転職マガジン

ITコンサルタントに向いている人は?ハードワークと言われる理由も解説

目次

「ITコンサルタントに向いているのはどんな人?」

「ITコンサルタントの仕事はハードワーク?」

ITコンサルタントへの転職を検討している人の中には、上記のような疑問を持つ人もいることでしょう。ITコンサルタントに向いている人の特徴は、いくつかあります。たとえば、IT全般の豊富な知識があったり、コミュニケーション能力が高かったりする人です。同時に、ハードワークな面もあります。長時間労働やIT情報の日常的なアップデートが必要です。

本記事ではITに向いている人の特徴から、ハードワークな仕事内容について解説していきます。最後に、ITコンサルタントへの転職がおすすめの人の特徴についても触れているので、ITコンサルタントの適正が自身に備わっているか気になる方は参考にしてみてください。

ITコンサルタントとは? 

ITコンサルタントとは、企業の経営課題をITの力で解決する専門家です。ITコンサルタントは、企業の経営戦略や業務プロセスを理解し、ITを活用することで、企業の業績向上や競争力強化に貢献します。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントは、一般的にコンサルティングファームや専門企業に所属しています。コンサルティングファームとは、多くのコンサルタントが所属し、企業や個人事業主にコンサルティングを行う組織のことです。

ITコンサルタントの仕事は、クライアント企業からの依頼を受け、IT戦略やプロジェクトに関するコンサルティング業務を行い、クライアント企業の課題を解決することです。

クライアント企業の関係者と密接にコミュニケーションを取りながら、課題の抽出や要件のヒアリングを行います。経営者や経営企画担当者との対話を通じて、クライアントのビジネス戦略や目標を理解し、それに基づいた解決策を提案します。

ITコンサルタントの具体的な業務内容は、要件定義やシステム設計の策定、プロジェクトマネジメント、技術の導入支援などです。

ITコンサルタントとSIerとの違い

ITコンサルタントは、ITを活用したビジネス戦略やプロセス改善のコンサルティングに特化した業種を指します。

一方、SIer(System Integrator)は、ITシステムの構築・開発・運用など、システムに関する幅広い業務を行う集団組織です。

SIerにはITコンサルタントやSE、プログラマーなどが所属しており、ITプロジェクトの実行やシステムの開発・導入などに従事します。

ITコンサルタントに向いている人の特徴5つ

ITコンサルタントに向いている人の特徴は、主に以下の5つです。

  • IT全般の豊富な知識がある
  • 論理的に物事を考えられる
  • コミュニケーション能力が高い
  • プロジェクトマネジメントの経験がある
  • タフな精神力を持ち合わせている

自身に適性があるかどうか、指標にしてみてください。

IT全般の豊富な知識がある

ITコンサルタントは、IT技術に関する幅広い知見が求められます。特に要件定義やシステム設計などの上流工程において、IT全般にわたる知識が必要です。

IT知識がなければ、クライアント企業の経営課題を解決する方法を提示できません。たとえば、コンピュータや関連機器、ソフトウェア、セキュリティについての知識を持つことが大事になります。これらの知識を活用してコンサルをすることになるため、各ソフトやハードの機能を押さえておく必要があるのです。

ITの世界は情報のアップデートが早いため、常に最新のトレンドや技術動向を把握し、ビジネスに活かすために学習し続ける姿勢も重要です。

論理的に物事を考えられる

ITコンサルタントは、ビジネス課題の解決策を提案する際に、論理的な思考が求められます。経営層やクライアントに対して、提案内容をわかりやすく説明するために、論理的かつ体系的に考えるスキルが必要です。

論理的に考えるために利用される代表的なフレームワークを2つ紹介します。

  • 3C分析:Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の3つの視点で

   経営戦略を考えるフレームワーク

  • SWOT分析:Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの視点から、現状の自社の外部環境、内部環境の分析を行うフレームワーク

上記のようなフレームワークによって、クライアント企業とも論理的に戦略を立てられるため、活用するとよいでしょう。

コミュニケーション能力が高い

ITコンサルタントは、多くの人と協力して業務を行うため、コミュニケーション能力の高さが必要です。

クライアント企業の経営者層や部門責任者、プロジェクトメンバーと円滑にコミュニケーションを取ることが求められます。また、複数の業界をまたがって業務を行うため、知識や言語化できる範囲も広く必要になります。

相手の意図を理解し、適切な情報を伝える能力や、問題解決に向けたディスカッションを円滑に進める能力が重要です。

プロジェクトマネジメントの経験がある

ITコンサルタントは、プロジェクトが立ち上がると納期に合わせて進捗管理をするため、プロジェクトマネジメントスキルが求められます。

プロジェクトを成功させるために、タスク管理やスケジュール管理、品質管理などが必要です。限られた予算のなかで、効率的にプロジェクトを進めて成果を出すことが求められます。

プロジェクトは、プロジェクトマネージャーを中心に進めていきます。プロジェクトメンバーの一員として、プロジェクトのコストやリソースの管理をしたり、支援をしたりする経験が必要です。

タフな精神力を持ち合わせている

ITコンサルタントの仕事は心身ともにハードです。そのため、ストレス耐性があり、体力も求められます。

クライアント企業のスケジュールに依存することがあり、長時間労働になる場合があります。また、コンサルタントは結果が求められますので、数字の評価がシビアです。数字に向き合うことに慣れている人は向いているでしょう。

心身ともにハードな環境でも、やりがいを感じられる人には適正な業種だといえます。

ITコンサルタントはハードワークと言われている3つの理由

ITコンサルタントは、ハードワークと言われることの多い職業です。

なぜ「ハードワーク」だと言われるのか、主な理由を解説します。

  • 納期のスケジュールがタイトで厳しい
  • 常に最新の知識をアップデートする必要がある
  • 責任が大きい仕事のためプレッシャーが日々ある

転職後にギャップがないよう、あらかじめITコンサルタントのハードな面を把握しておきましょう。

納期のスケジュールがタイトで厳しい

ITコンサルタントは、成果主義です。クライアントの依頼があれば、深夜遅くまで仕事をすることもあり、苦手な分野は勉強しながらでも、結果を出さなければなりません。

案件も多く納期に追われる中、質の高い提案を行うためには、個々の仕事に対する決断力が必要です。また、クライアントに対して適切な解決策を提供するには、時間管理と優先順位の設定が欠かせません。

短期間でプロジェクト完了を求められることもあるため、スケジュールの管理能力は重要です。

常に最新の知識をアップデートする必要がある

ITコンサルタントは常に最新の情報にアクセスし、知識をアップデートする必要があります。

業界のトレンドや競合他社の動向、最新のIT技術など、クライアントに対して有益な情報を提供するためには、常に学習と情報収集を行うことが必要です。

IT分野は急速に進化しており、新しい技術や手法が現れるスピードが早いため、常に学び続ける姿勢が求められます。

責任が大きい仕事のためプレッシャーが日々ある

ITコンサルタントは、クライアント企業の経営に関わる重要な役割を担っています。課題解決や改善策の提案によって、企業の成功や失敗に大きな影響を与えることがあります。

また、コンサルティング費用は一般的に高額であり、その費用に見合った成果を出すことが必須です。成功すればクライアント企業の発展に貢献できますが、逆に失敗すると企業にとって大きな損失になる可能性もあります。

このような責任とプレッシャーに対して、ITコンサルタントは日々立ち向かうことが必要なのです。

ITコンサルタントへの転職がおすすめの人

ITコンサルタントへの転職がおすすめの人の特徴は、主に以下の3つです。

  • 高い年収が欲しい人
  • 大きな達成感を味わいたい人
  • 成長意欲が高い人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

高い年収が欲しい人

ITコンサルタントの転職先には、年収1,000万円以上の条件を提示している企業が多くあります。中には1,500万円という条件の企業も存在します。

大卒や大学院卒の新卒入社が年収500万円を得るのも容易ではありませんので、ITコンサルタントの給与は高額と言えるでしょう。

もし、高い年収を実現したいと考えているのであれば、ITコンサルタントへの転職は魅力的な選択肢です。

大きな達成感を味わいたい人

ITコンサルタントは大規模なプロジェクトに携わることがあり、そのプロジェクト目標を達成した時には大きな達成感を味わえます。

クライアント企業の課題解決に貢献し、ビジネスの成果に直結することで自己成長を実感できるでしょう。また成果の内容次第では、同クライアントから次のプロジェクトの依頼や、別企業の案件紹介などに繋がる可能性があります。

もし、自分の仕事にやりがいや達成感を求めているのであれば、ITコンサルタントへの転職は最良の選択かもしれません。

成長意欲が高い人

ITコンサルタントの仕事は常に変化しています。定常業務は限られており、閑散時期には自己啓発に努める必要があります。

時代の流れを敏感に感じ取り、常に新しい知識や情報を得て自らの知識やスキルを更新しなければなりません。

IT業界は日々進化しているため、成長意欲が高く、常に自己成長を追求したいと考えている方には、ITコンサルタントへの転職が適しているといえるでしょう。

ITコンサルタントへの転職を希望する人はシーカーズポートへ!

高い年収を狙いたいかつ、成長意欲が高い人にとっては、ITコンサルタントはおすすめの職業です。ただしITコンサルタントはハードワークな一面もあります。

本当に、自分がITコンサルタントへの転職に向いているのか適性を判断するのであれば、プロの目から判断してもらうとよいでしょう。シーカーズポートは、ITやゲーム業界に特化した転職支援サービスを展開しています。専門のキャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれるので、ぜひ利用してみてください。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います