転職マガジン

Webエンジニアが増えすぎと言われる理由は?活躍し続けられる人材の生き残り戦略

目次

「Webエンジニアが増えすぎと言われている理由は?」 

「Webエンジニアとして求められる人材になるために必要な能力は?」

上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

結論、Webエンジニアが増えすぎと言われる理由は、プログラミングスクールやDXの推進などさまざまな理由が挙げられます。また、Webエンジニアになるためには最新技術の習得やコミュニケーション能力など幅広い能力が必要不可欠です。

そこで本記事では、Webエンジニアが増えすぎと言われている理由を詳しく解説。Webエンジニアとして求められる人材になるために必要な能力を5つ紹介します。これからWebエンジニアへ転職を考えている人は、ぜひ最後までお読みください。

Webエンジニアが増えすぎと言われる3つの理由

Webエンジニアが増えすぎと言われる主な理由は、以下の3つです。

  • Webエンジニアを目指す人が増えているから
  • プログラミングスクールが増えたから
  • 企業によるテレワークやDXの推進で需要が高まっているから

Webエンジニアを目指す人が増えているから

Webエンジニアが増えすぎと言われる理由として、ワークライフバランスや給与、人の役に立つなどの理由から目指す人が増加しています。

株式会社学生就業支援センターの調査によると、IT業界を志望する学生は全体の3分の2にものぼると言います。

また、ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」を運営するpaiza株式会社の発表した「就職活動実態調査(25卒版)」のデータを見ると、志望する職種としてWebエンジニアを挙げている学生が約半数です。

※画像出典:paiza株式会社「就職活動実態調査(25卒版)」

このことからも、Webエンジニアを目指す人が増えていることがわかるでしょう。

プログラミングスクールが増えたから

プログラミングスクールが増えたことも、Webエンジニアが増えすぎと言われる理由のひとつです。

GMOメディア株式会社「コエテコ byGMO」の調査によると、転職を目的としたプログラミングスクールの需要が高まったことなどを背景に、2022年の社会人向け情報教育市場規模は103億円となっています。また、子ども向けプログラミング教育市場は199億円とさらに多いことから、社会全体でプログラミング教育への需要が高まっていることがわかります。

プログラミング教育市場がここまで広がりを見せているのであれば、プログラミングスクールの数もそれだけ増えていることでしょう。つまり、Webエンジニアを志す人、また実際に仕事に就いた人も増えているということです。

企業によるテレワークやDXの推進で需要が高まっているから

Webエンジニアが増えすぎと言われる最後の理由は、テレワークの導入やDXをしている企業が増えてWebエンジニアの需要が高まっているからです。

Webエンジニアは、テレワークの導入やデジタル化のためのシステム構築をするためには欠かせない存在です。そのため、テレワークの導入やDX推進が進むほど、Webエンジニアの需要は高まります。

Webエンジニアを求める声が増えたことも、「Webエンジニアは増えすぎている」という印象を生む要因のひとつになったと言えるでしょう。

Webエンジニアは増えすぎと言われているが将来性はある

「増えすぎ」と言われているWebエンジニアですが、今後も将来性は期待できます。

その理由は主に以下の2点です。

  • IT人材は不足していて今後も需要が高まる
  • スキルの高い人材は多くない

IT人材は不足していて今後も需要が高まる

先程も触れたように、Webエンジニアは今後も需要の高まりが予想されます。現在日本では、IT人材の不足が深刻化していて、将来的に見てもIT技術が発達することによって「今よりも人材が足りなくなる恐れがある」と言われています。

経済産業省の「IT 人材需給に関する調査」によると、2030年では79万人のIT人材が不足すると発表されました。

つまり、Webエンジニアが増えることは大きな問題ではなく、むしろ将来性が高いため目指すべき職業のひとつと言えるでしょう。

関連記事:「IT 人材不足」

スキルの高い人材は多くない

Webエンジニアは増えすぎと言われているものの、人によってスキルのレベルはピンキリです。

プログラミングスクールを卒業したてのWebエンジニアと、キャリアを積んできたベテランのWebエンジニアでは、その差は歴然でしょう。とはいえIT業界は変化が激しいので、基本スキルが備わっているからと慢心していては、すぐに新しい技術に取り残されてしまいます。

そのため、日々勉強を続け、スキルを常にアップデートできている人材は実際のところ少ないでしょう。

Webエンジニアとして活躍し続けるために必要なスキル

Webエンジニアとして活躍し続けるために必要なスキルは、主に以下の5つです。

  • AIやブロックチェーンなどの最新技術
  • マネジメント能力
  • 高い専門性
  • コミュニケーション能力
  • 忍耐力

Webエンジニアとして活躍したい人は、ぜひ参考にしてください。

AIやブロックチェーンなどの最新技術

Webエンジニアとして市場価値の高い人材になるには、AIやブロックチェーンといった最新技術を学ぶことが欠かせません。AIやブロックチェーンはまだ世の中に出てきて間もないため、学んでいる人が少ないため、差別化の要素のひとつになるからです。

また、IT業界へ本格的な導入が決まった際に最新技術について学習していなければ、仕事が依頼されなくなるリスクもあります。したがって、Webエンジニアで市場価値の高い人材になりたければ、常に最新技術をインプットし続けることが必要不可欠と言えるでしょう。

マネジメント能力

マネジメント能力もWebエンジニアとして働くうえで、身につけていると重宝されるスキルです。Webエンジニアはチームで携わる案件もあるため、チームを束ねられるリーダー的存在が必要になります。

人間関係の構築やスケジュール管理などのマネジメント能力が高ければ、新規案件でプロジェクトチームを組むとなった場合に、真っ先にリーダー候補として名前が挙がるかもしれません。

Webエンジニアとして市場価値の高い人材になるには、マネジメント能力は必要な能力です。

高い専門性

Webエンジニアとして市場価値の高い人間になるには、専門性を高めることが求められます。

たとえば、既存のシステムに生成系AIのシステムを搭載するとなった場合、生成系AIの知識を持つ人がアサインされます。実際に業務に携わることになってから学ぶのではなく、常日頃から携わる分野についての深い知識を身につけるべく勉強していれば、いざというときに声がかかりやすいです。

「増えすぎ」と言われるWebエンジニアの中でも人材価値に優位性を出すために、専門知識のアップデートは欠かさないようにしましょう。

コミュニケーション能力

Webエンジニアには、コミュニケーション能力も欠かせません。エンジニアの仕事はチームで行うことが多いからです。また、指示を出す立場でも、相手が理解しやすい説明ができることは大前提です。

チームメンバーやクライアントと上手く意思疎通が図れないと、スケジュールや納品物に対する認識に相違があるなど、トラブルを招きかねません。

円滑に業務を進めるためにも、コミュニケーション能力は必要です。

忍耐力

Webエンジニアには、忍耐力も求められます。エンジニアの仕事は、エラーが起きて作業が止まってしまうことも多く、いつでもスムーズに問題解決できるケースばかりではありません。

そのため、エラーが発生しても常に諦めないで解決する方法を模索する忍耐力が必要です。

Webエンジニアへ転職する際に注意するポイント

Webエンジニアへ転職する際に注意するポイントは、以下の3つです。

  • 最低限のスキルは身につけておく
  • 自分の目指している仕事内容かを確認する
  • スキルが身につく企業を選ぶ

Webエンジニアに転職することを考えている人は、ぜひチェックしてください。

最低限のスキルは身につけておく

Webエンジニアに転職する際に気を付けるべきポイントとして、業務に必要な最低限のスキルを身につけておくことが挙げられます。

未経験者でも受け入れる企業は存在しますが、新卒ではなく転職者にイチからすべての業務を教えることは、人手不足に悩む企業が多い中で現実的ではないでしょう。

そのため、経験者が他の応募者の中にいた場合、未経験者が採用される確率は下がります。もしWebエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通って基礎を学ぶなど、実際にプログラミングに触れてから転職活動を行うのが賢明といえます。

自分の目指している仕事内容かを確認する

Webエンジニアに転職する際には、自分の希望する仕事内容と相違ないか、事前に確認しておくことも重要です。

Webエンジニアと一言で言っても仕事内容は幅広く、システム開発から保守などさまざまな業務があります。いざ入社してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、前もって仕事内容を確認しておくべきです。

たとえば職場見学をさせてもらう、実際に働いている現場の人と会話させてもらうなど、求人情報だけではわからない点を確認するようにしましょう。

スキルが身につく企業を選ぶ

Webエンジニアに転職する際に気を付けるべき最後のポイントとして、スキルが身につく企業を選ぶことが挙げられます。

たとえばIT業界では、自社独自のシステムを採用している会社が存在し、他の企業では汎用性がなく役に立たないケースも珍しくありません。

将来的にも役立つスキルを身につけられる仕事内容かどうか、事前調査は必要です。

Webエンジニアへの転職を検討しているならシーカーズポートへ相談を

本記事では、Webエンジニアが「増えすぎ」と言われている理由を紹介しました。理由としては、Webエンジニアの需要の高まりとともに、志望する人が増えていることが挙げられます。とはいえ、IT業界は人材不足が深刻化しており、Webエンジニアの将来性はこれからも期待できます。

Webエンジニアへの転職を希望している人には、シーカーズポートがおすすめです。シーカーズポートは、IT・ゲーム業界に特化した転職サービスを展開しています。専門のキャリアアドバイザーが一人ひとりに合った求人を提案してくれます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

無料の転職相談はこちらから!

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います