転職マガジン

SQLはプログラミング言語じゃない?初心者向けにわかりやすく徹底解説

目次

「SQLってどんな言語?」

「SQL言語とプログラミング言語の違いは?」

プログラミング言語について学んでいる人の中には、上記のような疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。SQLとは、データを管理するデータベース言語のことを指します。また、0からプログラムを作り出すプログラミング言語とは異なり、データがないとデータベース言語は使用できません。

本記事では、SQLの詳細やプログラミング言語との違い、データベースエンジニアの平均年収を紹介します。SQLについて詳しくなりたい方や将来SQLを活用した職業に就きたい方は、ぜひ最後までお読みください。

SQL言語とはどんな言語?初心者向けにわかりやすく解説

SQLはコンピューターを制御するプログラミング言語とは異なり、データを整理するために利用するデータベース言語です。簡単にいうとデータを整理したり、取得したりするときに利用する言語のことです。

例えば、支払期限が過ぎている請求データを一覧で出力したい場合、データが多いと手作業で探す必要があるでしょう。そこでSQLを活用すれば探したい情報を手作業よりも早く出力できます。

特に企業で扱っているデータは量が多く、手作業で探していると大幅に時間が経過してしまうため、業務を効率的に進めたい方はSQLを学ぶことをおすすめします。

SQLはデータベース言語!プログラミング言語との違いを3つ紹介

データベース言語とプログラミング言語の違いは、以下の3つです。

  • プログラミングを作ることはできない
  • 文法や使い方がプログラミング言語と比べて独特
  • 命令方法がシンプル

データベースエンジニアになると、クライアントとの打合せでプログラミング言語について聞かれることもあるので、必ず押さえておきましょう。

プログラムを作ることはできない

先述したように、SQLはデータの整理や削除などのデータ管理で利用する言語です。そのため、プログラミング言語のようにコンピューターに指示を出してプログラムを作ることはできません。

つまりプログラミング言語は0を1にする言語であるのに対し、データベース言語は1を10や100にするための言語です。

また、データベース言語は、データがない状況では利用できない特徴を持っています。そのため、データを利用する機会の多い経理業務やコンサルティング業務をしている方が学ぶべき言語といえるでしょう。

文法の使い方がプログラミング言語と比べて独特

プログラミング言語は言語の種類にもよりますが、ループ処理やポインタといった初心者では理解が難しい文に加えて、様々な文の構造を覚える必要があります。

一方、データベース言語はテーブルの作成、削除など学ぶことがプログラミング言語に比べて多くありません。そのため、データベース言語は比較的、学習難易度も低く早くスキルを身につけられます。

命令方法がシンプル

データベース言語は、プログラミング言語と比べると命令方法がシンプルです。命令方法がシンプルということは、エラーを見つけやすいことを意味します。プログラミング言語を挫折した人がデータベース言語なら理解できることも珍しくありません。

また、データベース言語はExcelとの相性が良い言語です。普段の業務でExcelを利用している方はSQLを学んで損はしないでしょう。

SQLの種類を一覧で3つ紹介

SQLの種類は以下の3つです。

  • データ操作言語
  • データ定義言語
  • データ制御言語

SQLでどのようなことができるのか、詳細を知りたい方はぜひ参考にしてください。

データ操作言語

データ操作言語はDMLと呼ばれ、データを検索や登録、削除するための言語です。3種類の中でもっとも使用頻度が多く、日常生活で利用しやすい特徴を持っています。

データ操作言語として使われる文は、以下の通りです。

  • SELECT(検索)
  • UPDATE(更新)
  • INSERT(追加)
  • DELETE(削除)

特に検索の文に関してはデータ検索するときに必ず利用するため、忘れないで覚えておきましょう。

データ定義言語

データ定義言語はDDLと呼ばれ、データを保存するためのテーブル作成や削除をする時に使用する言語です。データ管理の核となるため、責任者が使用することが多い傾向にあります。

データ定義言語として使われる文は以下の通りです。すべてテーブルに関わる文になります。

  • CREATE(作成)
  • DROP(削除)
  • ALTER(設定変更)
  • TRUNCATE(テーブルからの全データ削除)

特にテーブル作成の指示を出すCREATEは、データベースそのものを作り出す役割を担っています。そのため、SQLの中でも一番重要度が高い命令文であるといえるでしょう。

データ制御言語

データ制御言語はDCLと呼ばれ、データベースへのアクセス権限の付与や剝奪するときに使用する言語です。アクセス権限は責任者が変更できる権限を持っているため、データベース管理者が活用することの多い言語になります。

データ制御言語として使われる文は、以下の通りです。

  • GRANT(権限の付与)
  • REVOKE(権限の剥奪)

データベース管理者といった責任者のポジションになりたい方は、学習することをおすすめします。

データベース言語は学ぶべき?SQLを学ぶメリット

SQLを学ぶべきメリットは主に以下の3つです。

  • データを活用する場面が多いためキャリアの幅が広がる
  • 国際標準化機構で標準化されているため汎用性が高い
  • データベースエンジニアが注目されている

SQLを学ぶメリットを把握しておくことで、モチベーション維持にも繋がるので、ぜひ参考にしてください。

データを活用する場面が多いためキャリアの幅が広がる

データベース言語は、データがあれば業種問わずに活用できる言語です。

例えば、YouTubeのデータ分析でアナリティクスを活用している方も多いでしょう。そこでExcelとデータベース言語を利用すれば、効率の良い作業が見込めます。また、請求済みの請求書を探したいときに活用すれば、時間短縮になり仕事を快適に進めることが可能です。仕事が早く終われば上司にも評価されるポイントにもなります。

現代では、データベース言語を学ぶことはキャリアの幅を広げるために必須のスキルといえるでしょう。

国際標準化機構で標準化されているため汎用性が高い

SQLはISO(国際標準化機構)によって標準化されていて、IT業界全体で利用されている言語です。言語の仕様やデータベースソフトウェアによって多少の違いはあるものの、基本的な仕様は同じです。

SQLの知識を学んでおけば、他の言語を学ぶときにも活用できます。基盤ができていれば繰り返しの学習を避けるので学習時間短縮にもつながるでしょう。

また、SQLはデータに少しでも携わる仕事であれば、活用できるスキルです。そのため、将来的にメリットのあるスキルを身につけたい方や手に職のついた仕事をしたい方はSQLを学ぶことをおすすめします。

データベースエンジニアが注目されている

[5] 近年ではデータが活用される場面が増え、データベース言語を扱えるデータベースエンジニアが注目されつつあります。

IDCが公開した調査によると、2025年には世界のデータ年間生産量は175ゼッタバイトに達すると予測されています。(参考:IDC|DATA AGE 2025

それに伴い、現在よりもデータを駆使したマーケティング戦略や商品販売が加速することが見込めるでしょう。つまり、データを管理できるデータベースエンジニアはこれからも需要が高い職業だといえます。

データベースエンジニアの年収は?

データベースエンジニアの平均年収は約597万円です。(出典:求人ボックスのデータ)

データベースエンジニアの平均年収が高い理由は、IT人材の不足と需要の高さによって優秀な人員が不足しているからといえます。データベースエンジニアを目指す方は、データベース周りのスキルだけでなく、インフラに関するスキルやプログラミングスキルなど幅を広げることで収入をさらに伸ばせるでしょう。

自身がデータベースエンジニアとして働く際に、どのくらいの年収が見込めるのか気になる方は、ぜひ年収診断を試してみてください。

年収診断はこちらから!

SQLを活用するデータベースエンジニアになりたいならシーガーズポートがおすすめ!

本記事では、SQLについての説明やプログラミング言語との違い、データベースエンジニアの平均年収を紹介しました。SQLとは、データを管理するためのデータベース言語のことです。また、データベース言語を利用する職業をデータベースエンジニアと呼びます。一定のスキルが求められるため、平均年収はやや高めです。

データベースエンジニアへの転職を考えている方は、ぜひシーカーズポートの転職相談を利用してみてください。IT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを展開しており、専門のキャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれます。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います