転職マガジン

20代は未経験でもITに転職できる?求められるスキルや転職活動でやるべきことを解説

目次

「20代IT未経験でもIT業界に転職できる?」

「IT業界への転職活動で事前にやっておくべきことは?」

上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

IT業界は人材不足が問題視されており、20代は成長する見込みが高いので、企業からも求められる傾向があります。とはいえ、パソコン操作スキルや最低限のIT知識は欠かせないため、IT業界へ転職する際には勉強しておきましょう。

本記事では、20代未経験でもIT業界へ転職できる理由を詳しく解説します。転職するにあたって必要な能力や成功させるためのコツも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

20代は未経験でもIT業界へ転職できる

20代は未経験でもIT業界へ転職できる可能性が高いです。

主な理由に、以下の3つが挙げられます。

  • IT業界は人材不足が問題視されている
  • 20代は成長する見込みがある
  • 学歴ではなくスキルで判断される

20代未経験でIT業界へ転職しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

IT業界は人材不足が問題視されている

20代でIT未経験でも転職できる理由として、IT業界が人材不足に悩まされていることが挙げられます。

インターネット技術の目まぐるしい発展によって、IT人材の不足は現在も問題視されていますが、将来的に見るとさらに加速していく見通しです。経済産業省の「IT 人材需給に関する調査」によると、2030年には79万人のIT人材が不足するとされています。

慢性的な人手不足なので、未経験でも採用される可能性は高いでしょう。

関連記事:「IT 人手不足」

20代は成長する見込みがある

20代での転職は第二新卒という枠もあるように、入社後に成長する見込みが高いとされています。

前職で勤めていた企業の社風に染まりきっておらず、30代以上に比べて、新しい環境や仕事内容に柔軟に対応できる力があると見込まれるためです。

学歴ではなくスキルで判断される

そもそもIT業界では、学歴や年齢よりもスキルで仕事の適性を判断されることも、未経験転職が実現しやすい理由の1つです。

たとえ未経験であっても、ITの知見やスキルの習得スピード、応用性があれば、入社後に活躍できる可能性が十分に見込めます。

IT未経験の20代が転職するときの注意点

IT未経験の20代が転職するときの注意点は、主に以下の3つです。

  • 基本的なITスキルは身につけておく
  • 自分のやりたい仕事ができるかを明確にする
  • 教育や働くための環境は整っているか確認する

基本的なITスキルは身につけておく

転職活動を始める前に、基本的なITスキルを身につけておくようにしましょう。IT未経験とはいえ、ショートカットキーやメールの受送信、チャットツールの使い方など、最低限のパソコン操作スキルがないと業務に取りかかること自体が難しくなってしまいます。

仮に即戦力ではなく将来性を採用基準としていても、基本的なITスキルを教えることにリソースを割いて本来の業務が滞ってしまっては、企業側は本末転倒です。

転職する前にYouTubeやインターネット、書籍などを活用して最低限のITスキルは勉強しておきましょう。

自分のやりたい仕事ができるかを明確にする

IT業界へ転職する際には、自分のやりたい仕事ができるかを調べておくことも大切です。

IT業界とはいえ、大手企業では細かく分業化されているところもあり、希望した職種であっても望んだ仕事内容に携われない可能性もあります。

一方で成長段階にあるベンチャーやスタートアップ企業では、人員が少ないために就いた職種の一般的な業務範囲外の仕事を振られることがあるでしょう。

転職活動を始める際は、企業規模に関係なく事前に労働環境をリサーチしておきましょう。

教育や働くための環境は整っているか確認する

未経験からIT業界へ転職する際には、教育制度や働くための環境が整っているかを確認することも重要です。

ベンチャーやスタートアップ企業はまだまだ社内制度が整っていないところも多く、新人を研修するためのプログラムが用意されていない場合もあります。また、既存社員が忙しいために、入社後に仕事を教えてもらえないまま業務を任され、結果的に「仕事ができない人」というレッテル貼られてしまう可能性も考えられるでしょう。

未経験を理由に自身のスキルに自信がない場合は、教育環境のしっかりした企業に入社した方がよいです。

IT未経験の20代に企業が求める能力・スキル

IT未経験の20代に企業が求める能力・スキルは、主に以下の3つです。

  • 様々なことを学ぶ高い向上心
  • 論理的思考力
  • 人に質問できるコミュニケーション能力

さまざまなことを学ぶ高い向上心

20代IT未経験の人に企業が求める能力として、さまざまなことを学ぶ高い向上心が挙げられます。

IT業界は変化の激しいため、一度覚えたからと学ぶことをやめずに、自ら常に最新情報をアップデートする姿勢が求められるからです。

たとえば、最近ではChatGPTといった生成系AIが話題になっています。もし自分の業務と直接は関係なかったとしても、携わっているツールやシステムが将来的に生成系AIシステムと連携するような話が出るかもしれません。いざそうなったときに学び始めるのではすぐに業務に活かせないので、日ごろから自分の引き出しを増やす努力は惜しまないようにしましょう。

論理的思考力

論理的思考力も、未経験からIT業界で働くには必要な能力といえます。プログラミング業務はエラーが頻発する作業のため、物事を論理的に考えて何が原因かを追及する必要があるからです。

エラーが起きたときにやみくもに動いては事態を悪化させかねないので、焦らずに論理的に対処できることは重要です。

人に質問できるコミュニケーション能力

IT職種によってはチーム単位で作業する案件もあるので、コミュニケーション能力も必須です。なかでも、わからないことをわからないままにせず、人に質問できることは大切なスキルといえます。

わからないままにしてしまうと予期せぬトラブルにつながったり、そもそも作業を進められなかったりするでしょう。また企業の風土によっては、知らないことを任されたからと教える時間を割いてくれるわけではなく、都度で自分から聞きにいかないと放置されてしまうところもあります。

仕事に対する意欲も見せられるので、積極的に質問するように心がけましょう。ただし質問するときは、相手の時間を無駄に奪わないよう、前もってアポを取るなどするのが社会人のマナーです。

IT未経験の20代が転職を成功させるためにやるべきこと

IT未経験の20代が転職を成功させるためにやるべきことは、以下の5つです。

  • ポートフォリオ制作
  • 資格取得
  • 企業リサーチ
  • 志望動機の作りこみ
  • 面接対策

ポートフォリオ制作

IT転職を成功させるためには、ポートフォリオ制作が重要です。制作したポートフォリオは、自分のキャリアやスキルなどを企業にうまく伝える一助となります。

仮に企業からの指示としてポートフォリオ提出が含まれていなかった場合、用意している応募者が少なければ差別化となり有利になるかもしれません。

また、ポートフォリオ制作をすることはアウトプットの練習にもなるので、転職を成功させたいのであればぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。ポートフォリオについては以下の記事もご参考ください。

関連記事:ポートフォリオの自己紹介例文3選!プロフィールの重要性や書き方のポイントを解説

資格取得

IT転職を成功させるためには、資格取得も有効です。資格は目に見える努力の結果ともいえるので、採用者に直接アピールしやすいメリットがあります。

また、実務としては未経験であっても、知識があることの証明になります。

なお、システムエンジニアを希望している場合は、以下の記事で有利な資格を紹介しているのでぜひお読みください。

関連記事:システムエンジニアに向いている人は?特徴やスキル・資格について解説

企業リサーチ

IT転職を成功させるためには、企業リサーチは欠かせません。企業リサーチをすることで、具体的な志望動機を作れるだけでなく、採用者側が求めている回答を用意しやすいといったメリットがあるからです

面接の中で行われる逆質問では、当たり障りのない質問をするよりも、「自分で調べただけではわからなかったことを聞きたい」という意欲的な姿勢を見せることが大切です。たとえば、「御社では○○に関わっていると拝見しましたが、具体的にどのような業務で携わっているのでしょうか?」といったように、踏み込んだ聞き方をするときに有効です。

見当違いな質問をしたり、「調べればわかることを聞かれている」と思われないよう、事前の企業リサーチは入念に行いましょう。

志望動機の作りこみ

IT転職を成功させるためには、志望動機の具体性が重要です。IT未経験で転職しようと志望動機を書くと、ワークライフバランスや年収が高いことに憧れたといった、他の職種でも言えるような動機になりやすい傾向があります。

企業から見ると、意欲が低いと捉えられかねません。そのため、企業リサーチと自己分析を徹底したうえで、志望動機を作ることが重要です。

なお、志望動機については以下の記事もご参考ください。

関連記事:SEの志望動機の書き方|ポイントや例文も解説

関連記事:社内SEの志望動機の書き方を徹底解説!ポイントや例文も紹介

関連記事:【転職向け】インフラエンジニアの志望動機の例文を紹介!ポイントや注意点も解説

面接対策

IT業界に限らず、転職を成功させるためには、面接対策は必要です。

「面接は準備しない方がいい」という意見も稀にありますが、自分の考えをまとめられていないと「話が長く何が言いたいか伝わってこない」「とってつけたような意見で熱意を感じられない」などと採用者に思われかねません。

転職の軸や志望動機、退職理由など、必ず聞かれる定番の質問に対しては、考え込まずに回答できるよう準備しておきましょう。

関連記事:「面接 準備しない方がいい」

IT業界への転職はスピード感が大切!

本記事では、20代未経験でもIT業界へ転職できる理由を紹介しました。20代未経験でもIT業界へ転職できる理由として、年齢的に成長の伸びしろが見込めることや人材不足が深刻化していることなどが挙げられます。逆に言えば、30代以降の世代が未経験でIT業界へ飛び込もうとすると、いまより年収が下がるリスクなどを考慮しなければなりません。

より好条件で転職先を探すならば、転職エージェントの利用がおすすめです。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職サービスを展開しています。専門のキャリアアドバイザーが、一人ひとりに合った求人を提案してくれます。まずはお気軽に無料の転職相談を利用してみてください。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います