転職マガジン

転職するリスクとは?転職しない方がいいケースや決断するためのポイントを解説

目次

「転職先で仕事や人間関係が合わなかったらどうしよう…」

転職はキャリアの成長や視野を広げるためには絶好の機会ですが、一方でリスクも存在します。上記のような不安を抱えることで、転職へなかなか一歩踏み出せない人もいるでしょう。

本記事では、転職に伴うリスクや転職するメリット・デメリット、転職しない方がいいケースなどについて解説します。転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職するリスクとは?

転職するうえで想定されるリスクとは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

主に、以下の6つのリスクが考えられます。

  • 希望する仕事が見つからない
  • 転職先の社風が合わない
  • 転職先で人間関係を築けるか
  • 収入が下がってしまう
  • 転職先で活躍できない
  • 家族や友人にどう思われるか

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

希望する仕事が見つからない

希望する仕事が見つからないと感じる人が多い理由は、いくつか考えられます。

まず、市場における求人数と応募者数のバランスの問題です。競争が激しい業界や職種では、採用される条件が厳しく設定されていることもあります。また、自分のスキルや経験では、そもそも応募できるポジションが少ないと感じてしまうこともあるでしょう。

さらに、希望する仕事が見つからないと感じる要因として、そもそも自身の希望や要件が明確でないことも挙げられます。

転職を検討する前に自己分析をしっかりと行い、自身のスキルや興味、キャリア目標などを明確にしなければ、本来採用条件を満たしているはずの求人があるのに、応募できないと勘違いしてしまい、チャンスを逃しているかもしれません。

このように、希望する仕事が見つけられないことが理由で「転職はリスク」だと考えてしまう場合もあります。リスクを回避するためには、適切な求人情報の収集や自己分析が欠かせません。

転職先の社風が合わない

転職先の社風が自分と合わない場合、仕事への適応や満足度に影響を及ぼす可能性があります。企業の文化や働き方、コミュニケーションスタイルなどが自分の価値観や働き方と異なる場合、大きなストレスを抱えかねないためです。

例えば、ある企業ではフレックスタイム制度があり自己裁量の高い働き方が求められる一方、別の企業では細かな分業制度が敷かれており、勤務時間も固定されているケースもあるでしょう。自分に合わない社風を選んでしまうと、同僚や上司とのコミュニケーションにも影響があり、結果的に仕事へのモチベーションやパフォーマンスにも悪影響が出るかもしれません。

そのため、自身の価値観や仕事スタイルに合致する企業を見つけることが重要です。

転職先で人間関係を築けるか

転職後の新しい環境で人間関係を築くことは容易ではないため、リスクと感じてしまう可能性があります。

新しい職場でのコミュニケーションやチームワークの構築は、組織に入って働くうえで必ずと言っていいほど求められます。しかし、人間関係は時間と共同作業経験を通して徐々に築くものなので、転職直後に円滑な人間関係を求めるのは難しいかもしれません。

人間関係でのリスクを回避するためには、転職前の面接や会社訪問を通じて、企業や社員同士の雰囲気を事前に把握しておくと良いでしょう。

収入が下がってしまう

転職に伴う収入の変動は、多くの人がリスクと感じる要素です。転職先のポジションや給与水準によって、現職よりも低くなる恐れがあります。

一般的には採用時の経験やスキルに基づいて給与が決定されますが、転職先の給料水準が前職より低ければ、収入が下がる場合も考慮することが必要です。収入の減少を避けるためには、転職前に自分の市場価値や希望する収入目安を把握しておくと良いでしょう。

>>年収診断してみる

転職先で活躍できない

新しい環境で、求められているスキルや業務に対して満足のいくように応えられるか不安を感じる人もいるでしょう。特に未経験の領域や専門的な分野を扱う業界への転職を考えると、自分のスキルや経験で成果を上げられるのか心配になるかもしれません。

転職前に自己分析を徹底することで、自分のスキルや経験をしっかりと把握し、それらを発揮できる環境を探しましょう。

家族や友人にどう思われるか

転職において、家族や友人の目を気にして行動できない方も一定います。例えば、知名度の高い大手企業を辞めて中小企業やベンチャー企業への転職を考えている場合や、やりたいことを優先して年収の下がる転職を希望している場合などです。

転職によって周囲から批判を受けることもあると思いますが、それは自身を心配しているがゆえの意見かもしれません。家族や友人の思いを受け入れつつ、最終的な決断は自分の意思を尊重しましょう。

転職したことがない状況もリスクはある

転職することには少なからずリスクが伴いますが、転職をしたことがない場合もリスクはあります。

転職経験のないことで想定されるリスクとして、他の企業や業界での経験を積む機会を失うことが挙げられます。また、キャリアの成長やキャリアパスの選択肢が制約されることもリスクでしょう。異なる環境での経験やスキルの獲得は、将来的なキャリアの幅を広げるうえで重要です。

例えば、同じ職場に長く在籍している場合、新たな業界のトレンドや技術の変化に対応できなくなる恐れがあります。どんな職場でも通用できる能力がなければ、競争力や雇用の安定性に左右され、転職しづらい年齢になってから職を失ってしまうかもしれません。

転職しない場合のリスクについては以下の記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:「転職しないリスク」

転職するメリットとデメリット

転職を検討する前に、まずは転職するメリットとデメリットについて知っておきましょう。

以下で、主なメリット・デメリットを解説していきます。

転職するメリットは主に4つ

転職するメリットは、主に以下の4点です。

  • キャリアや年収をアップできる:新しい職場や業界での経験やスキルを積むことで、キャリアの成長や昇進が期待できます。その結果、年収アップも見込めるでしょう。
  • 視野を広げられる:転職によって、異なる企業や業界での働き方やビジネスモデルに触れる機会が生まれます。新しい環境での経験や知識を得ることは、視野の拡大や思考力の向上に繋がるため、個人の成長に繋がるでしょう。
  • 新しい経験が積める:転職によって、新しい職務やプロジェクトに取り組むチャンスを掴めます。また、前職とは異なる社風やチームでの働き方で経験を積めば、柔軟性や適応力も高められるでしょう。
  • 人脈を広げられる:新しい職場での出会いやコミュニケーションは、人間関係の範囲を広げる機会です。同僚や上司、クライアントとの交流を通じて、新たなつながりやチームワークを築いていけます。

ビジネスパーソンとして自分の成長ややりがいを追求するのであれば、転職は絶好のチャンスといえるでしょう。

転職するデメリットは主に3つ

一方、転職には以下のような3つのデメリットも考えられます。

  • 勤続年数が途絶える:転職によって現職の勤続年数が減るため、退職金や年功序列による待遇が減少してしまうかもしれません。長期的な勤務によって得られる給与や福利厚生といったメリットが、一時的に失われる可能性も頭に入れておきましょう。
  • 一時的に年収が下がる可能性:新しい職場での給与体系や待遇が現職と異なる場合、一時的に年収が下がる恐れもあります。特に未経験や転職回数が既に多い方の場合、スキルや経験に基づく報酬の再評価や成果を未経験からでも積める転職先を視野に入れて活動しましょう。
  • 人間関係を新たに築かなければならない:転職によって新たな職場やチームでの人間関係を築かなければならないことも、デメリットの一つです。同僚や上司との相性や文化の違いを体感し、少しずつ社風に馴染んでいかなければいけない場合もあります。人間関係の構築に時間や労力が必要なことも覚悟しましょう。

これらのデメリットを踏まえつつ、転職の際には適切な情報収集や自己分析を欠かさないようにしましょう。

転職しない方がいいケースとは?

ポジティブな理由で転職する場合は自分のキャリアに良い影響を与えますが、そうでない場合は注意が必要です。以下のようなケースにあてはまる際はくれぐれも注意しましょう。

現職の人間関係や仕事内容に不満がある

現職の人間関係や仕事内容に不満があって転職を検討している場合は、解決の見込みはないか対策を考えることも大切です。

例えば、部署や拠点異動によって関わる人々や携わる業務が変わることもあるでしょう。不満が一部の部署やチームのみに起因している場合、異動や配置変更を会社に相談してみることも一つの手です。

一方で、解決の見込みがない場合は転職を検討してみましょう。転職によって新しい環境やチームでの人間関係を構築し、仕事のモチベーションや充実感を取り戻せるかもしれません。

自分のやりがいやキャリアの発展をしっかりと考え、自己成長や満足感が向上できる道を選びましょう。

転職したい理由があいまい

転職したい理由があいまいな場合、転職しない方が良いです。例えば、同級生や同僚など周囲の人が転職したから、という漠然とした理由や焦りによる判断は避けましょう。

また、理由が明確になっていない場合、転職活動や面接などで失敗する可能性が高いです。転職活動は自己分析や目標設定が重要なため、明確な理由や目的がなければ自己PRや志望動機をうまく伝えられないかもしれません。

自分のキャリアややりがいを追求するには、明確な目標や理由を持ち、自己分析を進め続けることが重要です。

現職の給料や福利厚生が充実している

現職の給料や福利厚生が充実している場合は、転職しない選択も検討すべきです。

まず、転職したからといって必ず待遇が上がるわけではありません。新しい職場や業界によって、現職よりも待遇や福利厚生が劣る場合もあります。充実した給与や福利厚生は、かつて自分で会社を選ぶ際のメリットとして捉えたものでもあるため、転職を行えば失ってしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

ただし、現職以外にやりたい仕事やキャリアの変更を考えている場合、まずは副業や転職活動を通じて新しい仕事に触れてみるのも一つの手です。自分の適性や興味を確かめながら、将来のキャリアプランを具体化してみてください。

また、現在の年収が自分に合っているのかを把握するために、年収診断を活用するのもおすすめです。

>>年収診断してみる

転職を決断するためのポイント

転職を決断する際は、以下のステップで考えることがポイントです。

  1. 現状の不満を整理する: 現職での不満や課題を具体的に整理しましょう。どのような要素に不満を感じているのかを明確に把握してみてください。
  1. 転職以外に解決できる方法はないか探す: 現職での不満を解決するために、転職以外にどのような方法があるかを検討しましょう。内部での異動や変更、研修等のスキルアップで問題が解消できるかもしれません。
  1. 不満はある前提で、現職で働くメリットを考える: 現職には転職以外にも働くメリットがあるかもしれません。給与や福利厚生、人間関係など、現職でのポジティブな要素を検討してみましょう。
  1. 将来のビジョンを考えたときにどんな経験・スキルが必要か洗い出す: 自分の将来に関するビジョンやキャリア目標を考慮し、求められる経験やスキルを明確に探しましょう。転職によって目標に近づけるかを判断します。
  1. 現職に就いたまま転職活動をしてみる: 現職で働きながら、転職活動を進めてみるのも一つの方法です。自分の市場価値や転職先の求人状況を把握すれば、現状を客観的に判断する手助けとなります。また、転職活動を通じて新たな可能性や自分の本当にやりたいことを発見できるかもしれません。

自己分析や情報収集を通じて、悔いのない判断をしましょう。

IT企業の転職相談はシーカーズポートへ!

IT業界の転職相談なら、シーカーズポートがおすすめです。転職を考える際には、自分の希望やスキルに合った職場やポジションを見つけなければいけません。シーカーズポートでは、幅広いIT企業の求人情報や転職に関する情報を提供し、一人ひとりに合った転職活動をサポートします。さらに、専門のキャリアコンサルタントが個別の相談にも応じます。ぜひ、気軽に転職相談してみてください。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います