転職マガジン

転職活動にかかる期間はどれくらい?目安と長引かせないコツも紹介

目次

「転職がどれくらいで決まるのか目安となる期間を知りたい」

「どれくらい前から準備すべきなのか知りたい」

これから転職を始める人の中にはこのように思っている人も多いでしょう。

この記事では活動準備から内定をもらって退社までのステップにわけて、目安となる期間を解説します。また、長引かせないスケジュール作成のコツや、転職活動は在職中からと退職してからはどちらがよいのかもわかるので、最後まで読んでぜひ参考にしてください。

【ステップ別】転職活動にかかる期間の目安

転職活動にかかる期間の目安をそれぞれの段階別に解説します。なお、今回は在職中に転職活動をすると想定したスケジュールです。

準備から退社までのおおまかなステップと目安となる期間は次のようになります。

  1. 活動準備|平均1週間
  2. 活動開始から応募までの期間|平均3週間
  3. 応募から内定までの期間|平均6週間
  4. 内定から退社までの期間|平均2週間

それぞれ詳しく解説します。

Step1.活動準備|平均1週間

活動準備にかかる期間の平均は1週間です。

この時期に行うべきことは以下の3つとなります。

  • 判断軸の決定
  • 自己分析
  • 情報収集

特に判断軸はミスマッチを防ぐためにも重要となるため、転職後どうなりたいかをもとに判断するのがポイントです。たとえば、5年後はこうなっていたいなど具体的なビジョンが描けると判断軸が決めやすくなり、業界や職種が絞れます。

また、活動手段も決めておいたほうがスムーズに進みます。求人サイト・ハローワーク・転職エージェントなど自分にあった手段を選ぶとよいでしょう。特に、転職エージェントなどは会社によって得意な分野や業界に特化していることが少なくありません。

軸が決まれば、自が希望する業界を得意とするエージェント選びも可能なので、しっかりと自己分析して判断軸を決めましょう。

Step2.活動開始から応募までの期間|平均3週間

活動を開始してから応募するまでの期間は平均3週間が目安です。

応募のポイントは以下の2つがあります。

  • 複数社を比較しながら検討する
  • 数社まとめて応募する

求人情報を多く見ることで気になる業界を発見する可能性があり、今まで自分が興味をもたなかった仕事にも目を向けることで選択肢が増えます。

また、1社ずつ応募して不採用になってから別の企業に応募するのでは効率が悪く時間もかかるため、複数の企業にまとめて応募すれば短期間に複数の面接が可能です。

しかし、スケジュールを詰めすぎるとパンクする恐れがあるため、無理のない範囲で複数の企業を比較しながら応募しましょう。

Step3.応募から内定までの期間|平均6週間

応募してから内定が出るまでの平均期間は6週間です。多くの企業に応募すればより早く内定がもらえる可能性があります。一方で、応募先が多くなるほど書類作成や企業研究に費やす時間も長くなるので注意しましょう。

転職エージェントを利用しない場合はスケジュールを自分で調整しないといけないため、複数応募した際はしっかりと管理が必要となります。できるだけ多くの企業に応募して確率を上げるために、有給休暇を上手に利用して活動に充てる時間を確保するのもひとつの方法です。

Step4.内定から退社までの期間|平均2週間

法的には2週間前に申し出れば退職できます。しかし、後任への引き継ぎや業務上のポジションにもよりますが、最低1か月以上を今の会社から求められることも少なくありません。一般的には、退職1カ月前を目安に退職の意思を伝えることがほとんどです。

就業規則で退職に関するルールが決まっている企業もあるため、事前に確認しておき必要であれば内定先に入社時期を交渉しましょう。

ただし、後任が決まらないことを理由に、転職先の入社日を引き延ばすことは内定取り消しにつながりかねないので注意が必要です。

転職活動を長引かせないスケジュール作成のコツ

転職活動が長引けばストレスの原因となり、モチベーションが下がるなどの影響が出ることがあるため、ポイントをおさえて効率よく進めることが重要です。

活動を長引かせないためのスケジュール作成のコツを7つ紹介します。

  • 転職の目的をはっきりさせる
  • 期間を明確にする
  • 自己分析を行う
  • 情報収集をしっかり行う
  • 優先順位をつける
  • 応募先を絞りすぎない
  • 転職エージェントを利用する

できていない項目があれば、すぐに見直しましょう。

転職の目的をはっきりさせる

「なぜ転職したいのか」をはっきりさせることが重要です。方向性を定めることで転職先に求める条件が明確になり、転職の軸が決まります。

目的が曖昧なまま転職活動を進めると、応募企業を絞れないことや面接まで進んでも気持ちに迷いが生じる可能性があり、結果的に長期化する可能性が高いでしょう。

また、軸が定まっていなければ志望動機に説得力が出ないため、内定の確率が下がります。

目的をはっきりさせるためのポイントは以下の通りです。

  • 現状の何を改善したいのか
  • 仕事において自分が大切にしたいこと
  • 自分の強みを今後どう活かしたいか
  • どんな仕事や環境なら楽しく働けるのか
  • 将来どんな自分になりたいのか

上記をひとつずつ考えれば、目的が明確になります。

期間を明確にする

無計画のまま転職活動を進めてしまうと、無駄に時間が過ぎていきます。特に、在職中に転職活動を行う場合は、仕事が忙しく活動を後回しにしがちです。活動期間が長くなると気持ちが薄れていくことも多くあります。

「いつまでに転職活動を成功させる」という具体的な期限を設定し、ゴールから逆算してスケジュールを考えるのも長引かせないポイントです。「いつ転職を決めたいのか」「そのためにはいつまでに何をやるべきか」を明確にして、目標に合ったスケジュールを立てましょう。

期間はあまり長期で設置せず、1年以内で計画することをおすすめします。

自己分析を行う

自己分析にはキャリアの棚卸しが効果的です。具体的には次のようなことを思い出してみましょう。

  • どのような業務を行ってきたか
  • どのようなスキルが身についたか
  • どれのような実績があるか

キャリアの棚卸しを行うことで、自分の強みや成果を可視化することが可能です。自己分析を行うと、これまで気付かなかった適性を発見することもあり、キャリアビジョンが描きやすくなります。

また、自分の強みがわかれば面接でアピールできるため、自己分析に結果をもとに志望動機に絡めて伝えることで説得力が増し、内定の確率も高くなるでしょう。

情報収集をしっかり行う

気になる求人や興味のある業界や企業など、企業情報を数多く見て情報収集することが重要です。とくに志望する会社や職種がなくても、求人を多く見れば気になる企業が見つかることがあります。調べかたのポイントは、企業の理念やサービス内容、事業規模、経営戦略、競合他社と比較したときの強みや弱みなどを見ることです。企業のホームページや求人情報を調べてまとめるとよいでしょう。

企業研究をしておかなければ志望動機に説得力がなく、面接官から深く質問された時に回答できないといったことにつながりかねません。また、入社後をイメージしやすくなり、ミスマッチの防止にもなるので情報収集はしっかり行いましょう。

優先順位をつける

転職で自分が最も大切にしたい条件に優先順位つけることがポイントです。

代表的なものとして以下のような条件が挙げられるでしょう。

  • 給与が高い
  • 休日が多い
  • 残業が少ない
  • 転勤がない

上記以外にも人によってそれぞれ要望がありますが、全部を実現するのは不可能です。そのため、自分が絶対に譲れない条件を絞って企業選びをすると見つけやすくなります。優先順位をつけるポイントはどこまでなら妥協できるかを明確にすることです。

たとえば「休日が多く残業も少ないほうがいい」場合、休日が多いという条件は絶対に外せないが残業は妥協できるのであれば休日が多いという条件だけに絞ると選択肢が増えます。条件は多いほど見つかりにくくなるため、多くても3つくらいにするのがおすすめです。

応募先を絞りすぎない

求人情報で気になった企業があれば、どんどんリストアップしましょう。できるだけ多くの応募候補を探しておくことが重要です。

採用までに面接が複数回あるなど時間がかかることも多く、場合によっては1カ月程度かかるケースも少なくありません。そのため、1社ずつではなく同時に複数社に応募するのがポイントです。

複数応募することで待ちの期間を少なくし、客観的に比較検討できるメリットがあります。ただし、多くの企業へ同時に応募してしまうと、1社あたりの対策時間が取れないことや面接が重なってしまうこともあるでしょう。

企業研究や面接対策などに充てられる時間を考えて、無理のないペースで複数の会社へ同時に応募するのがベストです。

転職エージェントを利用する

短期間で効率よく転職活動を終わらせるためには転職エージェントを積極的に利用することをおすすめします。専任の担当者への転職相談はもちろん、求人探しや応募から面接の日程調整など面倒なことをすべて無料でやってくれるので効率よく活動できます。

転職エージェントは応募する会社を熟知しているため、どのような人材を欲しがっているかなどの情報も知っています。そのため、応募先に応じた面接対策をしてもらえるのが大きなメリットです。1社ではなく複数に登録しておけば、より幅広い情報が得られるので3社くらいは登録しましょう。

 転職相談はこちら

転職活動は働きながらするべき?辞めてから始めるべき?

転職活動は現職を辞める前から始めるべきか、辞めてから始めるべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、働きながら転職活動を同時進行で進めるのがおすすめです。

働きながら転職活動するメリット

働きながら転職活動を行うメリットは、主に以下の通りです。

  • 収入が途切れない
  • 無職の期間が生まれない
  • 辞めずに働き続ける選択肢もある

働きながらであれば収入があるため気持ちに余裕ができ、じっくり活動できます。また、職歴に空白の期間ができない点もメリットです。企業によってはブランクが長いと採用されないケースもあります。

なかなか次の就職先が決まらないと、焦りから妥協して就職してしまうことも少なくありません。このようなミスマッチが生じることが少ないのも特徴です。場合によっては転職活動中に環境が変わって辞めずに済むケースもあるでしょう。

働きながら転職活動をするデメリット

働きながら転職活動を行うにあたってのデメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 体力的、精神的な負担がかかる
  • 時間的余裕が少ない
  • 内定をもらってもすぐに入社できない

最大のデメリットは時間があまり取れないことです。採用が決まっても面接や入社時期を交渉しなければならないことも多く、「即入社してほしい」という求人には応募できません。そうなると、選択肢が狭くなってしまう可能性もあります。

辞めてから転職活動をするメリット

退職してから転職活動を行う最大のメリットは、時間的余裕があることです。

主に、次のようなメリットがあります。

  • 転職活動に時間を多くかけられる
  • 面接の日程調整をしやすい
  • 転職先が決まったら即入社できる

時間的余裕があるため応募先の都合に合わせやすいのが特徴で、すぐに入社して欲しい企業にとっては有利となります。また、会社を退職することで心身ともにリフレッシュしてから転職活動を始められるのもメリットと言えるでしょう。

辞めてから転職活動をするデメリット

退職してからの転職活動には金銭的、精神的なデメリットがあるので慎重な判断が必要です。

もっともリスクの高いデメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 転職先が決まらないと無職の期間が長くなる
  • 不安や焦りから適当に就職してしまう可能性がある
  • 経済的な余裕がなくなることがある

もっともデメリットとなるのは、転職先が決まらないことの不安です。活動が長引くことでストレスを感じることや、経済的余裕がなくなり目先の収入を重視してしまう傾向があります。結果的にミスマッチとなりまた転職するという事態になりかねません。

転職活動で悩んだらシーカーズポートへ相談を!

転職活動にかかる期間の目安は活動準備に平均1週間、活動開始から応募までに平均3週間、応募から内定までに平均6週間程度が目安です。できるだけ長期化させないためには、紹介したコツをもとにスケジュールをしっかり組む必要があります。また、在職中に活動するか辞めてから活動するかはメリット・デメリットをしっかり踏まえた上で判断しましょう。

シーカーズポートでは転職に悩みを持っている人向けに無料相談を行っています。活動期間を短くするためのより詳しい情報や、IT・ゲーム業界に転職を考えている人に向けたアドバイスを受けられます。転職活動に悩んだらシーカーズポートへ相談しましょう。

転職相談はこちら

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います