転職マガジン

転職タイミングのおすすめはいつ?転職活動を始める時期や応募前にやること

目次

「転職しやすいタイミングっていつ?」

「有利に転職を進めたい」

このようなお悩みをお持ちの方もいるでしょう。

転職を成功させるには、タイミングが重要です。本記事では転職におすすめの時期や、年代別のポイントについて解説します。

本記事を読めば自分にとってベストな転職のタイミングがわかるため、現職よりも条件の良い企業へ就職できるでしょう。

転職を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

転職タイミングのおすすめはいつ?転職しやすい時期とは

転職におすすめのタイミングは、大きく分けて以下の3つです。

  • 求人の増える時期:1月~3月、7月〜9月
  • 採用されやすい時期:4月~5月、12月
  • ボーナスの支給後:4月~6月、10月〜12月

それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説しますので、ご自身の状況にあわせて最適なタイミングを見つけてください。

求人の増える時期:1月~3月、7月〜9月

企業は4月入社と10月入社のタイミングに間に合うように、求人を出す傾向にあります。株式会社マイナビの「転職動向調査 2023年版(2022年実績)」によると、募集から入社までの期間の平均は約3ヶ月です。

したがって1月~3月、7月〜9月は求人が増加しやすく、転職におすすめのタイミングといえます。求人数も豊富なので、他の時期よりも条件にあった内容が見つかる可能性が高いです。

一方ライバルも多くなるため、未経験の業界や職種への転職は難しい可能性があります。1月~3月、7月〜9月に転職を成功させるためには、きちんとした対策が求められます。

採用されやすい時期:4月~5月、12月

4月~5月、12月はライバルが少ない傾向にあるため、採用されやすい時期です。一般的に年度始めと年末は業務が忙しく、転職活動をする余裕がない人が多いからです。

また企業側も人事の業務負担を考慮し、年度始めと年末は求人数を減らす傾向にあります。

企業も求職者も活動が活発ではない時期に出ている求人は、緊急度の高いポジションが多く、適正よりもタイミングで採用されるケースが多いでしょう。そのため少しレベルが高い求人でも、挑戦しやすいといえます。

ただし通常よりも求人数が少ないため、選択肢が少なかったり希望の条件がなかったりする点がデメリットです。

ボーナスの支給後:4月~6月、10月〜12月

ボーナス支給のタイミングは会社によって異なりますが、年2回の場合は以下のタイミングが一般的です。

  • 夏季:6月〜7月
  • 冬季:12月

したがって現職でボーナスをもらってから転職活動をするなら、4月~6月、10月〜12月が最適といえます。

ボーナス支給後に転職するメリットは、現職での成果を対価としてもらえる点です。ただし、ボーナス支給後すぐに退職すると「もらい逃げ」のようなイメージが付き、同僚などに悪印象を与える可能性があります。

ボーナス支給後に転職する場合は、1週間〜2週間以上経ってから退職する旨を伝え、引き継ぎなどもきちんと行うのが大切です。

転職活動はいつから始めるのがベスト?

転職活動は、入社希望時期の3ヶ月前から始めるとよいでしょう。先述したように、募集から入社までの期間の平均は約3ヶ月です。

例えば4月に入社したいのであれば、12月〜1月にはスタートしておくと、余裕を持った転職活動ができます。

転職活動は在職中でも退職後でも可能ですが、それぞれメリットとデメリットがあるため、次で解説します。

在職中に転職活動する場合

在職中に転職活動を行うメリットは、以下のとおりです。

  • 収入が途切れずに済む
  • 間を空けずに次の仕事に就ける
  • 税金や保険関係の手続きがスムーズにいく

収入が途切れないので、精神的に余裕を持って進められます。万が一うまく行かなかった場合は現職に残れるため、選択肢が豊富な点もメリットです。

一方でデメリットも存在します。

  • 説明会や面接の日程調整がしにくい
  • 転職活動に割ける時間が少ない

仕事をしながらの転職活動は、どうしても時間に制限があります。日程によっては有給などを使用する必要があるため、計画的に行うのがポイントです。

退職後に転職活動する場合

退職後に転職活動を行うメリットは、以下のとおりです。

  • 時間に余裕があるため企業・自己分析がしやすい
  • 説明会や面接の予定が立てやすい

仕事に割いていた時間を転職活動に充てられるため、密度の濃い進め方ができます。

一方デメリットは、以下のとおりです。

  • 転職先が決まるまで収入がない
  • 経済的に苦しく精神的に不安になりやすい
  • 仕事の感覚や生活リズムが狂いやすい

転職先が決まるまでは無職のため、収入がありません。転職期間が長引くと経済的に苦しくなり、精神的に不安定になる可能性があります。

退職後に転職活動を行う場合は、最低でも3ヶ月分の生活費を用意しておくと安心です。

転職を考えるきっかけで多いのは?

転職を考えるきっかけは、年代によって異なります。今回は以下の年代ごとに転職を考えるきっかけを解説します。

  • 20代
  • 30代
  • 40代・50代

ぜひ参考にしてみてください。

出典:株式会社リクルート|「就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022」第1弾

新卒・第二新卒(20代):職場環境に不満を感じたタイミング

20代は新卒・第二新卒が該当します。主な退職理由は、仕事内容や人間関係への不満です。

厚生労働省のデータによると、新卒3年以内に転職する人の割合は約30%です。入社したものの「思っていた仕事内容と違う」「上司や同僚との仲が悪い」などの理由が挙げられます。

またユニークキャリアの調査によると、20代で退職した人の7割は転職先に満足しています。人間関係のストレスから開放されたことに加えて、給与が上がった人も多いです。

職場環境や人間環境に不満がある場合は、思い切って転職するのも一つの選択肢といえます。

参考:厚生労働省|新規大卒就職者の離職状況(平成30年3月卒業者)

参考:ユニークキャリア|【独自調査】4人に1人が新卒3年以内に転職!7割以上が転職に満足していることが判明

30代:労働条件に不満を感じたタイミング

30代の退職理由は、賃金や勤務地など労働条件への不満が多いです。「仕事内容や成果に見合った賃金が払われない」「家族がいるのに急に地方への転勤を言い渡された」などの不満がある場合に、転職を考えることが多いようです。

ただし30代での転職は即戦力が求められるため、スキルや経験がある人のほうが有利に進められます。

また30代後半は、マネジメント能力や管理能力なども求められる傾向にあります。転職を成功させるためには、企業の求めるスキルが身についているかどうか自己分析することが重要です。

40代・50代:将来に不安を感じたタイミング

40代・50代は、将来に不安を感じたタイミングで転職を検討する傾向にあります。特に50代は、定年も視野に入れている方も多いでしょう。

しかし40代・50代は、高い専門性やマネージャーなどの管理職の募集が増えるため、求人数自体は少ない可能性があります。したがって転職を成功させるには、高いスキルや専門性が欠かせません。

転職先へ応募する前にやっておいた方がいいこと

転職先へ応募する前に準備しておいたほうがよいことは、以下の3つです。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 自身の市場価値を知る
  • 昇進や昇格のタイミングと重ならないか確認する

志望企業への転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

転職したい理由を明確にする

転職したい理由を明確にすることで、志望動機に説得力が増します。転職したい理由を明確にするためには、自己分析が重要です。

「なぜ転職したいのか」「転職先で何をしたいのか」などを分析し、条件や希望に合った企業を中心に応募しましょう。

たとえば「転職して年収を上げたい」のであれば、今よりも年収が高い企業を受ければよいとわかります。

時間は有限なので、理由を明確にしたほうが短期間で自分に合った転職先が見つかります。

自身の市場価値を知る

市場価値とは、自分にどれだけの価値があるのかを判断する基準です。市場価値は、以下の4種類を総合的に判断して診断します。

  • スキル
  • 経験
  • 実績
  • 専門性

転職活動を始める前に自分の市場価値を知っておくことで、合否の可能性がある程度わかります。合格率が高い企業を優先的に受けたり、年収の目安になったりする点がメリットです。

自分の市場価値を知る方法として、年収診断があります。シーカーズポートならたったの2分で年収診断が受けられるため、ぜひご活用ください。

>>年収診断

昇進や昇格のタイミングと重ならないか確認する

昇進や昇格のタイミングを控えている場合は、すぐに転職するのは控えたほうが無難です。昇進や昇格によって、業務内容や部下の指導などが増える可能性があるため、急に辞めてしまうと迷惑がかかるからです。

また昇進や昇給はスキルや実績のアピールになるため、転職活動において有利になる可能性があります。

昇進・昇給が近いタイミングで転職を考えている方は、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

転職時期に悩んだら専門家へ相談しよう!

転職を成功させるためには、タイミングが重要です。本記事で解説した転職しやすい時期や自分の状況に合わせて、適切なタイミングを選択しましょう。

転職時期に悩んだら、ぜひプロであるシーカーズポートにご相談ください。シーカーズポートは、IT・ゲームに特化した転職サービスです。

求職者の面談と企業への交渉は同一のキャリアアドバイザーが行うため、よりあなたに合った転職時期や企業を案内いたします。転職を検討している方は、お気軽に無料相談をお申し込みください。

>> 転職相談

転職タイミングに関するよくある質問

転職しない方がいい時期はある?

一般的に転職しないほうがいい時期は、以下のとおりです。

  • 繁忙期
  • 入社直後
  • 結婚・出産前後

転職は労働者の権利ですが、繁忙期など職場に迷惑をかけるタイミングは避けましょう。また、時期によっては転職することで収入が下がるなどリスクが生まれる可能性があります。

詳しくは以下の記事をお読みください。

関連記事:「転職するリスクとは?転職しない方がいいケースや決断するためのポイントを解説

転職はどのタイミングで会社に言う?

一般的には、退職日の1ヶ月〜3ヶ月前に報告するのが無難です。ただし企業によって異なるため、就業規則を確認してください。

関連記事 CONNECTION

あなたの転職に
とことん寄り添います