転職マガジン

JavaScriptの開発環境の構築方法|おすすめの便利ツール11選も紹介

目次

「JavaScriptの開発環境の構築方法がよくわからない」

「結局のところ、開発ツールはどれを使えばいいの?」

エンジニアの中には、上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。JavaScriptの開発環境の構築方法は、オフライン・オンライン・スマートフォンの3種類です。本記事では、各構築方法のおすすめ開発ツールを紹介します。JavaScriptの開発環境の構築方法について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みだくさい。

JavaScriptの開発環境の構築方法

本章では、JavaScriptの開発環境の構築方法を3つ紹介します。

  • オフライン
  • オンライン
  • スマートフォン

各構築方法を正しく理解して、状況に応じて使い分けましょう。

オフライン環境での開発

JavaScriptの開発環境を構築する方法として、オフライン環境での開発があります。オフライン環境では、テキストエディタとブラウザが必要となります。

これらのツールは、オフライン環境でも利用可能で、インターネット接続がない状況でも開発を進めることが可能です。

具体的な開発の流れは、以下の通りです。

  1. テキストエディタでHTMLファイルとJavaScriptファイルを作成し、コーディングする
  2. HTMLファイルのheadタグ内にJavaScriptファイルを読み込むためのパスを記述する
  3. HTMLファイルをブラウザで読み込み、ブラウザ上でファイルが実行する

上記の流れは、オフラインで開発するうえで必ず必要なので覚えておきましょう。

オンライン環境での開発

JavaScriptの開発環境を構築する際、オンライン環境での開発は、ブラウザ上のテキストエディタを使用する方法があります。

ブラウザ上のエディタは、インターネット接続があればどこからでもアクセスでき、特定のデバイスに依存しないため、柔軟な開発が可能です。また、コードもエラーがある場合に知らせる機能もあり、開発の効率化に役立ちます。

具体的には、「PLAYCODE」があります。「PLAYCODE」は会員登録不要かつ無料で利用できるブラウザ上のテキストエディタで、コードを書くとリアルタイムで結果が反映されます。

エラーがある場合に指摘されるため、初心者でも安心してコーディングを行えるでしょう。

スマートフォンでの開発

JavaScriptの開発環境として、スマートフォンを使用する方法も存在します。この手法では、専用のアプリを利用してコーディングを行います。

スマートフォンは手軽に持ち運びができ、いつでもどこでも開発を行うことが可能です。専用のアプリを使用することで、PCと同様の開発環境を構築できます。

具体的には、「JavaScript Anywhere JSAnywhere」(iOS用)や「JS Run」(Android用)などのアプリが存在します。

JavaScriptのオフライン環境でのおすすめ開発ツール6選

ここでは、JavaScriptのオフライン環境でのおすすめ開発ツールを、テキストエディタ・ブラウザのそれぞれで3つずつ紹介します。

テキストエディタ

まずは、テキストエディタにおける便利ツールを3つ紹介します。

  • Sublime Text
  • Atom
  • Visual Studio Code

上記のエディタは、シンタックスハイライト、コード補完、プラグイン拡張などの機能を提供します。

Sublime Text

Sublime Textは、世界中で広く利用されているテキストエディタの一つです。その人気の秘密は、その多機能性と拡張性にあります。

Sublime Textは複数行編集機能を持っています。これにより、同じ操作を複数の行に対して同時に適用でき、大量のテキストを効率的に編集可能です。また、Sublime Textは様々なプログラミング言語用のビルドツールを内蔵しています。

Atom

Atomは、元々はGitHubが開発したテキストエディタで、特徴は高いカスタマイズ性と拡張性です。

Atomの最大の特徴は、豊富なパッケージが存在し、インストールすることでエディタの機能を拡張できる点です。これらのパッケージは、コードの自動補完、シンタックスハイライト、ファイルのプレビュー表示など、開発作業を効率化する機能を提供します。

また、Atomはオープンソースであり、コミュニティによって開発と改善が行われているため、ユーザーニーズに応じたカスタマイズが可能です。

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VS Code)は、Microsoftが開発した高機能なコードエディタです。特徴は、エディタからサーバーサイドのデバッグまで一貫して行える統合開発環境(IDE)です。

VS Codeは、多言語対応のシンタックスハイライト、コード補完、リファクタリング、デバッグなど、開発者が必要とする多くの機能を提供します。コードの編集からテスト、デバッグまでの一連の作業を一つのエディタ内で行うことが可能となります。

VS Codeのもう一つの大きな特徴は、豊富な拡張機能が提供されていることです。拡張機能を利用することでAzureやGitHubといったクラウドサービスと連携し、コードのデプロイを直接エディタから行うことも可能です。

ブラウザ

続いて、ブラウザにおける便利ツールを3つ紹介します。

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Google Chrome

Google Chromeは、Googleが開発したクロスプラットフォームのウェブブラウザで、高速性とセキュリティ、利便性で広く認知されています。ChromeはWindows、Mac、Linux、Android、iOSなど、さまざまなプラットフォームで利用可能です。

さらに、Chromeはセキュリティにも優れています。自動更新機能により最新のセキュリティアップデートが適用され、サンドボックス技術によりタブごとにプロセスを分離することで、一つのタブで問題が発生しても他のタブに影響を及ぼさないようにしています。

Firefox

Mozilla Firefoxは略称として「Firefox」と称され、時にはその和訳である「火狐」とも呼ばれます。Mozilla Foundationとその傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーかつオープンソースのウェブブラウザです。

Firefoxは高速性、セキュリティ、カスタマイズ性で知られています。ユーザープライバシーの保護にも力を入れており、トラッキング防止機能など多くのプライバシー保護機能を標準装備しています。

FirefoxはWindows、Mac、Linux、Android、iOSなど、多くのプラットフォームで利用でき、どのデバイスからでも一貫したブラウジング体験を提供可能です。

Safari

Safariは、Appleによって開発されたウェブブラウザです。特に、AppleのデバイスであるMac、iPhone、iPadなどで利用されています。

Safariは、Apple製品との親和性が高く、優れたパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを提供します。Appleデバイス同士の連携がスムーズなので、共有や同期などの機能が利用可能です。

さらに、Safariはプライバシーとセキュリティにも重点を置いており、Intelligent Tracking Prevention(ITP)により、ユーザーのプライバシーを保護します。

JavaScriptのオンライン環境でのおすすめ開発ツール3選

ここでは、JavaScriptのオンライン環境でのおすすめ開発ツールを3つ紹介します。

  • PLAYCODE
  • Repl.it
  • CodePen

各ツールの特徴を押さえましょう。

PLAYCODE

PLAYCODEは、リアルタイムでコーディング結果を確認できる開発ツールです。コードを入力すると同時に結果を画面に表示するため、実行ボタンを押す必要がありません。

即時反映機能は、開発者が入力したコードの効果を迅速に確認することを可能にします。デバッグや修正が迅速になり、開発時間の短縮に寄与します。

Repl.it

Repl.itは、サンフランシスコを拠点とする企業が運営するオンライン統合開発環境(IDE)です。

開発者はウェブブラウザだけでさまざまなプログラミング言語を使用可能です。インストールや設定の手間を省くことができ、クラウド上で即座にプロジェクトを開始できます。

さらに、共同作業機能を通じて他の開発者とリアルタイムでコードを共有、編集することもでき、リモートワークや教育、ハッカソンなど様々な状況で利用可能です。利便性とアクセシビリティにより、Repl.itは初心者からプロの開発者まで幅広いユーザーに支持されています。

CodePen

CodePenは、ブラウザ上でHTML、CSS、JavaScriptのコードを記述し、リアルタイムで結果を確認しながら開発できるオンラインのコーディング環境です。

開発者はコードスニペット、または”pen”と呼ばれるものを作成し、保存、共有します。リアルタイムのビジュアルフィードバックにより、デバッグ時間を大幅に短縮し、迅速なプロトタイピングを可能にします。

また、CodePenはソーシャルネットワーキングの要素を含んでおり、他のユーザーが作成した”pen”の探索や、コメントを付けることが可能です。

JavaScriptのスマートフォンでのおすすめの開発ツール2選

ここでは、JavaScriptのスマートフォンでのおすすめの開発ツールを2つ紹介します。

  • JavaScript Anywhere(iOS用)
  • JS Run(Android用)

上記のアプリを使用すると、スマートフォン上で直接JavaScriptのコードを書き、実行できます。

JavaScript Anywhere(iOS用)

JavaScript Anywhere(JSAnywhere)は、2010年にリリースされたiOS上で動作するWeb開発ツールです。

JavaScript Anywhereは、ユーザーが自身のiOSデバイス上で直接JavaScript、HTML、およびCSSを記述し、リアルタイムで反映できます。

作成したコードはクラウドに保存でき、他のデバイスや他のユーザーと共有することも可能です。

JS Run(Android用)

JS Runは、入力したJavaScriptコードを即座に反映し、結果を表示するAndroid用のツールです。

ユーザーは特定のライブラリの使用方法のテストや、短いコードスニペットの実行結果の確認ができます。あるコードが期待どおりに動作するか確認したいときや、新しい関数やアルゴリズムを試したいときに特に便利です。

JS Runの主な利点は、即時フィードバックと利便性です。コードの編集とテストを繰り返すことなく、リアルタイムでコードの結果を見られます。

JavaScriptエンジニアの仕事を探すならシーカーズポートへ相談を!

本記事では、JavaScriptの開発環境の構築方法と開発ツールを紹介しました。オフライン・オンライン・スマートフォンを上手に使い分けて、JavaScriptでの開発を進め必要があります。

JavaScriptエンジニアの仕事を探すならシーカーズポートへ相談しましょう。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職支援をしています。申込みから内定まで一気通貫して求職者の転職活動をサポートします。まずは気軽に転職相談してください。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います