する確率が高くなる点です。

履歴書・職務経歴書を記入する際に、書く内容に悩むこともあるかもしれません。プロの力を借りて、正しい且つ通過しやすい書類の書き方を教えてもらいましょう。

書類の種類説明
履歴書過去の経歴を踏まえたステータス
職務経歴書いままで経験した仕事や実績

面接結果のフィードバックをもらえる

転職時は通常、面接後のフィードバックをもらえないケースがほとんどです。しかし、転職エージェントは企業と密につながっているため、良い点・悪い点の共有を受けられます。

転職エージェントを利用していれば、フィードバックを通じて改善すべき点も明確になるはずです。選考で悪かった部分を知り、自身の実力を高めるためにも、転職エージェントのフィードバックを受けるようにしましょう。

転職エージェントの利用がおすすめの人の特徴

転職エージェントの利用が向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • キャリアアドバイザーに相談したい人
  • 未経験分野に転職したい人
  • 書類の書き方に自信がない人
  • 短期間で内定をもらいたい人

自分だけで転職活動を進める自信がない場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを使わないほうがいい人の特徴

一方で、以下に当てはまる方は転職エージェントの利用は向いていないかもしれません。

  • 自分のペースで転職活動を行いたい人
  • 就職したい企業が決まっている人
  • 他人の意見に流されやすい人

しかし、実際に転職活動をしてみて自分だけでは難しいと感じた場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントの種類

転職エージェントを大きく分けると、総合型・特化型の2種類があります。自分に合った転職エージェントを選べるように、それぞれの特徴を確認していきましょう。

総合型

総合型転職エージェントとは、業界・職種問わず幅広いサポートを提供しているエージェントです。総合型転職エージェントを利用するメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリット

総合型を利用するメリットは、業界・職種を絞ることなくサポートを受けられる点です。「転職する業界・職種に悩んでいる」「どんな転職エージェントを利用すべきかわからない」といった悩みを持つ方に、総合型転職エージェントをおすすめします。

デメリット

総合型転職エージェントを利用するデメリットは、専門的なアドバイスを受けられない点です。

「すでに志望先の業界・職種が決まっている」「「専門的なアドバイスを受けたい」といった方は、次に解説する特化型転職エージェントをおすすめします。

特化型

特化型転職エージェントとは、特定の業界・職種に絞ったサポートを実施しているエージェントです。特化型転職エージェントのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

特化型転職エージェントを利用するメリットは、志望する業界・職種に関する専門的なサポートを受けられる点です。「転職したい業界・職種が決まっている」「専門的なアドバイスを受けたい」といった方は、特化型転職エージェントの活用をおすすめします。

デメリット

特化型転職エージェントを利用するデメリットは、選択肢が狭まる点です。「多くの選択肢から選びたい」方は、総合型転職エージェントを活用したほうが、より幅広いアドバイスを受けられるでしょう。

転職エージェントの費用

結論、転職エージェントには無料で相談できます。転職エージェントは企業から成果報酬型として収益を得ているため、求職者からは費用を得ていません。

そのため、登録・入社時にも無料で利用できます。ただし、費用をもらって支援する転職エージェントもあるので、利用前に確認するようにしましょう。

転職エージェントが合わないときの対処法

転職エージェントを利用する際、「相性が悪かったらどうしよう」と悩む方もいるでしょう。

転職エージェントは申し出をすることで、担当者の変更ができます。担当者を変えてもらったり、利用するサービスを見直したりすれば、自分に合う転職エージェントに出会えるでしょう。

まとめ

ここまで解説した、転職エージェントのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリットデメリット
・企業の内部情報を知ることができる
・推薦状を書いてもらえる
・日程調整を代行してもらえる
・非公開求人に応募できる
・面接対策を行ってくれる
・提出書類を添削してもらえる
・面接結果のフィードバックをもらえる
・希望とは異なる求人を紹介される
・自分のペースで転職活動をできない
・応募するまでに時間がかかる
・サービスによってサポートの質が異なる 

転職エージェントの「合う・合わない」は、一人ひとりで相性が異なります。一人で転職活動を進める自信がない場合は、転職エージェントを積極的に活用しましょう。

IT業界での転職を検討している人におすすめなのが、シーカーズポートです。シーカーズポートは、ゲーム・アプリ・Web業界に特化した転職サポートを提供する転職エージェントです。

IT業界に関係する仕事へ転職をしたい方は、無料で利用できる転職相談サービスに相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います