転職マガジン

転職回数の平均はどのくらい?転職が多くてもうまくいくポイントを紹介!

目次

「一般的に転職回数の平均はどのくらい?」

「転職回数が多いと、採用に不利になるの?」

転職を検討している人のなかには、上記のような疑問や不安を感じている人もいるかもしれません。転職回数の平均は年代によって異なります。20歳を超えると大体半分の人が転職を1回はしている現状です。

また転職回数が多いと、確かに採用側からすると、すぐに辞めてしまうのではと思われる可能性があることは事実です。ただ、多いからといって採用が不利になるかというと、すべてがそういうわけではありません。

本記事では、年代別の転職回数、転職回数が多いと不利になる理由を記載しています。最後に転職回数が多い人に向けて、転職活動がうまくいくコツもご紹介しています。最後まで読み終えると、転職回数が多いことをポジティブに活かして準備できるようになります。それでは見ていきましょう。

転職回数の平均はどれくらい?年代別で解説

まずは、転職回数の平均を年代別にまとめたものを紹介します。

年代転職回数
20代20代前半:1.5回 20代後半:1.9回
30代30代前半:2.6回 30代後半:3.2回
40代40代前半:3.7回 
50代50代前半:3.6回 50代後半:3.5回

※上記数値は転職をした人の平均回数を記載しています。

※引用元:厚生労働省

雇用の構造に関する実態調査 / 転職者実態調査 / 令和2年 報告書 統計表 個人調査

転職回数の平均は、20代で1.5〜1.9回、30代〜50代になると2.6〜3.7回程度になるようです。

これ以上の回数をしていると、客観的に多いと判断されることがあるかもしれません。ひとつの指標にするとよいでしょう。

転職回数が多いと今後の採用で不利になる?

本章では、転職回数が多いと今後の採用で不利になるかについて以下の2つの項目から解説します。

  • すぐに辞められるのではないかと思われる
  • 在職期間が短いためにスキルが身についていないと判断される

転職回数が多いとなぜ採用に不利になるのか気になる方は、ぜひ最後までお読みください。

すぐに辞められるのではないかと思われる

転職回数が多いと、雇用する企業からするとすぐに辞めてしまうのではないかと思われます。

雇う企業からすると長く働いてもらいたいと考えますし、継続してもらうことで育成していき必要な人材になっていくと考えます。何度も転職している理由がはっきりしなかったり、ネガティブな要因だったりすると企業としては採用を控えたいと考えるのは自然です。

ただし転職の理由によっては、転職回数が多いことがポジティブになります。「スキルアップしたい」「スキルを給与に反映させたい」などが理由であれば、成長意欲が強いと捉えられプラスに働くでしょう。

いずれにせよ雇う企業からすると、転職理由を知りたいわけですから、転職の経緯は曖昧にせず言いきいることが大事です。

在職期間が短いためにスキルが身についていないと判断される

転職回数が多いと、前職でのスキルが備わっていないと判断され、マイナスイメージにつながる可能性があります。

どんなスキルでも深く身につけるには、ある一定の期間が必要です。にもかかわらず、転職が短期間で繰り返されていると、浅く広い知識しか得られていないのではと企業側からは疑念を持たれてしまいます。

例えば面接時に、スキルや経験を話す場面があったときに語れる内容が具体的でないと、すぐに採用側からは見抜かれてしまいます。

雇う企業としてはスキルが高い人材を優遇して採用する傾向にあるので、最低でも1年以上の勤務は目安にした方が良いでしょう。

転職歴が多くても転職活動で成功する5つのコツ

本章では、転職歴が多くても転職活動で成功できるコツについて以下の5つの項目から解説します。

  • 履歴書の書き方を工夫する
  • キャリアに一貫性を持たせる
  • 転職の目的や目標を伝える
  • 過去の経験をどう活かせるかをアピールする
  • 失敗から得たことを伝える

転職歴が多くても工夫次第で採用されます。それでは5つのコツをそれぞれみていきましょう。

履歴書の書き方を工夫する

まず大事なポイントは、履歴書の書き方を工夫することです。転職先で活かせるスキルを記載するようにしましょう。

また、転職が多い場合は読み手が判断しやすいように、職種別に整理して書くとよいです。

転職が多いと記載する経歴が膨大になってしまい、伝えたいポイントが埋もれてしまう可能性があります。そうならないためにも、「営業」や「接客」など職種別に整理して記載すると、採用側にも理解されやすくなります。

また、記載する内容は下記ポイントを押さえると良いでしょう。

  • スキルや経験が自社でどう活かせるかを記載
  • 業務への熱意を記載

この2点を押さえることで、採用側が面接者に対して自社で働いているイメージをつけやすく、熱意によっては採用したい動機につながるでしょう。

キャリアに一貫性を持たせる

キャリアは、ばらつきがなく一貫性を持たせるとよいです。

ただし、ここでの一貫性は同業種ということではなく、仕事内容が紐づいていれば問題ありません。

例えば、お客様対応をしてきたという点では、営業でも飲食の店員でも共通している内容です。一つ軸を持って仕事をしてきたことが伝われば、いい印象に変わります。

このように、採用側に伝えるときには、あれもこれも複数伝えるというよりは、その中でも特に伝えたいことに絞って話していくとよいでしょう。

転職の目的や目標を伝える

転職して、どのようなことを実行したいのかを明確にすることが大事です。とにかく曖昧な理由は避けるようにしましょう。

どの会社でもいいような伝え方をしてしまうと、採用側から熱意を感じてもられず他の人に興味を移されてしまいます。

なぜその企業でなければならないのかを、ポジティブかつ具体的であることが好ましいです。自分のスキルや経験があれば入社後に会社でどのような影響を与えられるかを、明確に伝えるとよいでしょう。

過去の経験をどう活かせるかをアピールする

過去の実績をもとに、転職先でどういう効果を発揮できるかをアピールすることが重要です。

その際、具体的に前職の成果を数字で伝えるとよいでしょう。数字は第三者から見ても、共通認識で判断ができる材料だからです。

もし成果が数字に置き換えにくいものだった場合は、過去の成功事例を伝えるとよいでしょう。

例えば、過去の職種が社内SEで、社内のインフラ整備のプロジェクトリーダーを行ったのであれば、「期限内にプロジェクトは完了させたことで、会社全体の社員の労働時間が短縮できた。」などエピソードで伝えると相手も理解しやすくなります。

ただ、なるべく成功体験は数値化できた方がよいです。

失敗から得たことを伝える

前職までの失敗から得て生かせる内容を伝えることが重要です。

数多く転職している場合は、過去に失敗した経験も多いはずです。その失敗をどう生かすのか、など教訓を具体的に説明することで、採用担当に安心感を与えることができます。

逆にこの部分で曖昧な回答が多くなるほど、経験を生かせていないと判断されてしまいます。そうなると、会社に入っても、なかなか成果が出ないのではないかと判断されかねないです。

失敗から学んだことで、行動を改善してうまくいった事例などがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

転職回数が多い人にありがちな3つの注意点

本章では、転職回数が多い人にありがちな注意点について以下の3つの項目から解説します。

  • 転職回数を誤魔化さない
  • ネガティブな発言はしない
  • 転職先を安易に決めない

注意点を押さえた上で転職活動することで採用の確率が上がります。それでは、みていきましょう。

転職回数を誤魔化さない

転職回数を誤魔化しても最終的にバレてしまうので、注意しましょう。

書類選考で通過できても後々の面接で気づかれてしまうことがあります。

また、仮に転職ができたとしても過去の源泉徴収表や年金加入記録などでわかってしまいます。嘘がバレて信用を失うことになるので、転職回数は誤魔化さないようにしてください。

ネガティブな発言はしない

ネガティブな発言は悪い印象につながるため、ポジティブな理由で転職することを伝えましょう。

例えば、同じ仕事の繰り返しが自分に合わず転職するとした場合、下記のように伝えると印象が大きく変わります。

  • ネガティブな表現

毎日同じルーティンの仕事が多く、違う仕事に就きたいと思い転職を決めました。

  • ポジティブな表現

自分のアイデアが生かせて、挑戦できる場が提供されているところに転職したいと思い応募しました。

このように、本質的に同じ内容でもポジティブに考えている人の方が、採用側からすると魅力に見えます。前向きな表現で伝える工夫はした方がよいでしょう。

転職先を安易に決めない

前職の経験を生かさずに、安易に転職することは避けた方がよいです。

転職先の会社の情報をしっかり調べずに、進めてしまうと、自分の認識違いにより同じ過ちを繰り返すリスクがあるので注意が必要です。

あまりにも転職回数が多いと、応募先の企業側も注視した上で採用を進めるようになりますので、より通りづらい状況を作ってしまいます。

仕事内容や労働条件、給与面などを調べた上で、応募するようにしましょう。

転職の相談はシーガーズポートへ!

本記事では、転職回数の平均回数や、転職が多くても転職がうまくできるコツをご紹介してきました。転職回数の平均は年代ごとに異なりますが、20代前半で3回4回していると多いのかもしれません。

ただし転職が多いからといって、転職活動に不利になるかというと、すべてがそうではありません。例えばキャリアアップを望んでの転職であれば、むしろポジティブに捉えられることもあります。すべては経験してきたことの伝え方次第です。

もし転職活動に不安を感じているのであれば、転職支援サービス「シーカーズポート」に相談してみるとよいでしょう。シーカーズポートはIT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスで、専門のキャリアアドバイザーへ希望を伝えればダイレクトに交渉してくれます。

まずは、お気軽に相談してみてください。

>>無料相談はこちらから

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います