転職マガジン

フロントエンドエンジニアがつらいと言われる理由は?向いている人の特徴を解説

目次

「フロントエンドエンジニアはどんなことがつらいの?」

「どんな人がフロントエンドエンジニアに向いているの?」

エンジニアの仕事を探している人のなかには、上記のように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。結論からいうと、フロントエンドエンジニアは業務内容が多く、多岐にわたる知識が必要なため「つらい」と思う人が一定いるようです。

本記事では、具体的にどんなことが「つらい」と感じられているのか、またフロントエンドエンジニアに向いているのはどんな人なのかを解説します。フロントエンドエンジニアのつらい部分を理解したうえで、自分に向いている職業なのか判断する材料にお役立てください。

フロントエンドエンジニアがつらいと言われる理由

フロントエンドエンジニアが「つらい」と言われる主な理由は、下記のとおりです。

  • 解決方法が見つからないことが多い
  • 最新情報のアップデートをし続ける必要がある
  • 複雑なコーディング作業が発生する
  • バックエンドエンジニアと比較される
  • 納期に追われてプレッシャーを感じやすい

それぞれ、詳しく解説していきます。

解決方法が見つからないことが多い

フロントエンドエンジニアの仕事は、自分の分野ではない業務を行うことも多いので、解決方法が見つからないこともあります。問題の切り分けなど、解決プロセスを踏むことが大切ですが、これらは経験を積んでこそできるものです。

そのため、経験の浅いフロントエンドエンジニアでは解決方法をなかなか見つけられないことがストレスになり、つらいと感じる人もいます。

最新情報をアップデートし続ける必要がある

IT関連の仕事は技術革新が多いので、常に最新情報をアップデートしないといけません。もともとIT業界に勤めていた人なら経験からわかるかもしれませんが、未経験の人では情報を追うことに精一杯になってしまう可能性もあります。得た情報をもとに、問題解決を進めるケースも往々にしてあるため、キャッチした情報を体系的に理解し応用できるようになることも求められます。

複雑なコーディング作業が発生する

フロントエンドエンジニアは複雑なコーディング作業も行うため、つらく感じる人もいます。複雑なコーディングの場合、コード量も多いのでミスもしやすいでしょう。

また、自分では間違いに気づきにくくなるため、後から不具合が発生した場合は修正が大変です。

修正に時間を取られると、他の業務が進まないため、残業が増えたり休日出勤が増えたりすることもあるでしょう。

バックエンドエンジニアと比較される

フロントエンドエンジニアよりもバックエンドエンジニアの方が担当業務の範囲が広く、任されている領域も重要な部分が大きいため、比較された場合に引け目に感じてしまう人もいるようです。

しかし、決してフロントエンドエンジニアの仕事のレベルが低いわけではありません。ユーザーに寄り添った設計や開発を行うフロントエンドエンジニアの仕事も、Webサイトなどの構築にあたっては大切なものです。

なお、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いについては、以下の記事もご参考ください。

関連記事:「フロントエンドとバックエンドとは?違いや必要なスキル、向いている人材の特徴を解説」

納期に追われてプレッシャーを感じやすい

クライアントワークのため、常に納期を意識して働かないといけないことでプレッシャーを感じる人もいます。たとえ無理な要求をされることがあってもクライアントの期待に応えないといけないため、精神的に負担を感じやすい場面は多いかもしれません。

フロントエンドエンジニアとして働くメリット

フロントエンドエンジニアとして働くメリットは下記のとおりです。

  • 独立しやすい
  • キャリアアップが見込める
  • 長期的な需要が予想される

それぞれ、詳しく解説していきます。

独立しやすい

フロントエンドエンジニアの仕事は業務委託としての募集も多いので、独立しやすいです。エンジニア不足に悩む会社も多いため、正社員ではなく業務委託契約で人材を求めている企業もあります。

また、リモート環境でも仕事を行えるため、自宅から遠い会社とも契約できます。複数の会社と契約すれば収益を上げやすく、独立しやすいといえるでしょう。

キャリアアップが見込める

フロントエンドエンジニアは業務の幅が広いため、さまざまな分野への転身も可能です。携わる領域が広いことで、自分の強みを把握しやすく、より能力を発揮できる職種を見つけられるでしょう。

また、マネージャーの昇進も目指していけます。マネージャーは、リーダーとして社員をまとめたり会社の売り上げに大きく貢献したりするため、重要な役職です。

これらのことから、フロントエンドエンジニアの職はキャリアアップが見込めるといえます。

長期的な需要が予想される

近年はスマホの普及によりWeb開発のサービスが増えており、フロントエンドエンジニアの需要は増しています。需要が増すことで求人数も増えるので、転職しやすくなるでしょう。今後もスマホの需要が落ちることは考えにくいので、さらに仕事が増える可能性は高いです。

また、フロントエンドエンジニアの人数が少ない場合、需要と供給が合わないので報酬は上がる傾向にあります。

フロントエンドエンジニアに向いている人

フロントエンドエンジニアに向いている人の特徴は、下記のとおりです。

  • 新しいことを覚えるのが好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 柔軟な対応力がある人

フロントエンドエンジニアになりたいと考えている人は、自分に適正があるのか参考にしてください。

新しいことを覚えるのが好きな人

フロントエンドエンジニアは、常に新しい情報を追っていないといけません。IT業界は情報や技術のアップデートが早いので、情報量が増えるのも早いです。

そのため、常にアンテナを張り巡らせて勉強する必要があります。そのため、新しいことを覚えるのが好きな人は仕事のやりがいを感じるでしょう。

また、覚えるのが得意な場合、知識量も増えるため技術の取得も早くなります。早く技術を取得できると業務の範囲も広がるため信頼も得やすいでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

フロントエンドエンジニアはクライアントワークなので、コミュニケーション能力も必要です。クライアントワークはオフラインやオンラインの両方があり、クライアントと話す機会も多いため、円滑なコミュニケーションが必要です。

コミュニケーションが円滑にとれないと、業務にも支障がでるため技術力が高くてもクライアントと良好な関係になりにくいでしょう。クライアントと良好な関係なれない場合、仕事しても成り立たないため成果をあげられません。

柔軟な対応力がある人

クライアントワークは柔軟な対応が必要となる場面が多いです。例えば、納品した成果物にミスがあれば早急に修正を求められることもあります。早急に修正を求められた場合、対応できないとクライアントを満足させられないため、継続的な依頼が難しくなるでしょう。

そのため、クライアントワークをするためには柔軟な対応力が重要です。逆に柔軟な対応力ができればクライアントの評価もあがり信頼を得やすいでしょう。

フロントエンドエンジニアに向いていない人

フロントエンドエンジニアに向いていない人の特徴は、下記のとおりです。

  • プログラミングやWeb技術に関する知識やスキルが少ない
  • 向上心や勉強意欲がない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 納期や仕様変更に柔軟に対応できない
  • 他人の意見を素直に受け入れられない

1つでも当てはまることがあれば、改善または他の職業への転職を検討するとよいでしょう。

特に、知識やスキル面は常に向上していかないと最新の技術に追いつけないので、業務に支障を及ぼすリスクもあります。そのため、向上心や勉強意欲がない場合、フロントエンドエンジニアとしても成長は難しいでしょう。

さらにコミュニケーション能力も必要なため、人と話すのが苦手という人は精神的にもしんどいでしょう。コミュニケーションを円滑にできないと仕事も進みにくいのでクライアント側もやりづらさを感じてしまいます。

フロントエンドエンジニアとしてクライアントを満足させられないと、成果には繋がりません。したがって、フロントエンドエンジニアとしての業務を行うのであれば苦手なことを減らしていきましょう。

エンジニア職の仕事を探すならシーカーズポートがおすすめ!

今回は、フロントエンドエンジニアが「つらい」と言われる理由や、向いている人の特徴について解説しました。フロントエンドエンジニアは業務の幅が広く、さまざまな領域に携わるため、問題解決能力が必須です。また、常に技術がアップデートされるため、感度高く情報を追う必要があります。

フロントエンドエンジニアをはじめ、エンジニア職の仕事を探している人は、ぜひシーカーズポートへご相談ください。多くの求人数から専門のキャリアアドバイザーが、あなたにあった案件を提案してくれます。まずは、無料の転職相談を気軽にご利用ください。

無料で転職相談したい方はこちらから!

フロントエンドエンジニアに関してよくある質問

フロントエンドエンジニアに関して、よくある質問に回答していきます。

フロントエンドエンジニアの平均年収は?

フロントエンドの平均年収は、約550万円です(参照元:厚生労働省 職業情報提供サイト)。日本人の平均年収は約461万円なので、比較的高いといえるでしょう(参照元:平均給与【国税庁】)。

フロントエンドエンジニアのやりがい・楽しさは? 

フロントエンドエンジニアのやりがいは、多くの人に受け入れてもらえる制作物を作ったときです。実際に制作していく過程で、多くの人と関り連携をとっていきます。そのため、制作物が完成して多くの人に利用されたときは、やりがいに感じるでしょう。

また、楽しさはユーザーが目にする裏側の過程を知れることです。普段から使用しているアプリなども、もとは誰かの制作物です。制作している過程を知れたら、興味が湧いて楽しさを感じられるかもしれません。

フロントエンドエンジニアはいらない?

フロントエンドエンジニアは、さらに需要が増える職種だと予想できます。近年は、スマホの普及でアプリなどWeb開発の需要も増えているので人員が必要です。そのため、今後はフロントエンドエンジニアが活躍する場面が増えていくと予想されます。求人数も増えて転職などもしやすい業界になるでしょう。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います