転職マガジン

転職が不安に感じる主な原因は6つ!解消する方法や失敗しないコツを紹介

目次

「転職したいけど失敗しないか不安…」

「転職を成功させるコツがあれば知りたい」

転職を検討しながらも、失敗する不安からなかなか一歩踏み出せない人はいるでしょう。しかし、勇気を出して行動したことによって転職した人の53.4%が、満足した転職ができたというデータがあります。(参照:厚生労働省令和2年転職者実態調査

初めて転職する人だと経験がないため、不安になる気持ちもあるでしょう。この記事では、転職に不安を感じる人の解消法や、失敗しないコツについて解説します。ぜひ参考にしていただければ、転職の不安を解消でき、一歩踏み出せることができます。

転職が不安に感じる主な原因6つ

転職には、さまざまな不安の要素があります。

代表的な原因としては、以下の6つが考えられます。

  • 転職活動の方法がわからない
  • 自分に合う転職先がわからない
  • 年齢的に転職できるのか
  • 家族を説得できるのか
  • スキル不足でも転職できるのか
  • 収入面や待遇面が悪化しないか

転職を検討している人は、人によって不安の種類が異なります。あなたの悩みがどれに当てはまるのか確認してみてください。

転職活動の方法がわからない

転職が初めての人では、何から始めていいのかわからないため不安を感じます。なぜなら、転職は未知の領域のため、教えてくれる人がいないからです。

周りに転職した経験がある人がいれば、転職活動がどういう流れなのか聞くことができます。しかし、周りに転職した人がいない人では、具体的な流れや、転職するまでの期間についてイメージできないため不安になります。初めての転職は、経験のないところに飛び込むので不安を感じます。

転職の第一歩としては、転職サイトや転職エージェント、公共職業安定所に登録することが重要です。

自分に合う転職先がわからない

転職したいと思っていても、自分に合う転職先がわからないため不安を感じます。転職を検討している人では、今の仕事が自分には合わず、違う仕事をした方がいいのではないかと考えるでしょう。

しかし、自分にはどんな仕事が向いているのかわからないため、不安を感じます。未経験の職種や業種にチャレンジする場合だと、特に自分を採用してくれる企業がないのではないかと不安を持つでしょう。

自分に合う転職先を見つけるには、自己分析を行い自身の強みを明確にすることが重要です。これまで自分が相手にして褒められたことや、得意なことなどを振り返えるといいでしょう。

年齢的に転職ができるのか

転職を検討する人の年齢が30歳以降では、転職できるのか不安になります。なぜなら、転職市場においては、35歳という大きな分岐点があるといわれているからです。

しかし、実際年齢を理由に不採用になることはありません。2007年の法律で、事業者が労働者を採用する場合、年齢に関係なく均等な機会を与えなければいけないという年齢制限の禁止が義務化されました。(参照:厚生労働省|募集・採用における年齢制限の禁止について

したがって、年齢を理由に転職できないことはありません。とはいえ、35歳以上では、応募できる求人は減っているので、専門性やマネジメント力が求められるでしょう。

家族を説得できるのか

家族がいる人では、転職を切り出すのに勇気が必要です。また、転職を説得できるか不安になります。なぜなら「嫁ブロック」という言葉もあるように、高い確率で転職を反対されるからです。

転職する場合、収入面や生活スタイルの変化といった不安要素が考えられます。家庭の収入柱であるあなたの転職は家族にとって大きな問題になります。

相談するときには、転職という言葉は避け、職場で悩んでいることや不満、あなたが目指している将来像について理解してもらう事から始めるといいでしょう。少しずつ理解を得られるよう、転職の同意を得ることが大切です。

スキル不足でも転職できるのか

現職で評価されていても、別の業界や職種の転職を検討する場合、不安になります。なぜなら、スキル不足の転職では、現職と同じように評価されるか考えてしまうからです。

スキル不足の転職では、企業に応募する前に、あなたの市場価値について把握する必要があります。

転職価値は4つの構成から人材の価値が判断されます。

  • 資格やスキル
  • ポータブルスキル
  • 経験や実績
  • キャリアプラン

4つのバランスがいい人ほど、市場価値が高く転職もしやすい傾向です。

転職価値を知るには、転職エージェントに相談すればわかります。業界や職種に精通したアドバイザーが、ヒヤリングしあなたの市場価値を分析してくれます。シーカーズポートの転職相談サービスは無料で利用できるので、気になる方はぜひ相談してみてください。

収入面や待遇面が悪化しないか

転職する場合、現職よりも収入や待遇が悪くなってしまうのではないかと不安に感じやすいです。実際、厚生労働省が実施した調査によると、転職した人の32,5%で賃金が減少したと報告されています。(参照:厚生労働省|令和3年雇用動向調査

ハイクラスやキャリアアップ転職ではない場合、転職しても評価されるまでは、収入が下がる場合があったり、待遇が悪くなったりする場合が考えられます。

転職の年収は基本的に、経験やスキルによって決定されやすいです。年収を下げたくない場合は、現職と同様の職種や、業種の転職をすることで収入の不安は減少されるでしょう。

しかし、明確な目標から未経験を目指したい場合、収入や待遇面のリスクもあると念頭に置き、転職活動する必要があります。未経験で収入アップを目指すなら、金融やIT、不動産など年収が高い転職がおすすめです。

転職の不安を解消する方法

転職には不安がつきものです。しかし、不安を解消できれば、積極的な活動ができます。

この章では、転職の不安を解消する方法として3つ紹介します。

  • 信頼できる人やプロの人に相談する
  • 転職先に自身の希望の全てを求めない
  • 応募書類や面接対策を行う

転職について理解できれば、心のブロックを外せることができ、転職に挑戦できるでしょう。

信頼できる人やプロの人に相談する

転職は、信頼できる人や、プロの人に相談することで不安は解消されやすいでしょう。なぜなら、転職についてアドバイスを受けられるからです。

不安を持ったままでは、転職に一歩踏み出せなかったり、活動しても途中で挫折してしまったりする可能性があります。

その他にも、相談できない場合のリスクについては、以下が考えられます。

  • 書類が選考されず自分には無理だと思ってしまう
  • 書類選考や面接を突破できず、視野が狭くなり判断を誤る
  • このまま転職活動していていいのかわからなくなる

転職する際は1人で悩まず、信頼できる人や転職のプロに相談すれば、不安は解消され納得した転職ができるでしょう。

転職先に自身の希望の全てを求めない

転職活動では、転職先にあなたの希望する条件を求めないことが重要です。なぜなら、あなたの希望通りの企業を求めれば、求人に応募できる企業が限られてくるからです。

あなたの希望を満たす企業を探すのも容易ではありません。完璧な条件を求めれば、転職の幅も狭くなり転職も実現しにくいでしょう。

転職の不安を解消するには、希望条件に優先順位をつけ、自分に合う企業を見極めることが重要です。転職は、自身の希望や条件を求めないことで不安を解消できるでしょう。

応募書類や面接対策を行う

転職の不安を解消するには、応募書類や面接対策を行うことが重要です。なぜなら、書類や面接は転職では、企業があなたを採用する判断材料に大きく影響するからです。

例えば、スキルが高くても書類が適当に作られていたり、面接で適切な回答ができなかったりすれば、採用されないでしょう。採用される確率が低くなれば、不安も大きくなります。

したがって、転職の不安を解消するには、応募書類を入念に作成したり、面接対策をしっかり講じたりすることが重要です。転職の準備をしっかり行えば、転職できる可能性が高くなるでしょう。

転職で失敗しないための6つのコツ

転職の不安を解消する方法について前章で解説しました。しかし、不安は少なからずあるものです。ここからは、失敗しないコツを理解できれば転職は成功しやすいでしょう。

これまで転職で失敗した人の特徴から、成功する方法について5つ紹介します。

  • 退職するまで上司や同僚に言わない
  • 企業のリサーチをする
  • 転職先が見つかるまで退職しない
  • 家族の同意を得てから転職活動する
  • 転職先で実現させたいことを明確にする
  • 転職エージェントを利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

退職するまで上司や同僚に伝えない

転職に失敗しないためには、退職が決まるまで、上司や同僚に伝えないことが重要です。なぜなら、引き留めにあったり、ネガティブなことを言われたりする可能性があるからです。

例えば、ネガティブなことでは「君には転職なんて無理だ」「今の仕事もできないのに他の仕事ができるわけない」と言われたりすることも考えられます。

また、職場内での求人票の閲覧や、エージェントとの連絡は、誰かが見たり聞いたりしている可能性があるため、引き留めに会う可能性もあるでしょう。

職場の方にバレて転職が失敗する人は、あなたの言動が原因です。転職を成功させたいなら、職場では転職の言葉は伏せるようにしましょう。

企業のリサーチをする

転職で失敗しないコツは、企業のリサーチが重要です。なぜなら、自分とマッチする企業なのか理解できるからです。

リサーチのない転職リスクは、目の前の扉がどこに続いているか見ずに、暗闇の中を歩くようなものといえるでしょう。

リサーチする内容としては、主に以下が挙げられます。

  • 企業理念
  • ビジョン
  • 企業の評判
  • 企業の強みや弱み
  • 年収

企業のHPや、Web検索すると情報が開示されています。また、最近ではSNSを活用している企業もあるので、InstagramやX、YouTubeでリサーチするのもおすすめです。

またリサーチをすれば、面接の際にも企業側に入社したい熱意が伝わりやすくなります。ぜひ、応募する前に企業について把握し、転職の失敗を防ぎましょう。

転職先が見つかるまで退職しない

転職の失敗を防ぐには、新しい職場が見つかるまで退職しないことです。なぜなら、退職してしまうと気持ちに余裕がなくなり、失敗する可能性が高くなるからです。

心に余裕がなくなれば、収入面の不安が大きくなり、どこでも良いから早く転職したいと焦りが出てきます。転職を焦ると、自分に合う企業の判断ができず、失敗につながる可能性が高いです。

手当たり次第の求人応募では、ブラック企業に当たる確率も高くなるでしょう。転職の失敗を防ぐには、転職先が見つかるまでは現職を続けながら、新しい職場を探すことが重要です。

家族の同意を得てから転職活動をする

家族がいる人は、同意を得てから転職活動をしましょう。転職によって、生活レベルや習慣が大きく変わる場合があります。

家族の同意のない転職は、以下のリスクが考えられます。

  • 収入ダウンによる生活の困窮
  • 家族間の亀裂
  • ライフスタイルの悪化
  • 家庭崩壊の可能性

また、面接時に「転職は家族に同意を得られているのか」と質問される場合があります。

家族の同意を得られていない場合、内定後に辞退される恐れもあるので、企業側としては採用に思いとどまる場合も考えられます。したがって、転職活動する前に家族の同意を得るのが重要です。

転職先で実現させたいことを明確にする

転職においては、「ここだけは妥協したくない」という条件を明確にするのが重要です。合わせて、なぜ妥協したくないのかも言語化するといいでしょう。

条件の優先順位が高い企業を選べば、転職の失敗は防ぎやすくなります。例えば、ワークライフバランスを重視したいのに、給与が高いからといって入社すれば、残業続きだった場合も考えられるでしょう。

転職しても実現できなければ、早期退職にもつがなりやすくなります。転職する際は、自身の実現したいことを明確にすることが失敗を防ぐコツです。

転職エージェントを利用する

転職を失敗しないコツは、転職のプロにサポートしてもらうのが最善策です。なぜなら、転職エージェントにサポートしてもらえば、あなたと企業をマッチングしてくれるからです。

転職エージェントでは、専属のアドバイザーが1人担当します。面談時に転職先の条件や自分にはどんな企業が合うのか相談できます。

また、書類作成や面接対策など、転職における全てのサポートが可能です。心強いサポートが受けられるため、1人で転職活動するよりも失敗する確率は低くなります。転職の失敗を防ぎたいならまずは、無料で受けられる転職相談へお問い合わせください。

転職活動に不安があるならシーカーズポートへ相談を!

本記事では、転職が不安になる人の特徴について紹介しました。転職に不安になるのは当然です。しかし、不安を感じている原因を理解して解消し、失敗しないコツを実践すれば、一歩踏み出しやすくなります。

失敗しない転職を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。シーカーズポートでは、専門のキャリアアドバイザーが一人ひとりに合った求人を紹介できます。まずはお気軽に無料転職相談をしてみてください。

転職無料相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います