転職マガジン

異業種への転職は難しい?成功させるポイントとおすすめの業界を解説

目次

「未経験から異業種への転職は難しい?」

「異業種への転職を成功させるポイントは?」

上記のような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

今の仕事にやりがいを感じず、思い切って異業種への転職を考えている方もいるかと思います。異業種への転職は、転職する年齢が若いほど成功しやすい傾向にあります。また、転職する業界や志望動機なども異業種転職を成功させるポイントです。

本記事では、未経験から異業種への転職を成功させるポイントや、転職しやすい業界などについて解説します。異業種への転職に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

未経験から異業種への転職は難しい?

結論から述べると、未経験から異業種への転職は可能です。現在の日本は慢性的な労働者不足のため、未経験から異業種への転職も基本的に難しくありません。

ただし、必ずしも異業種への転職が成功するというわけでもありません。転職する業界や転職する年齢によって異業種への転職成功率は大きく異なります。

例えば、スキルや経験が足りない20代でも、人柄や将来性を評価されれば、異業種へ転職できる可能性が高くなります。一方で30代や40代の場合、異業種への転職は可能ですが、20代と比較すると異業種への転職難易度が高く、スキルや経験が必要です。

そのため、未経験から異業種への転職を成功させたい場合は、なるべく若いうちから行動する必要があります。

【年代別】未経験から異業種への転職事情

未経験から異業種への転職のしやすさは、転職する年代によってさまざまです。例えば、20代の場合、スキルや経験よりも人柄や将来性が重視されるため、転職がしやすい傾向にあります。

本章では以下のように各年代別の転職事情について解説します。

  • 20代で転職する場合
  • 30代で転職する場合
  • 40代で転職する場合

それでは各年代の転職事情について見ていきましょう。

20代で転職する場合

20代の場合、異業種への転職はしやすい傾向にあります。スキルや実務経験よりも人柄や将来性、業界の志望動機が重要視されるため、転職後の明確なビジョンが決まっていれば、転職もしやすいでしょう。

例えば、人材不足が顕著なIT業界の場合、新卒採用以外に20代や第二新卒を積極的に採用する「ポテンシャル採用」を実施している企業も多くあります。

ポテンシャル採用では、業界未経験であっても、志望動機が明確であったり、ビジネスマナーやコミュニケーション能力が身に付いていたりしたら、採用される可能性が高くなります。

20代で転職をする場合は、業界研究や自己分析を行い、志望理由を明確にした上で転職活動を行いましょう。

30代で転職する場合

30代でも異業種への転職は可能です。ただし20代と比較すると、異業種への転職難易度は高くなります。30代の場合、即戦力となる人材が企業から求められるため、ポテンシャル採用のような、業界未経験でも採用される求人が少なくなります。

30代で異業種への転職を成功させるためには、資格やスキルの取得、業界選びが重要です。例えば、未経験の業界へ転職したい場合、転職先の業界で有利なる資格やスキルを身に付けることで、熱意や計画性があると判断され、面接時に好印象が持たれる可能性もあります。

また、人手不足が顕著な業界の場合、業界未経験であっても採用される可能性もあるため、転職しやすい業界を選ぶのも1つの手段です。

30代で転職を成功させるためには人柄や志望動機だけでなく、スキルや資格取得、業界選びなども視野に入れて行動しましょう。

40代で転職する場合

40代での異業種への転職は可能ですが、難易度がかなり高くなります。40代から異業種へ転職する場合、転職理由や経験・スキルの有無が重点的に聞かれます。

特に40代はチームをまとめる管理職のようなポジションで採用されるケースが多く、転職を成功させるためには、マネジメントスキルなどが重要です。未経験の業界へ転職する場合、職種は変えずに業界だけを変える「異業種同職種転職」も選択肢の1つです。

例えば、製造業の営業職からIT業界の営業職へ転職した場合、業界は異なりますが営業という業務内容は同じため、前職のスキルや経験を活かせます。

40代で異業種への転職を成功させるためには、管理職の経験や前職のスキルを活かせるような仕事を選びましょう。

異業種でも転職しやすい業界3選

異業種に転職する場合、スキルや経験が求められるケースもありますが、業界によっては転職が成功しやすいケースもあります。例えば、業界全体が人手不足であったり、業界全体が急成長していたりする業界の場合、未経験からでも転職できる可能性があります。

未経験から異業種への転職を検討している方は、以下のような業界も検討してみましょう。

  • 医療・福祉業界
  • 小売業界
  • IT業界

それでは各業界について解説します。

医療・福祉業界

医療業界や福祉業界の場合、専門的な知識や技術が必要になる職業も多いですが、未経験からでも始められる仕事も多数あります。例えば看護助手では、看護師のサポートや患者の身の回りの世話などを担当しますが、「未経験可」と記載されている求人もあります。

また、介護施設で利用者のサポートをする介護職や介護助手なども、未経験の求人があるため、福祉業界に携わったことがない方でも転職可能です。

医療・福祉業界が未経験の求人を出す理由として、業界全体の人手不足が挙げられます。厚生労働省が発表した「介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数[1] 」によると、2025年度には追加で約32万人、2040年度には追加で約69万人の人材が必要になると発表されています。

業界全体で人手不足だからこそ、未経験でも転職しやすい点が医療・福祉業界の特徴です。

小売業界

小売業界も人手不足に悩んでいる業界の1つです。農林水産省が発表した「卸売業・小売業における働き方の現状と課題[2] 」によると、小売業の欠員率は卸売業や飲料製造業などの業界を上回る水準であると発表されています。欠員率とは、常用労働者に対する未充足求人の割合を指し、算出される式は以下の通りです。

欠員率 = 未充足求人数 / 常用労働者数 × 100(%)

※欠員率が高くなるほど、人手が足りていないことを意味します。

業界全体が人手不足であるため、未経験からでも転職できる可能性は高いと言えます。小売業界へ転職したい場合、EC販売に注力している企業を選ぶと良いでしょう。

近年の小売業界ではEC販売が拡大しているため、EC販売に注力している企業の業績がよくなる傾向にあります。そのため、転職先を探す際には、企業規模や企業方針だけでなく、EC販売に注力しているかも確認しましょう。

IT業界

IT業界は業界を通じて規模が拡大しており、急成長している業界の1つです。業界全体が急成長しているため、IT人材が不足しており、需要と供給のバランスが崩れているのが現状です。

経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」では、2030年にはITの人材不足が数十万人にもおよぶとされ、さらなるITの人材不足が予想されます。

そのため、IT業界ではスキルや経験がなくても積極的に採用する「ポテンシャル採用」を導入している企業も多くあり、未経験からでも転職しやすい傾向にあります。

近年では、オンライン学習サービスやプログラミングスクールなどの学習環境が整っているため、プログラミングスキルも身につけやすく、念入りに準備をすれば、転職を成功させる可能性を高めることも可能です。

もし、IT業界への転職を検討しているようであれば、シーカーズポートへご相談ください。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職サービスを展開しています。IT業界への転職のために必要なことや企業選びのポイントなどを的確にアドバイス可能です。まずは、下記リンクから無料で相談しましょう。

転職相談はこちら

異業種への転職を成功させるための3つのコツ

異業種への転職と同業種への転職では、転職を成功させるポイントが異なります。同業種の場合、前職のスキルや経歴が重要視されますが、異業種の場合、前職のスキルや経歴が転職先で活かせない場合もあるため、アピールポイントも変わってきます。

異業種への転職を成功させるためのコツは以下の通りです。

  • 志望動機を明確にする
  • 業界について調査する
  • 自己分析をする

志望動機を明確にする

異業種への転職の場合、「前職を辞めてなぜ異業種に転職するのか」と聞かれるため、必ず志望動機を明確にしておきましょう。

特にスキルや実績が足りない20代の場合、異業種への転職を成功させるためには志望動機の内容がかなり重要になります。

「なぜ未経験の業界を選んだのか」「前職のスキルが活かせるか」などを志望動機に織り交ぜるとより説得感が増します。

志望動機を明確する際には、以下のような内容について深掘りし、面接官が納得するような志望動機を考えましょう。

  • なぜこの業界を選んだのか
  • 前職のスキルが活かせるか
  • 転職後にどんな仕事をしたいか
  • 転職先でどんなスキルを身に付けたいか

業界について調査する

異業種へ転職する場合、まずは業界について調査しましょう。未経験の業界の場合、業界全体の業績や大まかな業務内容など知らないことが多いため、まずは業界全体を調査して情報を入手することが重要です。

業界調査をしない状態で転職した場合、仕事内容が想像と違ったり、会社の風土が合わなかったりとギャップを感じてしまう恐れがあります。転職後のギャップを小さくするために、業界の業務内容や業績などを調査してある程度は把握しておきましょう。

業界について調査する際には、ニュースや書籍、YouTubeなどの動画コンテンツを活用すると、多方面から有益な情報を入手できるためおすすめです。

自己分析をする

異業種への転職を成功させるためにも、必ず自己分析をしましょう。自己分析をすることで、自身の強みやスキル、業務経験などを見直すことができ、面接時にも受け答えがスムーズにできます。

志望動機を考える上でも自己分析をすることで、「なぜ異業種へ転職するのか」「今のスキルがどのように活きるか」「転職後にはどのような活躍ができるか」など論理立てられるため、納得感のある志望動機を作成できます。

また、転職の軸を明確にするためにも自己分析は重要です。転職活動をしていると、多くの企業へ応募していくうちに転職の軸がずれてしまうケースがあります。転職の軸を明確にすることで、転職の軸がずれることがなくなり、転職活動が成功しやすくなります。

異業種への転職で失敗する例

異業種への転職は必ずしも成功するとは限りません。転職準備を怠った場合、転職が失敗する可能性もあります。異業種への転職が失敗する例として以下の3つが挙げられます。

  • スキルや経験不足で選考に通過できない
  • 仕事に慣れるまで時間がかかりストレスを感じる
  • 入社後の業務についていけない

スキルや経験不足で選考に通過できない

異業種への転職がうまくいかないケースとして、スキルや経験不足で選考に通過できないケースが挙げられます。異業種への転職の場合、即戦力で活かせるスキルを持ち合わせていない場合もあります。

スキルや経験不足で選考に通過できない場合は、まずは転職先がどのような人物像を求めているかを考えましょう。スキルや経験が不足していても、転職先が求める人物像の要件を満たしていれば、選考に通過できる可能性は高まります。

そのため、自己分析を行い、志望理由や自分が持ち合わせているスキル、長所などを明確にして、転職先に「自分が理想の人物像」であることをアピールしましょう。なお面接では、具体的な例や数字などを活用することで、より説得力が増します。

仕事に慣れるまで時間がかかりストレスを感じる

異業種への転職では、前職と仕事内容が大きく異なるため、仕事に慣れるまでに時間がかかります。そのため、 なかなか仕事に馴染めず、ストレスを感じるケースもあります。

また、会社の雰囲気や風土の違いもストレスを感じる要因の一つです。前職と転職の雰囲気や風土が大きく異なった場合、まずは会社自体に慣れることに時間がかかります。

例えば製造業界からIT業界へ転職した場合、仕事のスピード感や勤務体系、コミュニケーションの取り方などが大きく異なるため、業界に慣れる段階でストレスを感じてしまうかもしれません。

少しでもストレスを減らすためにも業界調査を念入りに行い、業界全体の雰囲気や働き方、業務内容を明確にしておき転職後のギャップを小さくしましょう。業界調査を行った上で、「業界の雰囲気や働き方が合わない」と感じたら、転職する業界を変更するのも1つの手段です。

入社後の業務についていけない

異業種、異職種に転職した場合、仕事内容が前職と大きく異なるため、入社後に業務についていけないケースがあります。また、転職したばかりなので、「当たり前のことを質問していいのか」など1人で悩んでしまう方もいるかと思います。

上記のような悩みを抱えている方は、積極的に上司や先輩に質問しましょう。企業側は未経験から異業種の業界へ転職したことを知っているため、当たり前のことを質問したからといって「そんなことも知らないのか」と思うことはありません。

ポテンシャルを見越した上での採用なので、分からないことは積極的に質問し、まずは業務に慣れる努力をしましょう。ただし、早く業務に慣れるためには、通常の業務以外にも自主学習も必要です。

特にIT業界など、新しい技術が次々と発表される業界の場合、自ら積極的に学んでいかないと周りのレベルについていけなくなります。そのため、異業種へ転職した場合は、休日などを使って積極的に学習しましょう。

IT業界への転職を希望するならシーカーズポートに相談を!

本記事では年代別の異業種への転職難易度や転職を成功させるポイント、おすすめの業界などについて解説しました。転職を成功させるためには、転職する年齢や志望動機、転職する業界などが重要です。特に転職する業界は、人手不足が顕著な業界ほど転職しやすい傾向にあります。

中でもIT業界は業界全体が急成長を遂げている中、人手が不足している状態です。IT業界への転職を希望している方は、シーカーズポートに相談してみてはいかがでしょうか。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職サービスを展開しています。IT業界への転職を成功させるポイントを的確にアドバイス可能です。まずは、下記リンクから無料で相談しましょう。

転職相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います