転職マガジン

PHP開発環境のおすすめツール8選!スキル別の開発環境の選び方も解説

目次

「PHPの開発環境を構築するおすすめの方法は?」

「PHP開発環境のおすすめツールは?」

エンジニアとして働いている方の中には、上記のような疑問を持ったことのある方もいるのではないでしょうか。PHP開発環境のおすすめのツールは8種類あります。それぞれのメリット・デメリットを知ったうえで、自身に適したツールを選びましょう。

本記事では、PHPの開発環境を構築するおすすめの方法やスキル別のPHP開発環境の選び方を紹介します。PHPの開発環境について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

PHPの開発環境を構築するおすすめの方法

PHPの開発環境を構築するおすすめの方法は3つあります。

  • 公式サイトからのインストール
  • XAMPPの利用
  • Dockerでの仮想環境構築


それぞれ具体的な構築方法を解説していきます。

公式サイトからのインストール

PHPの開発環境を構築する際、安全性と信頼性が高いため、公式サイトから直接インストールする方法が最も推奨されています。公式サイトからのインストールは、公式のリリースを直接取得するため、セキュリティ上のリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、公式サイトからのダウンロードでは、最新の機能とバグ修正をすぐに利用できるため、開発効率が向上します。さらに、公式サイトからのインストールは、特定のOSやハードウェアに依存しないため、さまざまな環境での開発が可能です。

PHPの実行環境を公式サイトからインストールした後、統合開発環境(IDE)を導入すれば、開発環境を構築できます。IDEはMicrosoft Visual StudioやEclipseが推奨されています。

XAMPPの利用

PHPの開発環境を構築する際、XAMPPの利用が強く推奨されます。XAMPPは開発環境構築パッケージであり、ダウンロードするだけでPHP開発を行うことが可能です。それゆえに、開発者は環境構築にかかる時間を大幅に短縮し、開発に集中できます。

XAMPPは、Apache、MySQL、PHP、Perlといった必要なソフトウェアを一つにまとめたパッケージです。これらのソフトウェアは通常、個別にインストールと設定を行う必要がありますが、XAMPPを使用すれば、その手間を省くことができます。

また、WindowsだけでなくMacでも利用可能であり、OSに依存せずに同じ開発環境を構築できる利点もあります。

Dockerでの仮想環境構築

PHPの開発環境を構築する際、Dockerを用いる方法が非常に効率的であるといえます。Dockerは軽量なコンテナ型の仮想化プラットフォームであり、OS内部に独立したアプリケーションの実行環境(コンテナ)を生成することが可能です。

Dockerの利用が推奨される理由は、軽量性と環境の再現性にあります。DockerはOSレベルの仮想化を提供するため、伝統的な仮想マシンよりもリソースが少なく済みます。そのため、開発者は複数のコンテナを同時に実行でき、複数のアプリケーションを同時に開発することが可能です。

また、Dockerは「Dockerfile」という設定ファイルに基づいて環境を構築します。Dockerfileはコード化されており、バージョン管理システムで管理できます。新しいメンバーがプロジェクトに参加したとき、非常に有用です。

PHP開発環境のおすすめツール8選

ここでは、PHP開発環境のおすすめツールを8つ紹介します。

  • PhpStorm
  • NetBeans
  • Zend Studio
  • Eclipse
  • Online PHP editor
  • Sublime Text
  • CodePad
  • Visual Studio Code

各ツールの特徴・利点・欠点・設定方法を解説します。それぞれ理解したうえで、自身に合うツールを見つけましょう。

PhpStorm

PhpStormはJetBrains社が開発したPHP専用の統合開発環境(IDE)で、HTML、CSS、JavaScriptなどもサポートしています。

特徴は強力なコード補完、リファクタリング、デバッグ、バージョン管理機能を持つことです。メリットとしては、多言語対応、強力なコード補完とリファクタリング、豊富なプラグインがあります。一方で有料であることや、リソース消費が大きいことはデメリットといえるでしょう。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードしたらプロジェクトを作成し、PHPの設定、デバッグの設定、バージョン管理の設定を行います。

NetBeans

NetBeansはオープンソースの統合開発環境(IDE)で、Javaをはじめとする多くのプログラミング言語をサポートしています。

特徴は強力なコードエディタ、デバッガ、GUIフォーム作成などの機能を持つことです。メリットとしては、多言語対応、豊富なプラグイン、そして無料であることが挙げられます。一方でデメリットはリソース消費が大きく、起動や動作が重いことがある点です。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、インストール後にプロジェクトを作成、必要に応じて言語やフレームワークの設定を行います。

Zend Studio

Zend Studioは、PHP開発に特化した強力な統合開発環境(IDE)です。

特徴は、高度なコード補完、リファクタリング、デバッグ、ユニットテストなどの機能を持つことです。メリットは、PHP開発に特化しているため、PHPの最新バージョンやフレームワークに迅速に対応することが挙げられます。また、Zend Serverとの統合により、アプリケーションのデプロイやパフォーマンスの最適化が容易になります。ただし有料であることや、他の言語のサポートが弱いことはデメリットといえるでしょう。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、インストール後にプロジェクトを作成、PHPの設定やデバッグの設定を行います。

Eclipse

Eclipseは、オープンソースの統合開発環境(IDE)で、Javaをはじめとする多くのプログラミング言語をサポートしています。

特徴は、強力なコードエディタ、デバッガ、リファクタリング、ビルドツールなどの機能を持つことです。メリットとしては、多言語対応、豊富なプラグイン、そして無料であることが挙げられます。一方でデメリットは、リソース消費が大きく、起動や動作が重いことがある点です。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、インストール後にプロジェクトを作成、必要に応じて言語やフレームワークの設定を行います。

Online PHP editor

Online PHP Editorは、ブラウザ上で動作するPHPのオンラインエディタです。

特徴は、インストール不要でどこからでもアクセス可能なこと、そして即時にPHPコードを実行できることです。メリットとしては、設定やインストールが不要で、手軽にPHPコードのテストやデバッグが行えることが挙げられます。デメリットは、セキュリティ上のリスクがあること、大規模な開発や複雑なプロジェクトには向かないこと、そして一部の高度な機能が欠けていることです。

設定方法は特になく、ウェブサイトにアクセスし、エディタ上にコードを入力して実行ボタンを押すだけです。

Sublime Text

Sublime Textは、軽量で高速なマルチプラットフォームテキストエディタで、多くのプログラミング言語をサポートしています。

特徴は、スピーディなパフォーマンス、洗練されたユーザーインターフェース、そして強力なコード編集機能です。メリットとしては、軽量で高速な動作、豊富なプラグイン、カスタマイズ性の高さが挙げられます。デメリットは、一部の高度な機能がデフォルトでは提供されておらず、プラグインを追加する必要があること、そして完全な機能を利用するためには有料ライセンスが必要であることです。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、インストール後に必要なプラグインを追加、設定ファイルを編集することで行います。

CodePad

CodePadは、ブラウザ上で動作するオンラインのコードエディタで、多くのプログラミング言語をサポートしています。

特徴は、インストール不要でどこからでもアクセス可能なこと、そして即時にコードを実行できることです。メリットとしては、設定やインストールが不要で、手軽にコードのテストやデバッグが行えることが挙げられます。デメリットは、セキュリティ上のリスクがあること、大規模な開発や複雑なプロジェクトには向かないこと、そして一部の高度な機能が欠けていることです。

設定方法は特になく、ウェブサイトにアクセスし、エディタ上にコードを入力して実行ボタンを押すだけです。

Visual Studio Code

Visual Studio Code(VS Code)はMicrosoftが開発した無料のコードエディタで、多くのプログラミング言語をサポートしています。

特徴は、その軽量性、高度なコード編集機能、そして豊富な拡張機能です。メリットとしては、軽量で高速な動作、多言語対応、強力なデバッグ機能、Gitとの統合などが挙げられます。デメリットは、一部の高度な機能がデフォルトでは提供されておらず、拡張機能を追加する必要があることです。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、インストール後に必要な拡張機能を追加、設定ファイルを編集することで行います。

【スキル別】PHP開発環境の選び方

ここでは、スキル別のPHP開発環境の選び方を紹介します。

  • 初心者編
  • 中級者編
  • 上級者編

各フェーズを定義したうえで、選び方・適した開発環境を紹介します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

初心者編

ここでいう初心者とは、プログラミングやPHPについて基本的な知識を持っているが、まだ経験が浅く、複雑な開発環境の設定や管理が難しい状態と定義します。

初心者には、設定が簡単で直感的に使える開発環境が最適です。コードのエラーを明確に示す機能や、コード補完機能があると、学習が進みやすくなるでしょう。

具体的には、オンラインのPHPエディタのCodePadや、簡易的なローカル開発環境のXAMPPがおすすめです。

中級者編

ここでいう中級者とは、PHPの基本的な文法や構造を理解し、簡単なアプリケーションを自力で作成でき、開発環境の設定や管理にも一定の理解がある状態と定義します。

中級者には、より高度なコード編集機能やデバッグ機能を持つ開発環境が適しています。バージョン管理システムとの統合や、複数のプログラミング言語をサポートするなど、より複雑なプロジェクトに対応できる環境が必要です。

具体的には、Visual Studio CodeやSublime Textなどのテキストエディタがおすすめです。

上級者編

ここでいう上級者とは、PHPに深い理解を持ち、複雑なアプリケーションの開発とデプロイが可能で、開発環境の設定や管理、パフォーマンスの最適化についても高度な知識を持つ状態と定義します。

上級者には、高度なコード編集機能、デバッグ機能、パフォーマンス最適化機能を持つ開発環境が必要です。加えて、チームでの開発を支援する機能や、CI/CDとの統合など、プロフェッショナルな開発ワークフローをサポートする環境が求められます。

具体的には、PhpStormやZend Studioなどの高度なIDE、またはDockerを用いた仮想開発環境がおすすめです。

PHPエンジニアの職を探すならシーカーズポートへ相談しよう!

本記事では、PHPの開発環境を構築するおすすめの方法やスキル別のPHP開発環境の選び方を紹介しました。初心者・中級者・上級者とそれぞれ自分のレベルに合った開発環境を選びましょう。自身のレベルに見合う開発環境を選ぶことで、より高度な案件に対応でき、自ずと収入も伸びていくはずです。

PHPエンジニアの職を検討しているならば、ぜひシーカーズポートへ相談してください。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した人材紹介事業を展開しています。もちろん、PHPエンジニアへの転職サポートも行っています。

まずは気軽に無料の転職相談をしてください。

>>転職相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います