転職マガジン

Webデザイナーの平均年収はいくら?求められるスキルや給料アップの方法を解説

目次

「Webデザイナーの平均年収は?」

「将来性はあるの?」

Web業界で仕事を探している人のなかには、上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。結論、Webデザイナーは平均年収約480万円で将来性があり、マネジメント能力や営業力など別のスキルを掛け合わせれば年収1,000万円を目指せる職業です。

本記事では、Webデザイナーの平均年収と将来性について詳しく解説します。求められるスキルも紹介するので、Webデザイナーを目指している人は最後までお読みください。

Webデザイナーの平均年収は約480万円

Webデザイナーの平均年収は約480万円です。(参照元:Jobtag|厚生労働省)

厚生労働省が発表している「令和4年賃金構造基本統計調査」によると日本の平均年収は約311万円なので、Webデザイナーは平均よりも高い年収の職業であるとわかります。

Webデザイナーの平均年収が比較的高い理由は、デザインやWebマーケティングスキルといった専門的な能力が求められるからです。

スキルを身につけるのに最低限の勉強が必要なため、Webデザイナーの平均年収は高くなっているのです。

Webデザイナーの将来性は?

Webデザイナーは将来性のある職業です。

将来性があると考えられる理由として、以下が挙げられます。

  • Webに関する知識を持った人の需要が年々増加している
  • IT人材の不足が深刻化している
  • DXやオンライン化が促進しているためWebデザイナーが足りていない

Web業界の需要は年々増加してきています。実際、経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると2030年には約45万人のIT人材の不足が予測されると発表されています。

そのため、IT職に位置するWebデザイナーはこれからも市場から求められる職業になり得ると言えるでしょう。

加えて、近年はDXやオンライン化が推進しているため、即戦力になるWebデザイナーの採用を強化している企業が多くなってきています。

能力があることが前提であるものの、Webデザイナーは企業から求められ続ける需要の高い職業です。

Webデザイナーが求められるスキルは3つ

Webデザイナーが求められるスキルは、以下の3つです。

  • デザイン・ツールに関する知識
  • Webマーケティングに関する知識
  • 最新トレンドに対するアンテナ

これからWebデザイナーを目指している人は、ぜひ参考にしてください。

デザイン・ツールに関する知識

Webデザイナーは、デザインを制作することが主な仕事なため、デザインの知識やツールを使いこなせることは必須です。

具体的には、以下の知識が求められます。

  • 色彩や線の引き方
  • 余白のつけ方
  • 色の配色比率や色合いに関する知識
  • PhotoshopとIllustratorを使いこなせる知識

デザインと一言で言っても、色の相性や配色比率など作品を制作するためにさまざまな知識が必要です。特に、PhotoshopとIllustratorはWebデザイナーとして活動に必須のツールとなるため、必ず使いこなせるようにしましょう。

勉強する主な方法としては、デザインスクールに通う方法とYouTubeで独学することが考えられます。

デザインスクールは費用がかかるため、「デザインに少しだけ興味がある」「Webデザイナーの仕事が気になる」といった軽度な関心度であれば、無料で学べるYouTubeから勉強するのがおすすめです。

Webマーケティングに関する知識

Webデザイナーは、Webマーケティングに関する知識があると単価が上がることがあります。企業はデザイナーに売上を伸ばせるようなデザインを求めているからです。

とはいえ、売上を伸ばすためにマーケティングを勉強すると言っても幅が広いため、すべてを網羅する必要はありません。一番大切なのは、マーケティングの基礎である市場やアクセスの解析です。

競合他社や市場を徹底的に分析して、ユーザの悩みや顧客が求めていることを洗い出すことで売上につながるデザイン制作ができるようになります。

同様にデザインが決まって市場に出された際には、常に顧客がどんな動きをしているかをアクセス分析して改善し続けることもデザイナーに求められるマーケティングスキルの1つと言えます。

最新トレンドに対するアンテナ

Webデザイナーに求められるスキルとして、トレンドを常に追い続けること挙げられます。

IT業界は常に新しいものが出るため、最新トレンドをキャッチアップしていかないとクライアントや同僚との話がかみ合わなくなり、市場価値が徐々に落ちていきます。

特に独立しているWebデザイナーは企業とは異なり、情報を入手しにくく同僚もいないため、勉強に対するモチベーション維持が難しい環境です。

したがって、気付いたら市場から求められない人材になっていることがあります。変化の激しいWeb業界では、日々勉強をして最新の情報に触れる向上心が必要です。

Webデザイナーで年収1,000万円は目指せる?

Webデザイナーは結論、1,000万円を目指せる職業です。

理由として、需要が増えている、IT人材不足が深刻化しているなどが挙げられます。とはいえ、Webデザイナーとしてデザインのスキルを目指しているだけでは年収1000万円を達成するのは難しいでしょう。

そこで本章では、年収1,000万円を達成するために必要な4つの要素を紹介します。

  • 企業にアピールできる実績
  • マネジメント能力
  • 営業力・コミュニケーション能力
  • コピーライティング・サイト設計能力

Webデザイナーとして年収1000万円を目指したい人は必見です。

また、年収診断では、業界や同世代の年収を確認できます。Webデザイナーは、どれくらいの年収を目指せるのか現実的な値が知りたい人はぜひご利用ください。

年収診断はこちらから!

企業にアピールできる実績

Webデザイナーとして年収1,000万円を達成するには、企業にアピールできる実績が必要不可欠です。

営業したときに企業の目に留まる実績があると、ヘッドハンティングや案件をもらえるなどのメリットがあるからです。特に企業ではなく、独立している人に案件を依頼する場合、高品質な作品が納品されるとは限りません。

そのため、アピールできる実績があると企業も判断しやすいため、営業がスムーズにいきます。とはいえ、自分の実力を示すものでないと効果がありません。

たとえば、他の人にほとんど修正されているデザインや自分が一から制作していない作品などが挙げられます。

したがって、Webデザイナーで1000万円を目指したい人は自分が制作した作品、かつ企業に高品質と思われるような実績を作ることにフォーカスしましょう。

マネジメント能力

Webデザイナーとして年収1,000万円を達成するには、マネジメント能力が必要です。マネジメント能力があると、チーム化をして一人では対応できない規模の案件に対応できます。

組織作りに成功すれば「納期に遅れにくくなる」「品質を上げることにより集中できる」などさまざまなメリットがあるため、Webデザイナーとして年収1000万円を達成するには、必要不可欠のスキルと言えます。

とはいえ、Webデザイナーとしての能力がなければ人に指示を出すことはできません。

したがって、デザイン知識やツールを使えこなせない人は、マネジメント能力より先にデザイナーとしての能力を向上させることが必須です。

営業力・コミュニケーション能力

Webデザイナーで年収1000万円を達成するには、営業力とコミュニケーション能力は必須です。年収を上げるためには今以上に多くの案件をこなすか、単価を見直すかの2パターンしかありません。

そこで営業力があれば、多くの案件や単価の高い仕事を制約させられるため、年収向上が見込めます。とはいえ、制約させただけで継続の案件につながらなければ、1000万円は到達できません。

したがって、依頼者の意向をくみ取り、クライアントが満足いくデザインを納品するためにもコミュニケーション能力は必要不可欠です。

仮にコミュニケーション能力が不足していると、クライアントとの想像が異なる、デザインを納品していまい仕事が継続しない、評価を落としてしまうなどといったデメリットがあります。

営業力も大切ですが、クライアントの意図をくみ取れる高いコミュニケーション能力も年収1000万円を達成には必要な能力です。

コピーライティング・サイト設計能力

Webデザイナーで年収1000万円を達成するのに必要な能力として、コピーライティングやサイト設計能力が挙げられます。

コピーライティングもサイト設計能力も企業の売上に直結するため、年収の向上を見込めるスキルです。特にコピーライティングは、商品やサービス成約率に影響を与えるため、デザイン制作において非常に重要な要素です。

また、企業によっては報酬の何%といったレベニューシェアで契約できるところもあるでしょう。

したがって、コピーライティングやサイト設計能力を学び、よい成果を出せればWebデザイナーとして年収1000万円も目指せます。

Webデザイナー職で年収を上げたいならシーカーズポートに相談しよう

本記事では、Webデザイナーの年収から将来性までさまざまなことを解説しました。Webデザイナーは平均年収480万円ほどで、今後もIT人材の不足やDXの推進により需要のあると考えられる職業です。マーケティングスキルやコピーライティングといった売上に直結するスキルを身につけたり、組織化して案件を多く抱えたりすることで、年収1000万円を目指せる可能性もあります。

Webデザイナーに転職したいと考えている人は、ぜひシーカーズポートへご相談ください。IT業界に特化した専門のキャリアアドバイザーが企業と直接交渉するので、IT転職に関する失敗や成功談など生の情報を聞けます。

まずは、下記から当社のキャリアアドバイザーに相談しましょう。

無料転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います