転職マガジン

ゲームプランナーはきつい?やめとけと言われる理由と向いている人の特徴

目次

ゲーム業界への転職を検討して活動していると、「ゲームプランナーの仕事はきつい」と耳にすることもあるでしょう。ゲームプランナーは時間に追われる場面や他者とのコミュニケーションを求められる機会が多く、慣れるまでは「きつい」と感じることもあるかもしれません。

たしかにゲームプランナーの仕事は厳しい一面もありますが、その分多くのやりがいや面白さもあります。本記事では、ゲームプランナーに向いている人の特徴や魅力、やりがいを解説します。ゲームプランナーへの転職を迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

「ゲームプランナーはきついからやめとけ」と言われる5つの理由 

ゲームプランナーの仕事は、「きついからやめとけ」と言われることがよくあります。

では、具体的になにが「きつい」と言われているのでしょうか。主な理由は以下の5つです。

  • 仕事の種類が多い
  • スケジュール管理が難しい
  • 納品後も顧客対応が必要になる
  • コミュニケーションの量が多い
  • 理想のキャリアプランとの乖離がある

それぞれ見ていきましょう。

仕事の種類が多い

ゲームプランナーの仕事は、単にゲームを作ればよいわけではありません。ゲーム制作には、企画立案から制作、スケジュール管理、リリース後の不具合修正などがあり、ゲームプランナーはそのほとんどに携わります。

想定していた以上に仕事の種類が多く、同時に異なる業務を行わなければならないため、やることや覚えることが多く「きつい」と言う人がいるのです。

スケジュール管理が難しい

ゲームプランナーは、制作中の進行管理もしなければなりません。納期が決まっているため、他のクリエイターの工程が遅れると納期に間に合わない可能性があります。場合によっては、納期に間に合わせるために残業が続くこともあるでしょう。

ゲーム制作の進行状況はもちろん、複数のクリエイターのスケジュールも把握して納期に間に合うよう調整が必要です。

納品後も顧客対応が必要になる

ゲームはリリース後に問い合わせや不具合が発生することも多く、それらの対応もゲームクリエイターの仕事のひとつです。特に、新作発表後は問い合わせが殺到することが多く、迅速に対応しなければ今後の契約に影響しかねません。

新作ゲームの制作が始まっても既存作品の顧客対応に追われる可能性が高いため、やることが多くなってしまい「きつい」と言われるのです。

コミュニケーションの量が多い

ゲームクリエイターは1人でコツコツやる仕事ではなく、企画の段階から多くの人と接する職種です。仕事の性質上、綿密な打ち合わせが必要なため、他の業界よりもコミュニケーションの量は多いと言えるでしょう。

ゲームクリエイターにとって、コミュニケーション能力は必須です。人との会話が苦手な人にとっては、コミュニケーションの多さが負担になることも少なくありません。

理想のキャリアプランとの乖離がある

「自分が開発したゲームを世の中に出したい」との思いからゲームプランナーを志す人もいるでしょう。このような人の中には、自分だけでコツコツとゲームを作る仕事だと思っている人も少なくありません。

しかし、実際はゲームを制作以外の仕事に関わらなければならないことも多く、業務は多岐に渡ります。ゲームプランナーとしてのキャリア追求も大切ですが、実際の仕事内容や業界のニーズについて理解しておくことが重要です。

実際になってみたものの、「イメージと違った」と感じる人は少なくありません。

ゲームプランナーに向いている人の特徴5選 

「きつい」と言われることも多いゲームプランナーですが、仕事内容や特性から向き不向きがあるのは事実です。では、どのような人がゲームプランナーに向いているのでしょうか。

ゲームプランナーに向いている人の特徴は、主に以下の5つです。

  • ゲーム好きな人
  • チームの一員として働くことが苦にならない人
  • 創造力がある人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • スケジュール管理が得意で計画通りに仕事ができる人

ゲームプランナーを検討している方は、自分に当てはまっているか確認してみてください。

ゲーム好きな人

ゲームプランナーはゲームの企画や設計、シナリオなど、ゲーム開発におけるあらゆる業務に関与します。そのため、ゲームに対する情熱や理解を持っていることは重要な要素です。

ゲーム好きな人はプレイヤーの視点からゲームを捉えられるため、自分のゲーム体験やプレイヤーとしての感性を活かせることも少なくありません。

もともとゲームをプレイすることが好きな人は、ゲームプランナーとして魅力的なゲームを開発できる可能性があります。ただし、開発の参考にするために、あまり好きではないジャンルのゲームをプレイしなければならないことも覚えておきましょう。

特定のジャンルしか興味がない人や特定のゲーム機しかやらないという人ではなく、幅広いゲームを楽しめる人が向いています。

チームの一員として働くことが苦にならない人

ゲームプランナーはゲーム開発チームの一員として協力し、ほかのメンバーと連携してゲームを制作します。そのため、チームプレイや協調性が重要な要素となります。また、改善提案などを受け入れられる柔軟性も大切です。

ゲーム開発はプロジェクトベースで進行することが多く、スケジュールや優先順位が変動することがあります。

開発中にチームの状況やプロジェクトに応じて、自分の業務の調整やプランの変更が必要になるケースもしばしばです。特に、クリエイターは個性的で職人肌が強い人もいますが、人を選ばず誰とでも良好な関係を築こうとする意思のある人は向いています。

創造力がある人

ゲームプランナーはゲームのストーリー展開やキャラクターデザインにも関与します。人気のゲームにするためには、魅力的なストーリーやキャラクターを創り出し、プレイヤーが興味を引く内容にしなければなりません。

ゲーム開発は創造力が求められる分野であり、魅力的なゲームコンセプトや世界観、キャラクター、ストーリーなどを生み出すためには豊かな創造力が必要です。そのため、独自の発想で物語などを考えるのが得意な人に向いています。

既存のゲームの枠にとらわれずに新しいことを思いつく人や、トレンドになりそうな発想ができる人も向いていると言えるでしょう。創造力のある人はゲームのコンセプトを考える際に、創造的なアイデアを生かして斬新なゲームを提案できる可能性があります。

コミュニケーション能力が高い人

人と話すことが好きで、コミュニケーション能力が高い人は向いています。ゲームプランナーは開発チーム内でほかのメンバーと協力し、ゲーム制作を進めなければなりません。

コミュニケーション能力が高い人は、チーム内での意思疎通や情報共有がスムーズに行えるため、プロジェクトの進行や調整が円滑に行えるでしょう。

また、ゲーム開発においては、外部パートナーとのコミュニケーションも重要です。たとえば、音楽や効果音制作やグラフィックのアウトソーシング、プロモーションの協力など、外部の専門家や企業との打ち合わせもあるでしょう。

ゲームプランナーは単独で作業するだけでなく、ほかのメンバーや外部とのコミュニケーションが不可欠なため、コミュニケーション能力が高い人は仕事がしやすくなります。

スケジュール管理が得意で計画通りに仕事ができる人

ゲームプランナーはプロジェクト全体の進行管理を担当し、プロジェクトが計画通りに進むようにします。プロジェクトを計画通りに進めるには、タスクの優先順位の設定や進捗の確認などを行い、適切な時間配分をすることで納期に間に合わせなければなりません。

予期せぬ変更や調整が頻繁に発生することもあります。そのような場合でも、迅速に対応することで、プロジェクトの進行に影響を与えずに課題を解決する必要があります。

スケジュール管理が得意な人は、適切なスケジュールを立て予定通りに進められ、突発的なことにも対処できるでしょう。ゲームプランナーは納期に追われることが多い職種のため、スケジュール管理を行い計画通りに進められるかがカギとなります。

ゲームプランナーの魅力とやりがいは3つ 

ゲームプランナーは、向いている人にとっては非常に魅力的でやりがいのある仕事です。

実際に、魅力ややりがいを感じるという意見が多い事柄を3つ紹介します。

  • 好きなことを仕事にできる
  • 自分のアイデアが形になる
  • ゲーム開発のプロセスを学べる

それぞれ解説していきます。

好きなことを仕事にできる

ゲームが好きな人にとって、自分の好きなゲームに関われることは非常に魅力的です。ゲームプランナーとして働くことで、ゲームに関する情熱や知識を仕事に活かせます。

ゲームプランナーは、自分の考えたゲームを形にして、プレイヤーに楽しさや感動を与えられます。ゲームが好きな人であれば、自分の考えた理想のゲームを実際に遊べるよう形にできる喜びは大きいのではないでしょうか。

好きなことに仕事を通して常に触れることができるため、やりがいを感じながら仕事を続けられます。好きなことに情熱を注ぐことで、高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

自分のアイデアが形になる

自分の考えたアイデアが形になり、世の中に出ることも魅力のひとつです。自分が考えたゲームでプレイヤーが感動や喜びを体験し、ゲームを楽しんでもらうことは、作り手としてこの上ない喜びと言えるでしょう。

自分の作品に対してゲーム業界から高評価を得たり、プレイヤーの感想を生の声で耳にしたりすることで、やりがいを感じられます。

ゲーム開発のプロセスを学べる

ゲームプランナーは、ゲーム開発チームの一員としてゲームの企画・設計から開発・テストの各段階に関与します。その過程で、ゲーム開発のプロセスを学べる機会が得られます。

ゲーム開発の実践を通じて経験を積むことで、より高度なスキルや知識を習得し、ゲーム開発の専門家として成長が可能です。

ゲームプランナーとして開発にかかわることで、ゲームの一部分ではなくゲーム作りの企画段階からリリースまでの全体が見えるためスキルアップにもつながります。

ゲームプランナーになりたい人の転職相談はシーカーズポートがおすすめ

本記事では「ゲームプランナーはやめとけ」と言われる理由と、向いている人や仕事の魅力について紹介しました。ゲームプランナーは、状況次第で自分のスケジュールを調整しなければならない場面も多く、「きついからやめとけ」という声は多いです。しかしゲームが好きな人であれば、好きなことを仕事にできるからこそ、きついことも乗り越えられるモチベーションになります。自分の作品が世の中に出ることで、多くの人に楽しんでもらえるやりがいはひとしおでしょう。

ゲームプランナーのようなクリエイティブな求人は、公開されている案件が少なく、なかなか自分で探すことは難しくなります。もしゲームプランナーへの転職を目指すのであれば、シーカーズポートへ相談してみましょう。シーカーズポートはIT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスで、ゲームプランナーを目指す人向けのサービスです。専属のキャリアアドバイザーに希望条件を伝えれば、一般には公開されていない特別な求人なども一緒に探してくれます。

まずは、キャリアアドバイザーに無料で相談してみましょう。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います