転職マガジン

面接準備はしない方がいいって本当?転職活動に向けて押さえるべき質問例やコツ

目次

「面接って準備しないほうがいいの?」

「準備不足でも受かる方法ってある?」

「最低限やるべき面接対策が知りたい」

といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

結論、面接は準備をした方が受かりやすいのが事実です。なぜなら、対策を練ることで失敗するリスクを抑えられるからです。しかし、面接対策を実施する時間がない方もいるでしょう。

そこで本記事では、面接の準備をしなくても採用されるケースや抑えるべきコツ、最低限やるべき対策などを詳しく解説します。

本記事を最後まで読むことで、面接は準備しない方がいいのか・やるべき対策は何かがわかります。面接準備について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

面接準備はした方が受かりやすい

面接準備をしない方がいいと言われる理由は、機械的な回答になってしまう可能性があるからです。しかし、面接準備を実施しないと、面接官の質問に対して適切な回答ができないかもしれません。

面接準備しないで採用される方は、一部の人です。そのため、就活・転職活動における面接準備をした方が、失敗するリスクを抑えられ、採用される可能性が高まるでしょう。

面接の練習をしなくても受かるケースとは?

面接の準備をしなくても採用される方もいます。

面接対策をしなくても採用されやすい人の特徴・性格は、以下のとおりです。

  • コミュニケーション能力が高く、面接官と短時間で関係性を築ける
  • 過去に多くの面接経験(成功体験)がある
  • 企業が採用したいと思う実績がある

また、企業側が人材不足で「とにかく人手が欲しい」という状況であれば、面接内容にかかわらず採用されることもあるでしょう。

とはいえ上記のようなケースを除いては、面接準備を行ったほうが採用される可能性は高まります。ただし、準備不足でも面接で採用されるためのコツもあるため、詳しく見ていきましょう。

準備不足でも面接で受かるために押さえるべき3つのコツ

準備不足でも面接で採用されるために押さえるべきコツは、以下のとおりです。

  • 質問の流れを把握しておく
  • 伝えたい内容を落とし込む
  • マナーや話し方に気をつける

それぞれのコツについて、詳しく見ていきましょう。

質問の流れを把握しておく

準備不足でも面接で採用されるために押さえるべきコツの一つは、質問の流れを把握することです。就職・転職の面接では、聞かれる可能性が高い質問が複数あります。

以下の質問は、面接でよくあるパターンなので、押さえておきましょう。

1自己紹介自己紹介を質問する意図は、第一印象で明るさや自社との相性を確かめるためです。答えるときは、背筋を伸ばし、ハキハキと答えるようにしましょう。面接官から目を背けてしまうと「コミュニケーションが取れない」と思われる可能性があるため注意しましょう。
2職務経歴職務経歴を質問する意図は、過去にどのような努力をしたか確かめ、自社との相性を確かめるためです。答えるときは、前職でどのようなプロジェクトに参加し、どんな結果を出したのか具体的に伝えましょう。
3志望動機志望動機を質問する意図は、自社にどのくらい興味・関心があるのか判断するためです。答え方は、結論・理由・具体例・結論と、論理的な伝え方を意識しましょう。結論がわからない受け答えは「話が長い」と思われてしまうため注意が必要です。
4転職理由転職理由を質問する意図は、自社に貢献してくれるか見極めているからです。答え方は「いままでの経験を活かし御社の〇〇事業に貢献したいです」など、企業ファーストで回答するようにしましょう。
5逆質問逆質問を質問する意図は、求職者の自頭の良さを把握するためです。答え方は、3~5つほどの質問に絞り「1日のスケジュール」など、外部情報ではわからない内容にしましょう。逆質問をしないのは「意欲がない」と思われるため、必ず聞くようにしてください。

伝えたい内容を落とし込む

伝えたい内容を落とし込むのも、準備不足でも面接で採用されるためのコツです。具体的には、話に一貫性を持たせることです。

たとえば、志望理由として「将来の目標・夢を達成するため」と伝える際、話の途中で「稼ぎたいから」「前職が嫌だった」といった話題に変えてしまうと、結局何が志望理由なのか伝わりません。

伝えたい内容を落とし込めていないと「嘘をついているかもしれない」と思われるため、伝えるエピソードなどは一貫性を持たせることが大切です。

また、面接時にアピールしたい内容を質問されない可能性もあるので、その際は他の回答の中に盛り込むなどの対策が必要になるでしょう。

マナーや話し方に気をつける

マナーや話し方に気をつける理由は、入社後「クライアント先や社内でコミュニケーションが取れない」と思われないようにするためです。面接の時点でビジネスマナーや話し方が身についていない場合、低い評価になってしまうでしょう。

面接で好印象を与えるマナーや話し方は、以下のとおりです。

  • シワがないスーツを着用する
  • 髪・化粧が派手にならないように整える
  • 背筋を伸ばす
  • 面接官の目を見てハキハキと話す
  • 結論から伝える

面接では、第一印象が重視される傾向があるため、見た目には気を配る必要があります。社会人として当たり前のビジネスマナーになるので、気をつけましょう。

話し方では、結論ファーストが不可欠です。面接官からの質問に対して、結論ではなくエピソードから話してしまうと「話が長い」「まとめる力がない」と思われ、低評価になります。

以上のポイント・注意点を意識して面接に臨めば、準備不足でも採用される可能性があるでしょう。

面接の練習方法

いざ面接の練習を実施しようと思っても、どのように進めればいいのか悩む方も多いでしょう。

面接の練習方法には、以下が挙げられます。

  • 一人で模擬面接をする
  • 家族・友人相手に練習する
  • 転職エージェントを活用する

一人で模擬面接をする

一人で模擬面接をする際は、実際に声に出したり、練習の様子を録画したりすることが有効です。声に出すことで、実際の会話を想定したテンポを掴むことができます。

近年はオンライン面接も増えているため、画面越しで話す練習が必要です。オンラインでは声が届きにくいこともあるため、日常の電話での会話などよりも大きい声を出すことを意識しましょう。

また、オンライン面接では途中で画面や音声が途切れないように、接続の不備がないかネットワークの確認もしておきましょう。

一人で模擬面接をするときは、実際の本番を想定した動きを踏まえて取り組むようにしましょう。

家族・友人相手に練習する

家族・友人相手に練習するときは、面接官役を担当してもらいます。あらかじめ聞かれる可能性が高い質問を用意し、的確な回答ができるか練習するのが一般的です。

ただし、毎回同じ質問に限定すると回答が固定化されてしまうので、聞き方を変えたり業界独自の内容を盛り込んだりすることがポイントです。

転職エージェントを活用する

面接の練習方法の中でも特におすすめなのが転職エージェントの活用で、本番を想定した模擬面接が受けられます。

転職エージェントは企業とのつながりがあり、どのような想定質問があるかを知っています。転職エージェントを活用すれば、本番と同じ形式で面接練習ができるでしょう。

面接練習では、見た目や取り組む姿勢、結論ファーストを意識しましょう。本番で成功させるには、事前の面接練習で実施できるか試す必要があります。

面接練習で実行できない場合、本番で発揮するのは難しいかもしれません。プロである転職エージェントを活用する際は、本番と同じ想定をして取り組むようにしましょう。

当日でもまだ間に合う!最低限やるべき面接対策3つ

面接の準備ができず、本選考の当日を迎えてしまうときもあるでしょう。面接前日・当日など、時間がないときでも以下の面接対策を実施すれば、間に合うかもしれません。

面接の準備に時間が取れない方は、ぜひ参考にしてください。

  • 履歴書・職務経歴書の内容を確認する
  • 必ず聞かれる質問の回答を用意する
  • 転職エージェントに企業の面接傾向を聞く

履歴書・職務経歴書の内容を確認する

履歴書・職務経歴書の内容を確認する理由は、面接で伝える内容に一貫性を持たせるためです。面接官は、履歴書・職務経歴書の内容をもとに進めるため、違うエピソードを伝えられると混乱するかもしれません。

履歴書・職務経歴書の内容以外について話しても問題ありませんが、あまりにかけ離れたエピソードだと「嘘をついている」と思われて信頼を失ってしまいます。

前日・当日までに面接練習ができなかった場合は、履歴書・職務経歴書の内容を確認し、どのようなエピソードを伝えるか明確にしましょう。

必ず聞かれる質問の回答を用意する

面接には、必ずと言っていいほど聞かれる定番の質問があります。

  • 自己紹介をしてください
  • 職務経歴を教えてください
  • 志望動機を教えてください
  • 転職理由はなんですか
  • 質問はありますか

質問に回答する際は、どのようなエピソードを伝えるか事前に決めておくのがポイントです。逆質問を聞かれたときは「自社に興味・関心がある」と思ってもらえるように、2~3つほど聞くようにしましょう。

もし想定外の質問をされた場合は、焦ってエピソードから回答するのではなく、結論から伝えることが重要です。他に聞かれるかもしれない質問は、以下のとおりです。

  • 他社ではなく自社を選んだ理由を教えてください
  • 自社のどのような部分を改善すれば良いと思いますか

転職エージェントに企業の面接傾向を聞く

面接練習ができなかったときは、転職エージェントに企業の面接傾向について質問することが大切です。転職エージェントは紹介する企業と深い関わりがあるため、聞かれる可能性が高い質問や傾向を網羅しています。

転職エージェント経由で面接を受けるときは、面接のポイントについて質問をすれば教えてくれるはずです。ただし、個人やその他の求人サイトで選考する企業については、情報を持っていないケースがあるので、自分で調べる必要があります。

面接傾向を聞いた後は、そのシチュエーションや想定質問に対する回答を準備しておきましょう。しかし、当日に質問をしても転職エージェントから返信がすぐあるとは限らないため、事前に聞くようにしてください。

そのうえで、一人または家族・友人・転職エージェントとの面接練習を踏まえ、本番に臨むようにしましょう。

まとめ

「面接の準備はしない方がいい」という声もありますが、対策を実施した方が採用される可能性は高まります。

事前に必要な面接準備は、以下のとおりです。

  • 質問の流れを把握する
  • 伝えたい内容を落とし込む
  • マナーや話し方に気をつける
  • 履歴書・職務経歴書の内容を確認する
  • 必ず聞かれる質問の回答を用意する
  • 転職エージェントに企業の面接傾向を質問する

しかし、一人では面接準備に自信が持てない人もいるでしょう。IT業界での転職を検討している人におすすめなのが、シーカーズポートの転職相談サービスです。シーカーズポートは、IT・アプリ・ゲームなど、Web業界に特化した転職支援サービスを提供しているエージェントです。

通常、転職エージェントは企業と求職者の担当者に分けられます。シーカーズポートでは、企業と求職者の担当者を同じにすることで、よりリアルな情報をすぐに提供できるようサポートしています。

「面接の準備が間に合わなかった」「前日にできる対策を知りたい」「Web業界に転職したい」といった悩みに、親身に寄り添ってくれます。効率的かつ効果的なサポートを受けたい方は、無料で利用できるシーカーズポートにまずは相談してみましょう。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います